リズム芸人は一発屋か?8.6秒バズーカーの今後!

777かんちん
大人気リズム芸人の動向が気になる!

8.6秒バズーカー(はちてんろくびょうバズーカー、はってんろくびょうバズーカー)は、日本のお笑いコンビ。吉本興業大阪本社(大阪吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。略して「ハチロク」とも言われる。

wikipedia

ラッスン・ゴレライが大ヒット!

リズムのキレが良い!リズム芸人の面目躍如!

正に時代の寵児!上手い事、時代の波に乗れた!
とくに若者に人気!分りやすさと乗りの良さ!
これらが、受けた要因ではないだろうか?
真似できる要素も人気に一役買っている。
8.6秒バズーカー、ネーミングも常識外れだが
あえて、リズムを感じるネーミングにしたのではないか?
ラッスン・ゴレライで1ページを刻んだ!
これからの動向が楽しみだ!

だが、大御所から苦言が出ている!

ビートたけしさん
8日放送のTBS系バラエティー番組『北野演芸館』では、ネタを見た“支配人”のビートたけしが「バカ大学の文化祭」と一刀両断。コンビが「ラッスンゴレライ~」と歌い始めたのも束の間、わずか30秒で幕を下ろし、ネタを強制終了させた。
終始、不機嫌だったらしい。
松本人志
別におもろくはない」と辛口コメント。続けて「これは曲ですよ。みんなやりたがる、手拍子したくなる。『ダメよ~ダメダメ』も一つの曲です」と持論を展開。“ラララライ体操”でブレークした藤崎マーケットを引き合いに出し「藤崎マーケットを最初に見たとき『大丈夫か』と思った。あれ(リズムネタ)がひとり歩きして、あれが落ち着いた後、今はネタおもろいですよ」と述べた。

曲が面白いんであって、ネタが面白い訳ではない?

わかるなあ、そうなんだよ 曲なんだよ!
曲のパターンが受けているのであり、ネタの内容が受けてる訳ではない!
ラッスン・ゴレライ抜きでネタやったら、おそらく受けないと思われる。
その辺を批判しているんだと思う。

リズム芸人は一発屋が多いのも事実!

藤崎マーケット
ラララライ体操で人気!
その後、テレビからは消えた!
レギュラー
あるある探検隊で人気!
テレビから消えた!
テツ&トモ
なんでだろう?でブレイク!
テレビで見る事は少ない!
オリエンタルラジオ
武勇伝でブレイク!
一時期、消えたが最近、複活!

リズム芸人は飽きられやすいかも?

リズム芸人はネタの内容より、乗りの良さで客を持っていく。
多少ネタは陳腐、貧粗でもいいのだ!乗りが良ければ!
時代に合ったリズムで客を酔わせているのだ。
意味不明な歌詞、語呂合わせな歌詞を軽快なリズム、曲で聴かせる
JPOPの歌手に通じる物がある!
が、時代はめぐる、諸行無常!
とたんに時代遅れになり、飽きられる。
飽きられたら、また違う物を作らなければならない。
リズム芸人の場合、それは過酷な事!
二番煎じと取られる可能性が高い!
ラッスン・ゴレライ以上のリズムネタをやれって、無理でしょ?
歌手、アーティストじゃないんだから、あくまでも芸人だし
だから、芸人の基本に立かえり話術を磨く、など
本来の芸人のスキルを高める事が大事だと思う。
藤崎マーケットの2人は漫才で頭角を表しつつあります。
8.6秒バズーカの今後の動向に注目したいと思う。

https://matome.naver.jp/odai/2142691295353030801
2015年03月21日