Nikon D7200 すべての鼓動を、美しく。

echiyama
D7000シリーズの最近機種が登場!D7000シリーズとは、D7100との違いは?D7200を徹底解剖
Nikon D7200
さらなる高みを目指す、表現者へ。
ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラD7200。

製品特徴

約6コマ/秒で止まらずに100コマまで撮り続ける余裕のバッファー容量
D7200 – 製品特長 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング

先代のD7100はバッファの少なさから、7コマ/秒のjpg連写が10枚で息切れをしてしまっていたようです。

さらなる高画質を実現する高速画像処理エンジンEXPEED 4
D7200 – 製品特長 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング

EXPEED 4によるオートホワイトバランスの精度向上や画づくりのさらなる改良により、一段と抜けのよい発色を実現。空の青をより忠実に再現し、人物の肌もより健康的に描写します。

Nikonのカメラは人肌が黄色く映ると、よく言われてきましたが、EXPEED4の採用により、発色が向上したようです。

EXPEED 比較画像
右が、EXPEED3
左が、EXPEED4

常用感度ISO 100~25600。感度全域で高画質を実現
D7200 – 製品特長 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング

常用での最高感度はD7100より2段高いISO 25600にまで向上。高感度でも鮮鋭感を残しつつ効果的にノイズを低減。

あくまでも保険的なISO25600ですが、縮小してWebで使うような用途であればノイズの目立たない画像が得られると思います。

EXPEED4感度別比較
同じEXPEED4を搭載したD5500での感度比較

光の少ないシーンに対応。飛躍的に向上した51点AFシステム
D7200 – 製品特長 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング

中央1点は-3EV環境下でもAFが可能。51点すべてのフォーカスポイントがf/5.6に対応するだけでなく、中央の1点はf/8に対応。

中央が-3EV対応ということで、暗い場所でも正確なAFが可能となります。

中央(赤):-3EV対応のフォーカスポイント
中央以外(青):-2EV対応のフォーカスポイント
中央15点(緑枠):クロスタイプセンサー

高画質な写真を即座にシェア。内蔵Wi-Fi®機能(NFC対応)
D7200 – 製品特長 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング

D7000シリーズとして初めてWiFiを内蔵。撮影写真をスマホに取り込んだり、ワイアレスでスマホから遠隔操作をしたりが可能になります。

専用アプリで遠隔操作

D7200はどんな人に向いているの?

D7000シリーズは、NikonのAPS-Cシリーズの中では最上位機種です。

ハードウェアでは、2ダイヤル、肩液晶、ボディ内蔵AFモーター、Ai連動レバー、2スロットSD、ペンタプリズム、1/8000秒メカニカルシャッター

機能では、AF微調整、ISO低速限界設定、14bit RAW、FP発光、その他

などがあるのが下位機種との差です。
いわゆるハイアマチュアと呼ばれる人達に向いた機種といえます。

D7100との違いは?

はじめに、ほぼ同一の点を挙げます。

大きさ・重さ・素材・画素数・AF測距点・シャッタースピード・液晶モニタ・ファインダー

などなど、ハードウェア的な部分は同一仕様といえます。

違い1 画像処理エンジンがEXPEED4に

D7100のEXPEED3より一世代新しくなりました。
高感度耐性、ホワイトバランス、発色が改善されています。特に人肌の再現性が向上しています。

違い2 AF性能が向上

D7100にはフラグシップ機であるD3譲りのアドバンストマルチCAM 3500DXという高性能なAFモジュールが採用されていましたが、D7200はそれを改良したアドバンストマルチCAM 3500IIを搭載。

中央1点では-3EVという暗い環境下でもAFが可能となりました。

違い3 連続撮影コマ数が向上

D7100では、14bit RAWでの連続撮影コマ数が6に対し、D7200では18コマとバッファが3倍になりました。
強力なAF性能との組み合わせで、一瞬のシャッターチャンスを逃しません。

違い4 ISO感度が向上

D7100のISO100~6400に対して、D7200ではISO100~25600と、2段分高感度が上昇しています。
常用として耐えられる画質かどうかは別として、暗所での保険ができたと思えば、心強いです。

違い5 新しいピクチャーコントロールを採用

D810から採用されている、「明瞭度」を含む、新しいピクチャーコントロールとなりました。
絵作りの表現の幅が広がっています。

違い6 Wi-Fi機能を搭載

Wi-Fiを使用して、画像の転送やスマホでのリモート操作が可能になりました。
バリアングル液晶が無くても、スマホでライブビュー画面を確認して細かな操作が可能になります。

どんな写真が撮れるの?

各種レビュー記事

メディアリンク

https://matome.naver.jp/odai/2142657437445339101
2015年04月13日