牡蠣が1日に海水を吸い込む量は、なんと240リットル!?牡蠣は何かと凄かった

bluepanda2001
牡蠣について調べてみました。

今日の夕方、適当にテレビを見ていたら…


https://matome.naver.jp/odai/2142581959783373601/2142583249794983203
牡蠣が海水を1日に吸い込む量は   240リットル!
って嘘だろ…?

https://matome.naver.jp/odai/2142581959783373601/2142583249794983303
僕はここで初めて知りました。

https://matome.naver.jp/odai/2142581959783373601/2142583249794983403
確かに知らないことが他にも
たくさん書いてありそうですねw

嘘だと思って調べてみたら本当だった

牡蠣は、1時間に12リットル以上、1日で300リットルを超える水を吸い込み、吐き出しながら成長すると言われている。

人間の排出量の150倍??!!!!!

そのためか、牡蠣は濁った水を綺麗にする凄まじい浄化能力を持っている


どんどん濁った水が薄くなっていく。

https://matome.naver.jp/odai/2142581959783373601/2142583249794984603
始めはお互い、同じぐらい濃かったが…

https://matome.naver.jp/odai/2142581959783373601/2142583249794984703
こんなに浄化した!!!

二枚貝は水中の懸濁態物質やプランクトンを取り込むため、カキを収穫することで、水中の栄養塩の回収につながる。特にカキは濾過量が他の2枚貝に比べて多い。

ちなみに赤潮のときなどは、赤い牡蠣が生まれるそうですw

米国チェサピーク湾では、オイスターガーデニングと呼ばれる水質浄化活動も行われている。

牡蠣は、人工的に養殖せず、そのまま放っておくと、牡蠣に牡蠣が積み重なって、サンゴ礁のように牡蠣礁を築きます。

http://ameblo.jp/oysters/entry-10421949961.html

オイスターガーデニングが気になった方はこちらのURLをクリック

牡蠣が浄化するといえば2年前、牡蠣による海の水質の改善が認められ、東京都江戸川区の葛西海浜公園の海岸「西なぎさ」で50年ぶりの海開きが行われた

でも、そこの牡蠣はいろいろなヤバイ物質を含みすぎていて食べれなかった…

結論

牡蠣は美味しいだけではなかった

牡蠣は環境問題にこれからも大きく貢献できる

生食用と加熱用の牡蠣の買い間違いには気を付けて

https://matome.naver.jp/odai/2142581959783373601
2015年03月09日