すいかのめいさんち~♪ 名産品まとめ (非食料品)

ventusnebura
名産品から名産地の逆引きです。購入予定のもの・贈り物などで、こだわりたい時に利用できるかも。うんちく・雑学としても知っとくと役に立つはず。※画像はイメージです。

ストッキング

青森県むつ市(あおもりけんむつし)

タオル

愛媛県今治市(えひめけんいまばりし)

今治市(いまばりし)は、愛媛県北東部に位置する市。造船とタオルの生産、焼き鳥などで知られる。
【中略】
日本一のタオルの生産地であり国内の生産量の5割を占めている
今治市 – Wikipedia

2015/3/12

手袋

香川県東かがわ市(かがわけんひがしかがわし)

主要産業は手袋工業であり、国内生産シェアは90%ときわめて高くなっている。市内には手袋主要メーカーの本社が集中し、特に旧白鳥町に多い。しかし、30年程前から日本よりも労働費の安価な中国や東南アジアに生産拠点を移す企業が相次ぎ、かつてのほどの賑わいは見せていない。近年では、高度な技術が必要な、高級志向の製品の製造や、障害者用車いすなど、手袋以外の分野を開拓しようとする手袋企業も現れている。
東かがわ市 – Wikipedia

2015/3/11

学生服

岡山県(おかやまけん)

倉敷市では児島地区にジーンズや学生服など縫製業が立地している。学生服の出荷額は岡山県が全国第1位となっている。
岡山県 – Wikipedia

2015/3/11

広島県安芸郡熊野町(ひろしまけんあきぐんくまのちょう)

筆の全国一シェアを誇る熊野筆の産地で製造が盛んであるとともに、広島市安芸区と呉市に隣接することから、近年は両市のベッドタウンとして開発が進んでいる。
熊野町 – Wikipedia

2015/3/11

書道用紙

島根県(しまねけん)

紙質は強靱でありながら肌触りは柔らかく、その紙質から障子紙として多く用いられていた。しかし近年は家屋建築の構造の変化により障子紙が用いられることが少なくなったため、文化財修理、書道用紙、賞状の用紙をはじめ様々な用途に用いられるようになっている。
石州和紙 – Wikipedia

2015/3/11

ニット

新潟県五泉市(にいがたけんごせんし)

繊維産業では、ニットの生産高が日本一。しかし、近年価格の安い外国勢(中国等)に押され気味である。
新潟県 – Wikipedia

2015/3/11

靴下

奈良県広陵町(ならけんこうりょうちょう)

奈良県
【中略】
中和地域において、靴下(広陵町)や野球のグラブなどスポーツ用品の生産も高いシェアを得ている。
奈良県 – Wikipedia

2015/3/11

つまようじ

大阪府河内長野市(おおさかふかわちながのし)

河内長野市では、豊かな森林資源を活かした爪楊枝(つまようじ)やすだれ産業が盛んであった。中でも爪楊枝は明治時代から河内長野市の地場産業として発展し、過去全国で使用される爪楊枝の国内生産量の約95%を占めた。
河内長野市 – Wikipedia

2015/3/11

金銀糸

京都府城陽市(きょうとふじょうようし)

京都府城陽市を中心とする山城(やましろ)地域が日本国内シェアの80%を占める産地である。
金銀糸 – Wikipedia

2015/3/11

扇骨

滋賀県高島市(しがけんたかしまし)

あどがわ【安曇川[町]】

滋賀県北西部,高島郡の町。人口1万4624(1995)。琵琶湖西岸に位置し,西部は比良(ひら)山地,東部は安曇川の三角州で,水田が広がる。主産業は米作を中心とする農業で,湖岸と安曇川下流ではアユ漁が行われている。若狭にぬける朽木街道と西近江路の分岐点にあたる交通の要衝で,南市では室町時代には市が開かれ,安曇川河口の南舟木は木材の集散地であった。地場産業には京扇子に使われる扇骨の生産があり,扇骨の製造は近世末に安曇川の堤防の竹材利用からはじまり,現在は全国生産高の9割を占める。
コトバンク あどがわ【安曇川[町]】

2015/3/11

三重県度会郡玉城町(みえけんわたらいぐんたまきちょう)

美和ロック株式会社(みわロック)の主力工場は玉城工場である。

ウール

愛知県(あいちけん)

尾州産地
愛知県一宮市、稲沢市、津島市、江南市、名古屋市及び岐阜県羽島市を中心とした日本で最大の毛織物産地で、国内生産量の8割を占めています。
JWWA ofiicial web site | 日本毛織物等工業組合連合会

2015/3/12

ピアノ

静岡県(しずおかけん)

工業統計調査によると、平成24年における静岡県のピアノの生産工場は5事業所、出荷量は3万9070台、出荷額は263億500万円で、全国唯一となっています。
静岡県/ピアノの出荷量、出荷額日本一

2015/3/12

ネクタイ

山梨県(やまなしけん)

山梨県の東部・富士五湖(郡内)地域は、全国でも有数の織物産地です。
その特徴は、『先染め・細番手・高密度』。江戸時代に、独特の光沢や風合いで人々の心をとらえた幻の絹織物『甲斐絹(かいき)』をルーツとしています。現在でも、甲斐絹の伝統技術をしっかりと受け継ぎ、ネクタイ、ストール、マフラーをはじめ、服地、インテリア用生地など、様々な高級生地や製品を生産しています。国産ネクタイの4割はこの郡内地域で生産されています。
山梨県/織物産地のブランド確立に向けた取り組み

