2chで語り継がれる怖い話。「3人目の大人」

keiteen
小学校の授業で何気なしに、生徒が家族をテーマに書いた絵に描かれる「3人めの大人」。それはだれなのか誰にも分からない

語り継がれる怖い話 「3人めの大人」

626 三人目の大人   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/07/10(木) 20:33:33 ID:lK8rj6z40

小学校2年生の教室で、図工の時間に『あなたの家族を描いてね』という課題が出た。

みんなお喋りをしながら色鉛筆で画用紙いっぱいに絵を描いた。

原っぱにお父さんとお母さんと女の子がニコニコ笑いながら並んでいる絵。

スベリ台のようなものに乗って遊んでいる子ども二人を、お父さんとお母さんが見ている絵。

お父さんとお母さんだけではなく、おじいちゃんおばあちゃんも一緒に並んでいる絵。

飼っている猫や犬も一緒に描いている子が多かった。

その年代の子どもはペットも家族の一員という認識が強いのだろう。

授業が終わり、描きあがった作品をひとつひとつ見ていた先生は、ふと、ある子が描いた絵に首を傾げた。

それはクラスでも大人しい、目立たない男の子が描いたもので、見た目には何色もの色鉛筆をふんだんに使い、賑やかで楽しい絵になっている。

けれどそこには奇妙な違和感があった。

画用紙には家族がテーブルらしきものを囲んで座っている絵が描かれている。

食事どきの団欒の風景だろうか。

みんなこちらがわを向いているのだが、その構成がどこかおかしい。

左からお父さんらしい眼鏡を掛けた大人と、お母さんらしいパーマ頭の大人、そして男の子が一人。

さらに右端にはもう一人の大人がいる。

みんな笑っていて、口の中は赤い色で豪快に塗られているのに、右端の大人だけは口を閉じたまま、無表情で座っている。

目は糸のように細い。

大人だということは身体の大きさで分かる。

クラスの子どもたちはみんな、子どもである自分と大人をはっきり大きさで区別している。

その右端の無表情の大人は、年齢はよくわからないが、皺を表す線がまったくないので少なくとも老人ではないようだった。

三人の大人と一人の子ども。

……

それはどこか人を不安な気持ちにさせる絵だった。

先生はその男の子の家族構成を思い出す。

団地のアパートの一室に住んでいる一家で、お父さんとお母さんとその一人息子の三人家族だったはず。

ではこの三人目の大人はいったい誰なのだろう。

最近親戚でも遊びに来ていたのだろうか?

そう思って、先生はこびり付くような気持ちの悪さを振り払う。

気を取り直して次の絵をめくる。

けれど、頭の片隅ではその三人目の大人がどうして笑っている家族の中で一人だけ無表情に描かれているのだろうと、考えずにはいられなかった。

――2週間が過ぎた。

その日は参観日で、教室の後ろにズラリと並ぶ着飾った大人たちに子どもたちは気もそぞろ。

いつもは張り切って悪さをする子もその時ばかりはカチンコチンに緊張して大人しくなってしまっている。

先生は授業の終わりに、「このあいだの図工の時間にみんな家族の絵を描いたよね」と言った。

きゃあ、という子どもたちの歓声。

そして先生は授業参観をしている父兄たちの後ろを手で示し、「後ろの壁に貼っているのがその絵です」と言った。

父兄たちは一斉に振り返り、我が子の作品を見ようと絵の下に貼られた名前を頼りに探し始める。

そしてお母さんたちは「いやぁ」と口々に言って、大げさな身振りで恥ずかしがる。

お父さんたちは静かに苦笑をする。

子どもたちはてんでに騒ぎ始めて大はしゃぎ。

そんな光景を微笑ましく眺めていた先生は、父兄たちに話しかけようと教壇を降りて歩き始める。

その瞬間、つんざくような悲鳴が上った。

悲鳴は教室中に響き渡り、大人も子どもも息を呑んで動きを止める。

その声の主は、壁の隅の絵を見ていたパーマ頭の女性だった。

先生が駆け寄ると、その女性は目を剥き指を鉤のように折り曲げて口元にあてたまま叫び続けている。

その視線の先には、絵の中でテーブルの端に座る三人目の大人の無表情な顔があった。

・・

・・・

・・・・

・・・・・

「という怪談があってな」
と師匠は言った。

大学に入ったばかりの春のことだった。

彼は大学のサークルの先輩だったが、サークル活動とはまったく無関係に重度のオカルトマニアで、僕はその後ろをヨチヨチとついていく弟子というか子どものような存在だった。

「ここはどこですか」

一応聞いてみたが、答えは薄々わかっていた。

僕たちは人気のない団地の、打ち捨てられて廃墟同然になっているアパートの一室に忍び込んでいた。

僕たちがしゃがみ込む畳には土足の跡や、空き缶、何かが焦げた跡などがある。

少なくとも人が住まなくなって5年以上は経っている様子だった。

師匠は言う。

「その三人目の大人を描いた子どもが、家族と住んでいた部屋だ」

実話なんですか。

そう聞くと、頷きながら「もともと巷の怪談として広まってるわけじゃなくて、個人的なツテで収集した話だ」と言って、部屋を照らしていた懐中電灯を消した。

深夜の1時過ぎ。辺りは暗闇に覆われる。

どうして明かりを消すんだろうと思いながら、じわじわとした恐怖心が鎌首をもたげてくる。
「怪談の意味はわかったよな」
と師匠らしき声が暗がりから聞こえる。

なんとなく、わかる。

母親が最後に悲鳴を上げるのは、その三人目の大人が、本来そこに描かれていてはおかしい人物だったからだ。

まったく心当たりのない人物ではない。

そうならば「誰かしら」と首を捻るくらいで、そこまで過剰な反応は起こさないだろう。

知っているのに、そこにいてはいけない人物。

それも死んでいなくなった家族などであれば、それを絵の中に描いた男の子の感性に涙ぐみこそすれ、恐怖のあまり悲鳴を上げたりはしないだろう。

知ってはいるが、家族であったこともなく、しかもテーブルを囲んでいてはいけない人物。

暗い部屋に微かな月の光が滲むように射し込み、柱や壁や目の前に座っているはずの師匠の輪郭をおぼろげに映し出している。

かつてテーブルが置かれていたであろう6畳の居間に僕は身を硬くして座っている。

闇の中に、青白い無表情の顔が浮かび上がりそうな気がして、どうしようもない寒気に襲われる。

師匠が、張り詰めた空気を震わせるように囁く。

「実は、気づいていないかも知れないが、この話を聞いた人間にもある影響が自然と及ぼされる」

ふーっ、という息を吐き出す音。

僕も息を吸って、吐く。

「話を聞いただけなのに、おまえは何故かもうその顔を想像している」

心臓が脈打ち、耳を塞ぎたくなる衝動に駆られる。

「大人と、聞いただけなのに、何故かおまえはその顔を、女ではなく、口を閉じた無表情の男の顔として想像してしまっている」

僕は耳を塞いだ。

そして目を瞑る。

頭が勝手に、虚空に浮かぶ顔を想像している。

どこからともなく声が聞こえてくる。

それがここにいてはいけない三人目の顔だよ ・・・

https://matome.naver.jp/odai/2142716825268330001
2015年03月26日