【超美人】悲劇のスーパーモデル、ルスラナ・コルシュノワ

brooke21
スーパーモデルのルスラナ・コルシュノワについてまとめました。
ルスラナ・コルシュノワ
生年月日:1987年7月2日
出身地:カザフスタン、アルマトイ
身長:173cm

エルやヴォーグの表紙、ニナ・リッチ、DKNY、ポール・スミスなどのモデルに起用され、活躍。
Ruslana Korshunova – Wikipedia, the free encyclopedia

2005年にはヴォーグに「旬の顔」として絶賛され、「現在のファッション界の女神」とまで評されるトップモデルの1人となる。
ルスラナ・コルシュノワ – Wikipedia

デビュー間もない頃、髪の毛が膝まであるほど長かったので、「ロシアのラプンツェル」との愛称をつけられた。
Ruslana Korshunova – Wikipedia, the free encyclopedia

デビューのきっかけがすごい

地元、カザフスタンのアルマトイで、地域のドイツ語クラブに参加していた。そのクラブを取材した記事と写真がall asia magazineに掲載され、その写真がモデルのエージェントの目にとまった。エージェントはその記事から15歳のルスラナを探しだした。
Ruslana Korshunova – Wikipedia, the free encyclopedia

ニナ・リッチの香水のCMに出演している。

不可解な最後

2008年6月28日午後2時30分ごろ、ニューヨークのアパートの9階の自室の窓から転落して死去。タンクトップにジーンズ姿で道路に倒れていたが、発見された時は既に死亡していた。警察の現場検証では部屋に争った後が無いことから自殺と断定された。20歳であった。
ルスラナ・コルシュノワ – Wikipedia

しかし、遺書は見つかっておらず、キャリアも順調で、21歳の誕生日を祝う計画も立てており、自殺するような理由はないように思われた。
Ruslana Korshunova – Wikipedia, the free encyclopedia

死の数時間前、ボーイフレンドとデミ・ムーアの「ゴースト」を見ており、その後、ボーイフレンドは彼女を自宅まで送り届けた。「彼女はさよならを言いに来たんだと感じる。」と語っている。
Ruslana Korshunova – Wikipedia, the free encyclopedia

真相は不明だが、生前にソーシャルネットワーキングサイトに、傷つき、怒っているような書きこみを行っていた。I’m so lost. Will I ever find myself?”
Ruslana Korshunova – Wikipedia, the free encyclopedia

あどけない笑顔

かわいすぎです。

その他、画像

横顔も美しい。。
黒髪が新鮮です。
https://matome.naver.jp/odai/2142586156309969201
2015年07月11日