自分で考えるのは当たり前か…人工知能が発達し過ぎていた

Muse_pi
一つの AIそれぞれでもすごいのですが、これらが協力しあったら本当にすごい、DQNを「ドキュン」と呼んで笑っていられるのも今だけなのかも。

AI(人工知能)の開発が想像より進んでいた

グーグルの自分で成長する 「DQN(Deep Q-Network)」

人間の脳の神経回路をまねた学習機能を持つAI「DQN」
どきゅんじゃない

グーグル傘下の英ディープマインドは、人工知能(AI)でコンピューターゲームの遊び方を自動的に習得する新しいアルゴリズムを開発
英ディープマインド、AIでコンピューターゲームの遊び方を自動習得するアルゴリズム:日刊工業新聞

49ゲーム中29ゲームでAIが人間のプロのゲームテスターを上回るパフォーマンスをみせた
Google、ビデオゲームを自力で学習しプレイする人工知能の開発に成功 – TechCrunch

ブロック崩しでは人間の13倍の得点を取り、最も上手になった「ピンボール」では25倍に達した
グーグル、自ら学ぶ人工知能開発 ゲーム繰り返し遊んで攻略  :日本経済新聞

画素や点数関連など、あらかじめ最小限の情報しか与えられない状況で最適な攻略法を導き出し、人間のプロゲーマーに匹敵する良好な成績を収めた
英ディープマインド、AIでコンピューターゲームの遊び方を自動習得するアルゴリズム:日刊工業新聞

最小限の情報しか与えられない

人間の身近な生活に関わってきてるIBMの「Watson」が今すごい

2009年のクイズ王二人と勝負して勝った

優れているのは、言葉の関係性に着目することで、話し言葉による自然な文章を理解できること
テクノロジーの進歩で10年後の働き方はどう変わる?人工知能の専門家が語る「結論」と「持論」 – エンジニアtype

100万冊の本を読むのに相当するとされる膨大なデータベースから瞬時に最適な答えを導き出すことができる
テクノロジーの進歩で10年後の働き方はどう変わる?人工知能の専門家が語る「結論」と「持論」 – エンジニアtype

コンピューターでありながら、人と同じように情報から学び、経験から学習するコグニティブ・テクノロジー
IBM Watson (ワトソン) – Japan

http://www.youtube.com/watch?v=u6cBNXxC8Vk
話相手に

Elemental Pathというスタートアップがスーパー人工知能、IBM Watsonシステムを利用した子供向けスマートおもちゃを開発している
IBMのスーパー人工知能Watsonに接続して子供たちと会話するスマートおもちゃ登場 – TechCrunch


子どもたちの話しかけた内容は、インターネット経由でサーバーに送られWatsonが処理し、はじき出された「答え」をCogniToysが子どもたちに伝えるという仕組み

可愛らしい恐竜スタイルのおもちゃは子どもたち一人ひとりを記憶し、複雑な会話を交わすことができる。子どもたちが成長するのに合せて自らも変化する
IBMのスーパー人工知能Watsonに接続して子供たちと会話するスマートおもちゃ登場 – TechCrunch

日本語版もでる可能性も

子どもたちの話しかけた内容は、インターネット経由でサーバーに送られWatsonが処理し、はじき出された「答え」をCogniToysが子どもたちに伝えるという仕組み
IBMのスパコンWatsonの頭脳を持ちあらゆる疑問に答えられる知育玩具「CogniToys」 – GIGAZINE

医療を変えるかも

2014年3月19日、IBMとNYGC(The New York Genome Center)は、人工知能「Watson」を利用して、がん患者により良い治療方法を提供できるシステムの構築を発表
人工知能「Watson」が医療改革を起こす日はすぐそこに!

がん細胞の増殖を促す遺伝子が見つかっているにもかかわらず、わずかな患者しか、がんの変異に合わせた治療を受けていません。Watsonを導入することで、膨大なデータベースと患者個人の遺伝子変異の関係を見出し、患者のDNAに基づいたゲノム解析を可能とします
人工知能「Watson」が医療改革を起こす日はすぐそこに!

サンフランシスコの病院では、忙しくて最新手術事例を調べられない臨床医に代わって医学論文のデータベースを意味リンクで調べる『医療Watson』が活用されています
テクノロジーの進歩で10年後の働き方はどう変わる?人工知能の専門家が語る「結論」と「持論」 – エンジニアtype

銀行にも使われる チャット相手が AIに?

三菱東京UFJ銀行は2015年2月2日、米IBMが開発する人工知能(AI)を備えた質問応答システム「Watson」の活用で合意
ニュース – 三菱東京UFJ銀がIBMのWatson導入へ、ヒト型ロボットとの連携も視野:ITpro

ソフトバンクのロボット「Pepper」とWatsonを組み合わせ、銀行で顧客への案内員として金融商品の説明をする用途を見込み、デモを披露
Watsonの日本語化で新たなビジネス機会をつかむ–IBMフェロー – ZDNet Japan

英語はもうできるのだから「Pepper」に組み込み日本語マスターもできるはず

顧客からの問い合わせ対応や行員の営業支援に活用する。例えば、顧客からウェブサイトのチャット機能を使って質問があった場合にWatsonが回答し、Watsonが答えられないものだけをコールセンターなどにつなぐという具合
ニュース – 三菱東京UFJ銀がIBMのWatson導入へ、ヒト型ロボットとの連携も視野:ITpro