2015/3/12

メガネのフレーム

福井県鯖江市(ふくいけんさばえし)

明治38年(1905)、寒村部の冬場の安定収入にと始まった眼鏡枠づくり。
それから100年後の現在、国内の約9割、世界の約2割にあたる眼鏡フレームが鯖江で生産されるまでに成長しています。
福井県鯖江市 – 眼鏡

2015/3/12

金箔

石川県金沢市(いしかわけんかなざわし)

日本の金箔生産では、石川県金沢市が総生産量のうち99%を占める独占的な産地である。江戸時代初頭には箔打ちは幕府に独占されていたが、当時の加賀藩が密造を続けた末にその免許の獲得に成功したこと、高湿な気候が箔打ち作業に適していること、金沢市、輪島市、七尾市といった金箔を大量に消費する漆器や仏壇の産地が近くにあったこと等が、主な理由である。
金箔 – Wikipedia

2015/3/12

ファスナー

富山県黒部市(とやまけんくろべし)

ファスナー生産量世界一のYKK株式会社が生産拠点を構えるのが、富山県の黒部市。

食卓用ナイフ・フォーク・スプーン

新潟県燕市(にいがたけんつばめし)

新潟県県央地域は日本を代表する金属加工製品の一大産地で、機械、自動車部品の製造が非常に盛んである。
とりわけ燕市はステンレス製品の加工業者が数多く立地し、特にカトラリーを中心とした金属製洋食器においては日本国内生産シェアの90%以上を占める。またプレス金型の製造業者が数多く、プラスチックなど非金属製品の製造も盛んに行われている。
燕市 – Wikipedia

2015/3/12

シャンプー・リンス

神奈川県(かながわけん)

革靴

東京都台東区浅草(とうきょうとたいとうくあさくさ)

東京・浅草には革靴製造をはじめとする皮革産業に携わる企業が多数あります。浅草は「靴の町」として繁盛を極めた時代があり、今でも地場産業として活躍しています。
東都製靴工業協同組合 | 東京の靴づくり | 浅草に靴屋さんが多いのはなぜ?

ふとん

埼玉県(さいたまけん)

スリッパ

山形県河北町(やまがたけんかほくちょう)

スリッパ(全国生産額の4分の1)
河北町 – Wikipedia

2015/3/12

包丁

岐阜県関市(ぎふけんせきし)

関市(せきし)は、岐阜県にある市である。
【中略】
特産品
刃物
ドイツのゾーリンゲン(Solingen)、イギリスのシェフィールド (Sheffield) と並んで、刃物の3Sと呼ばれている。
関市 – Wikipedia

2015/3/12

自動車用木製ハンドル

高知県(こうちけん)

愛媛県今治市(えひめけんいまばりし)

造船が盛んに行われている地域は長崎県長崎市(三菱重工長崎造船所など)、佐世保市(佐世保重工業など)や、兵庫県神戸市(川崎造船/旧川崎重工神戸造船所・三菱重工神戸造船所)、京都府舞鶴市(ジャパン マリンユナイテッド/旧日立造船)、岡山県玉野市(三井造船)、神奈川県横浜市(ジャパン マリンユナイテッド)、愛媛県今治市(今治造船、新来島どっく等)、東京湾岸などがある。
造船 – Wikipedia

2015/3/11

陶磁器

岐阜県土岐市(ぎふけんときし)

陶磁器(とうじき、英語: pottery and porcelain)は、土を練り固め焼いて作ったものの総称。やきもの。セラミックの一種で、畿内より東では瀬戸物(せともの)と呼ばれ、中国、四国以西では唐津物(からつもの)とも呼ばれる。焼き方や用途や生産地などから数多く分類される。
岐阜県土岐市が生産量日本一である。
陶磁器 – Wikipedia

2015/3/11

箪笥

福岡県大川市(ふくおかけんおおかわし)

大川市(おおかわし)は、福岡県の南西部にある市。【中略】
家具の生産高日本一を維持している。
大川市 – Wikipedia

2015/3/11

畳表

熊本県八代市(くまもとけんやつしろし)

八代市(やつしろし)は、熊本県南の中心的な市で、県下第2の人口を有する田園工業都市。【中略】江戸時代以来の干拓によって広がった平野部では農業が盛ん。畳表の原料となるいぐさの生産は日本一で、国産の約8割を占める。ただし、近年は安い中国産に押され、作付面積が最盛期の3分の1と急激に減少している。また、国内最大の柑橘類・晩白柚(ばんぺいゆ)も特産品で日本一の生産量を誇る。最近はトマトの一大産地としても知られる。
八代市 – Wikipedia

2015/3/11

白色大理石

山口県美祢市(やまぐちけんみねし)

山口県 美祢(みね)産大理石の特徴と経緯
【中略】
山の大理石層の規模が小さく、亀裂が多いのであまり大きな塊は採れない。  結晶は荒いものから小さいものまであり幅がある。  色は白又はグレーを基調としているが、かつては「色物」として赤系、黄系、黒なども産出した。  産出量は昭和36年をピークを迎え、以後徐々に減少、現在は工業原料の炭酸カルシウムとして採掘している。
http://www.mine-stone.com/what/

2015/3/11

https://matome.naver.jp/odai/2142603000263916101
2015年03月13日