和歌山男児殺害 中村容疑者と被害者の家が近すぎる。事件現場は中間点の空き地。

sasuo

精神鑑定のために鑑定留置へ

取り調べ中に机に上がって、仁王立ちになるなど、
不可解な言動も見られるという。
和歌山男児殺害 逮捕の男を精神鑑定のため約3カ月間鑑定留置へ(フジテレビ系(FNN)) – Yahoo!ニュース

思考障害
思考の障害には、思考過程の異常と思考内容の異常、思考の表現の異常がある。
精神障害 – Wikipedia

捜査関係者によると、
「事件当日に森田君にからかわれて、犯行を決意した」
と供述している。
和歌山男児殺害 刃物は「警備員している時に護身用として購入」(フジテレビ系(FNN)) – Yahoo!ニュース

簡単な経緯紹介

①森田君宅
②事件現場
③中村桜洲容疑者宅

流し読みの報道では判りづらかったですが、
距離自体は驚くほど近い。
この事件こんなに近い距離で起こっていました。

逃走経路そのままです。
というか逃げるところまで目撃されてたのか。

凶器を洗った話がありますが、
それでも唐突な犯行かと。

犯行動機

指をさして笑ったり、竹刀を素振りする姿をマネしてからかっているようでした。
小5男児惨殺の中村桜洲「父親は高野山高僧」教育熱心な立派な一家の暗い闇 : J-CASTテレビウォッチ

逮捕された男は当日、庭で運動していたところ、
「男の子が木の枝を振り回してからかってきたので犯行を決意した」と話している
News i – TBSの動画ニュースサイト

ダンベルを使って筋トレをしていたという。

近所というだけでなく剣道クラブでの接点が

また、通っていた時期は違うが、中村容疑者と森田君はともに同じ剣道クラブに所属していた
和歌山小5殺害男、奇行癖 近所でうわさ : 社会 : スポーツ報知

つまり時期はかぶっていないが森田君と同じ剣道クラブに通っていた。

しかし森田君は2年前に剣道クラブをやめたという

中村容疑者が剣道クラブをOBとして訪れたのは1年ほど前らしい

剣道クラブにOBとして訪れたときに会えていない可能性が高い

剣道クラブOBとしての接点がニュースになりますが、
どうやらOBとして剣道クラブを訪れたときには森田君はすでにやめていた模様。

情報元・一次情報としての参考出典先は東スポWEB「和歌山小5殺害犯」関連ニュースより

実は容疑者と被害者の接点は近そうで遠い 無関心でいることが大事

各報道を拾ったところやはりお互いの家を知っているくらいにはご近所でしたが、
思ったよりも相当身近な距離で起きた殺害事件で怖くなりました。

でもお互い関わらなければ接点はほぼ消せたはずなのですが。

こればっかりはお互いにとって運が悪かったとしか良いようがないですね。
容疑者が運動をしていたのは療法として良いことでしょうし。

https://matome.naver.jp/odai/2142468372037431001
2015年03月02日