ワトソンは、古典の詩歌から辞書・百科事典、ブログの投稿やツイートまで、すべての日本語のテキストを取り込み、日本語を学ぶ
人工知能ワトソン、“世界最難関”日本語をマスターできるか? IBMとソフトバンクが提携 | ニュースフィア

将来的には、「顧客の資産管理や財務アドバイス」、「コンプライアンスなどの内部管理」などの分野においても、Watsonの活用が検討
三菱東京UFJ銀行、コールセンターなどにIBMのWatsonを導入へ | マイナビニュース

ビジネスに深く関わってきてる

Watson Analyticsは、同社の可視化ソフトCognosや統計解析ソフトSPSSをベースに、自然言語認識エンジン、データベース機能などを付加したもの
ニュース – 米IBMがデータ分析クラウド「Watson Analytics」をデモ、近日中にベータ版公開:ITpro

自然言語を使える共通点から「Watson」の名前を冠するが、質問応答システムのWatsonとは別系統

Watson Analyticsの本質は、集計、簡易的なデータ分析、視覚化の作業を、人間に代わって自動的に行う「分析作業代行ツール」
「夢の人工知能」ではない:Watson Analyticsのテーマは、データ分析という作業をなくすこと – @IT

文章で質問を入力する必要すらない

データをアップロードすれば、「このデータに関してユーザーが聞きたいと思うだろう質問」についての選択肢を、サービスが提示
「夢の人工知能」ではない:Watson Analyticsのテーマは、データ分析という作業をなくすこと – @IT

これからどんどん高度なAI付きのロボットが身近になる

アメリカの弁護士事務所では、人工知能が裁判の証拠を仕分ける業務を担っています
米雇用47%はロボット化で失職? [T-SITE]

不動産投資での選択などが、現状考えられるWatsonの具体的な利用イメージだが、可能性は幅広い
Watsonの日本語化で新たなビジネス機会をつかむ–IBMフェロー – ZDNet Japan

ロボットの進化がもたらす未来は必ずしも明るいものばかりとは限らない

オックスフォード大学の研究では、アメリカの雇用の47%が、今後数十年で自動化されるリスクがあるとしています
米雇用47%はロボット化で失職? [T-SITE]

ロボットに代行可能なのは単純作業化できる仕事だけとみられていた。だが、今後は思考力や心理的要素を求められる仕事においてもロボット化が進む
米雇用47%はロボット化で失職? [T-SITE]

冗談でなく“ロボットが上司になる”なんて可能性すら現実味を帯びてくる
米雇用47%はロボット化で失職? [T-SITE]

下手に設計されたものか、自発的に進化した機械は、本当に殺人的なものになり得る。きちんと設計された機械は完全に安全
ホーキング博士「人工知能は人類の脅威になりうる」と警告 地球外惑星移住も提案 | ニュースフィア

不具合を起こしダメージを与えた場合に、責任はいったい何に帰するのか
ホーキング博士「人工知能は人類の脅威になりうる」と警告 地球外惑星移住も提案 | ニュースフィア

コンピューターが高速化・最小化すれば、エラーの検知や修復、それどころかコンピューターを止めることすら難しくなるかもしれない
ホーキング博士「人工知能は人類の脅威になりうる」と警告 地球外惑星移住も提案 | ニュースフィア

まだ先の話であるとはいえ、DQNを「ドキュン」と呼んで笑っていられるのも今だけなのかもしれません
イギリスのベンチャー企業による人工知能「DQN」の脅きの能力 – ライブドアニュース

日本はロボット事業から遅れている

AI開発はグーグルのほかフェイスブック、ヤフー、IBMなど米IT(情報技術)大手が相次いで研究拠点を設けるなど先行
グーグル、自ら学ぶ人工知能開発 ゲーム繰り返し遊んで攻略  :日本経済新聞

日本は1980年代に国家プロジェクトでAI開発を先導したが、応用が広がらず頓挫。近年はプロ棋士に勝つ将棋ソフトの開発などが研究者の間で進むが、日本企業は出遅れが目立つ
グーグル、自ら学ぶ人工知能開発 ゲーム繰り返し遊んで攻略  :日本経済新聞

コンピューターによる人工知能の開発は加速度的に進化を続けており、将来的には人間の脳が完全に再現される時代が来ても不思議ではないと思えるほどに達しているといえそう
イギリスのベンチャー企業による人工知能「DQN」の脅きの能力 – ライブドアニュース

もうすぐやってくるかもしれない、人工知能の時代に備えて、私たちは人工知能との付き合い方を考えていかないと
人工知能「Watson」が医療改革を起こす日はすぐそこに!

自動で動きまくり、危険な事ならアイロボットの製品

アイロボット社のロボットは人命救助やピラミッド発掘現場、海洋調査など、世界中で活躍
新生活はルンバデビュー 明日から「選べルンバ!キャンペーン」開始|セールス・オンデマンド株式会社のプレスリリース

宇宙開発や危険作業など、国家的プロジェクトに役立ってきたアイロボット社の
人工知能「AWARE®」。
それを家庭用へと応用させたのが、「自動掃除機ルンバ」
ルンバのルーツは地雷探査機~アイロボット社セミナー|オトク貯金大作戦

福島第一原発でも使われています。原子炉内部の状況の確認や、閉鎖(廃炉)に向けた状況の確認といったことに使われており、今もなお、毎日活躍
@DIME アットダイム|ジャンル|その他|『ルンバ』を作るiRobot社CEOが語る「ロボットメーカーの使命」

https://matome.naver.jp/odai/2142493550685482301
2015年02月27日