アツイ!ダイヤのA名言・格言集「青道高校編」Part1

RH74

沢村栄純

エースになるためにここに来てるんだ!
その気持ちだけは誰にも負けるつもりねっースから!!

みんなが休んでる時にやらなきゃ・・・
いつまでたっても一軍には行けねーっスから・・・

認めさせるんじゃない
チームメイトに認められてこそエースなんだ・・・

いいのかよ春っち・・・
そんな簡単に魂(こだわり)捨てても

何を迷ってんだよ!
このまま終わってもいいのか!?
こんなチャンス次いつくるのか分かんねぇんだぞ!!
自分の力すべて出し切ったって胸張って言えんのかよ!!

仲間が点を取ろうとって言ってくれたんだ・・・
ぜってー帰る!!

そうだ・・・これは勝負・・・
勝つか負けるかの真剣勝負
生き残るには相手を倒すしかない
負けちゃ駄目だ
・・・絶対・・・気持ちで負けちゃ駄目だ

先頭打者への四球(フォアボール)は最悪
甘いボールも最悪
弱気になるのが一番最悪

監督(ボス)も覚悟決めておいてくださいね
甲子園まであと2勝っスよ!
優勝したチーム置いて辞めるなんて許さないっスからね!
俺達ずっとそういうつもりで戦ってますから

それはこれまで自分が歩んできた道
そして望む限りどこまでも
果てしなく続くーーーこれからの道

正直・・・甲子園がどうゆう所か分からないけど・・・これだけは言える・・・
この安心感この頼もしさこのチームは無敵・・・
どこのチームと戦っても負ける気がしねぇーー

エースには俺がなる!
エースの中のエース!!
キングオブエースに!!

御幸一也

要求したボールが要求以上のボールで返ってくる・・・
捕手としてこれ以上ない喜びだなーーー

グラウンドの中じゃ選手は対等なんだ・・・
学年なんて関係ないっスよ!

投手をマウンドで輝かせるためなら何だってするぜ
どんな嘘でもどんな嫌われることでもな

俺達は今試合してんだぜ
先輩達が本気で戦ってくれてんだぜ?
選手の俺達がプレーで応えなくてどーする

俺達は誰かに言われて野球をやってんじゃない
自分達で選んでやってんだからな

一年だろーがチビだろーが俺は自分の力でこのポジションを手に入れたんだ
野手とのセットプレーに投手のリード グラウンドでの監督的役割
こんなおもしれぇ場所・・・他の誰かに譲ってたまるかよ!!

勝つことにはとことん貪欲でありたいと思います

打たれることを恐れるなよ・・・
このピッチングに必要なのは勇気
・・・バックを信じる勇気

今チームは勝ち上がるたびに成長してます
一戦必勝 負けることなんか考えて戦ってるやつは一人もいませんよ

降谷暁

もう・・・誰にもマウンドを譲らない

全力で投げることしかできないですから・・・
チームに貢献できるならいくらでも投げますよ

このまま・・・先輩達の夏を終わらせてたまるか・・・
最後まで投げ抜くんだ

悔しいね・・・
力を出し切れずマウンドを降ろされることがこんなに悔しいとは思わなかった・・・

いくらでも投げますよ
行けと言われて行くのがエースですから・・・

どうすれば点を取られずにすみますか・・・御幸センパイ

チームが・・・このマウンドが力をくれる
・・・一人じゃない

小湊春市

代打オレ!

俺が絶対ホームまで返す!
二人で1点取ろう!

バッテリー二人で作り上げたこのチャンス・・・
期待に応えなきゃ男じゃないよね!

やっぱ兄貴はすごい・・・
引退してもなお壁として僕の前に立ちはだかってくれてる

小さい頃から・・・いつも追いかけてきた・・・
自分にとってのヒーローは・・・いつも近くにいたんだ・・・
その姿に憧れて・・・少しでも近づきたくて・・・
ただ・・・この人に認められたくて・・・

丹波さんに代わっての代打・・・この打席は重い・・・
けどこの場面で自分を送り出してくれたんだ・・・
絶対期待に応えたい

兄弟二人で甲子園に行く最初で最後のチャンス・・・
俺は絶対に甲子園に行きたい

東条秀明

諦めてねぇよ!
試合も投手も!!

金丸信二

俺達一年の代表でもあるんだからな

片岡鉄心

目標こそがその日その日に命を与える!!
高い志を持って日々の鍛錬を怠るな!!

化ける奴は一瞬で化ける!!

敵は己の中にあり!!
本来の力を出し切ることが勝利への近道と知れ

人が一人で努力し成長するには限界があります
互いに意識し 競い合い 高め合うことができるライバルの存在
そういう仲間がいるからこそがんばれる
もっともっと成長してくれる
それこそ我々の想像など軽く超えてくれる程の

ラッキーな勝ち方でも・・・泥臭い勝利でも何でもいい・・・
俺はアイツらを甲子園に連れていってやりたい

難しく考えるな自分達にできることをちゃんとやればいい!!

これまでの2年間・・・お前らは本当によくがんばった
熾烈なレギュラー争いに厳しい練習・・・辛く悔しい想いなどいくらでもしたことだろう
だがお前らは決してくじけず最後までこの俺についてきてくれた・・・
これからもずっと・・・俺の誇りであってくれ

その一球に その一歩に そしてその一振りに
お前達のすべてが映る 迷いは要らん!!
自分たちの野球を信じろ!!

https://matome.naver.jp/odai/2142712345933806701
2016年06月20日