中小企業はまだまだ産休・育休が取りにくいのが現状

sugaress435

大手企業とは違い、中小企業はまだまだ育児休暇が取れない状態

仕事を続けたいと申し出たところ、事務一人の小さな営業所だから続けるのは難しいと言われました。
過去に、大きな営業所では産休、育休をとって復帰した人は数名います。(一人休んでも業務ができるから権利が取得できるようです。)
産休育休の制度はあるが取れない可能性が高い・・・ – その他(出産・育児) | 教えて!goo

13年働いた会社が産休育休は取れないとの事で泣く泣く退職予定です。
13年働いた会社が産休育休は取れないとの事で泣く泣く退職予定です。退… – Yahoo!知恵袋

ある中小企業に正社員として働いています。妊娠が分かり産休を取って復帰したいと考えましたが、無理だと言われました。その理由は、勤めている営業所に私の職種が一人しかいなく、その代役を立てられないこと。短期間で習得できる業務ではないので臨時やパートなどを雇うことが難しいことを言われました。
産休が取れないことってあるのでしょうか? – その他(就職・転職) | 教えて!goo

急に上司から呼び出され,12月20日をもって退職するようにいわれました。理由は,妊娠と職場の赤字だと告げられました。私は産休・育休ととらせていただき,仕事を続けていくつもりでした。今まで4年間という短い間でしたが,主任の立場をいただき必死に働いてきました。幼稚園という仕事柄,担任をもち,産休にはいる3月まで仕事を続けていくつもりでしたが,突然の通知に納得ができません。
妊娠が原因でリストラされそうです。(幼稚園) – その他(法律) | 教えて!goo

中小企業に勤めています。
入社してまだ二年ですが、妊娠しました。

まだ働きたかったのですが、『前例がない』『体調が心配』『結婚して続けてる女性も少ないから産んだらもちろんやめるよね?子供もかわいそうだし。』
等と言われ、退職届を書くことになりました。
産休が取れず退職します。会社を訴えられます? – その他(法律) | 教えて!goo

中小企業の場合、人材が少ないため1人の欠員が大きく影響してくる。大手と同じように産休・育休を取らせるには、会社の負担が大きすぎるのが問題。

このたび弊社の女性社員が、相次いで産休を取ることになりました。ただし2人とも事務職なので、派遣会社に頼むことで当面の仕事は乗り切ることができそうです。

とはいえ、女性社員が妊娠、出産という自己都合で休むこと自体は、あまり歓迎していません。派遣の手配をする手間も掛かりますし、一時的にコストも増えます。引継ぎなどを考えれば、一時的な仕事の停滞も避けられないです。社員からも自分の仕事が増えることへの不満の声が聞かれます。
全文表示 | 経営者のボヤキ「育児休業って、会社の負担が大きすぎない?」 : J-CAST会社ウォッチ

新しい人を雇おうと思えば、求人・採用・教育コストもかかるのですから、産前産後休業や育児休業を取得してもらって、その後に気持ちよく働いてもらえばいいのではないでしょうか。会社として負担が重く感じられるという点は理解できますが、派遣スタッフには一時的な業務に対応できる人もいるので、うまく使っていくといいと思います。
全文表示 | 経営者のボヤキ「育児休業って、会社の負担が大きすぎない?」 : J-CAST会社ウォッチ

特に人員が限られている中小企業では、育児休業による欠員で業務運営が難しくなるという指摘もあろう。
http://www.dir.co.jp/consulting/insight/management/120321.html

悲しいかなこれが現実です。
しきりに政府は男性の育休だのなんだの言いますがすべて前提が大企業。
資金も人材もあればの話しですもんね…。
中小の多くの企業にはそんな余裕はありません。
中小企業の産休育休について少々質問があります。今妊娠… – Yahoo!知恵袋

ひとつの仕事を何人かで分担してやっているのならば
育児休業中は他の人が残業したりして乗り切り、復職を待てば良いでしょうが、
中小企業では、1つのことを1人で担当していて他の社員では掛け持てないということがよくあります。
例えば経理担当の女性が育休に入る場合、営業マンでは掛け持てませんね。
産休・育休取得で会社に生じるデメリットは? : キャリア・職場 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

大きい会社だったら、産休・育休取って復職、っていうのが一般的なんだろうけど、

うちは何せ10人ちょっとしかいないベンチャー企業。

みんなでちょっとずつ穴を埋めるというわけにもいかないので、

私がいない間は誰か代わりの人を雇わなくてはいけません。

そうなると一年たって復職しようと思っても、その子を雇ってしまっているので、

今度は逆にそんなにたくさん事務の女の子はいらないよ、という話になってしまいます。
中小企業で産休・育休を取るということ|After happily ever after…

大企業や中堅企業では育児休業の取得が定着してきたものの、中小企業では未だ景気等の影響を受けやすい段階にあると思われる。
育児休業の格差問題 | コンサルティング | 大和総研グループ | 廣川 明子

中小企業子育て支援助成金で今後、中小企業でも産休・育休が取りやすくなる!

育児休業中は給与を支払う義務はなく、社会保険料も免除されますから、企業負担はほとんどありません。(ただし、産前42日と産後56日で概ね3カ月間は労使ともに社会保険料の負担があります。)
出産・育児休業

女性が産休を取ることに対し、国も企業を支援しています。育児休業者の代替要員を確保したり現職に復帰させて継続雇用した場合には、要件に該当すれば「中小企業両立支援助成金」が支給されます。また、今までは育児休業期間中のみ社会保険料が免除となっていましたが、2014年4月1日からは現行の育児休業中だけでなく、産休中も会社、従業員ともに社会保険料の支払いが免除されることとなっています。女性社員に産休を取ってもらう負担は減りつつあるのですから、会社としてもそれを前提とした女性活用を考えてみてはいかがでしょうか。
全文表示 | 経営者のボヤキ「育児休業って、会社の負担が大きすぎない?」 : J-CAST会社ウォッチ

育児休業は企業の負担に比べ、実益が大きいからだ。むしろ手厚いワーク・ライフ・バランス施策を導入できない企業ほど有用な制度である。育児休業期間中、企業は給与を払う必要がなく社会保険料も免除され、休業中の社員に対しては雇用保険より給付金が支給されるからだ。
育児休業の格差問題 | コンサルティング | 大和総研グループ | 廣川 明子

https://matome.naver.jp/odai/2142535184650202501
2015年03月03日