GOT7のドラマ「Dream Knight」画像 音楽 OST あらすじ日本語訳 名場面

kyunlovestory
2人のイケメンに奪い合われる胸キュンドラマJBとジニョンに奪い合われちゃう恋愛シュミレーションゲームみたいな展開のドラマがヤバい!!JYPの先輩2PMチャンソン2AMチャンミンMissAミンのカメオ出演なんかもヒロイン ソン・ハユン ベンベン ユギョム マーク ジャクソン ヨンジェ

「ドリームナイト」でヒロインを演じたソンハユンが
ヒロインの友人役で出演し話題になった胸キュン幼馴染ラブコメディー

女優ソン・ハユン、JYP所属

GOT7ジニョンは両利き

ジャクソン出演芸能人が一つ屋根の下に住むリアルドキュメントバラエティー

ゲームにハマる女子高生の元に、なんとゲームの中のイケメンたちが現れちゃう!!?だけどそれに全く気がつかない主人公女子。そして、彼女の学校には人気のアイドルGOT(ジーオーティー)がいて、ひょんなことから関わることに…まさかのアイドルvs現実に現れたゲームの中のイケメン?!が彼女を奪い合う展開♥♡冴えなくていじめられている女子高生だけど…イケメンたちが助けてくれて…!?!

主人公イニョンの元に現れた、亡くなった母の友人の息子で幼馴染と、その友達と名乗る4人組
母の死の失意の中、親戚に騙されて母親の遺産を失い、唯一残されたキャンピングカーで暮らす彼女との奇妙な共同生活が始まる
女子の一人暮らしに男子4人なんて!!って拒否するけど結局面倒見てあげて・・・
4人は、実はそれぞれ超能力を持っていて、その力で彼女を守ってあげたり・・・
JBとキスしたのに覚えてないのか?なんて言われたりして謎な4人

学校には、大人気のアイドルGOT(ジーオーティー)が通っている
イニョンはそのアイドルの大ファンで、特にJrが大好き
彼が影ながら努力してダンスを練習する姿に心打たれて大ファンに

だけど、女子たちの悪巧みでJrとハプニングを起こしてしまい、
Jrの悪質ファンと位置づけられ、他の生徒たちからも厳しい視線を浴びることに

それでも守ってくれるJB、率いる4人は
女子メンバーとガチのつかみ合い 爆

いつも影で一生懸命ダンスの練習をしているJrを見てファンになったイニョン
たまたま偶然であって、跳び箱運びを手伝ってくれるけど、他の生徒にバレたJrはそのままいなくなってしまって、イニョンは足を怪我しちゃう

そんなイニョンをおんぶして運んであげるJB

足が上手く使えないイニョンを介抱してあげてたら
ハプニングでチュ♥♡

しつこく校内の撮影を要求されるアイドルJrは、隙を見てイニョンと愛の逃避行?!

だけど、怪我した子を連れまわすなんて何考えてるんだ!とJBは怒る!

ここらへんからJBvsJrの構図

JBが怒ってもイニョンがお前のなんなのさって言ってイニョンを連れて行こうとするJrに怒ったJBはJrに超能力を使っちゃう

Jr お前もだったのか!

実はJrも元々はJBたちと同じように超能力を使える身だった
同じ境遇だと知ったJrは、これからJBたちの身に起こるであろうことを話し、そしてJBの邪魔をするように・・・

イニョンが大切にしていた母との思い出の残ったビデオカメラを壊してしまい
水をかけられて修理に奔走

胡散臭い店員さんは2AMチャンミン
(わかんないけど、ドリームナイトのOST歌ってる気がするぞ!めっちゃいい歌と思ったらJBだったー声質似てるんだね、子チャンミンだったのか~~ビックリ!)

水に濡れたら消えてしまう・・・
乾かなきゃ出てこられない・・・
実はJBたちは、イニョンがお母さんに小さい頃プレゼントされていつも身に着けていたマスコット人形たちだった

そして、イニョンが母の死、そして自身の不治の病筋無力症を知ったときに流した絶望の涙のもと、イニョンを守るために現れたのだった

だけど、それがJrがいうには、絶望の涙のもとに現れた騎士は、主人が幸せの涙を流すと消えてしまう という

このまま人間として生き延びるには、主人を裏切るしかない
主人を裏切れば、主人は死んでしまう・・・

それが、Jrから聞かされた事実だった・・・

もちろんJBはイニョンを守るために、この世から消えてなくなったとしてもイニョンを守ることが大切と、心に決めるけど イニョンを愛しているJBと違い、他の仲間たちはJrの仲間たちにそそのかれたりして、人間として生きる楽しみを感じてしまい人間として生きたいと思うようになってしまう
マークがスケボーを覚えたり、ヨンジェがピアノを覚えたり、ジャクソンがジェニーがお母さんが2人いるという複雑な境遇を知って、ずっとそばにいてあげたいと思ったり・・・

過去に同じ境遇を経験し、主人を裏切って人間として残ったというJr
JBがイニョンのために全うして、消えてしまうことをいとわないでいようとすることがどうしても許せないのか、JBがイニョンを好きなこと、イニョンが自分を好きなことを利用して
JBにイニョンを裏切らせようと、イニョンにわざと交際を申し込み、JBを嫉妬させようとする

最初は利用イニョンを利用しJBを困らせようとしていたはずのJr
デートも人目があるからとすぐ店を出たり冷たい態度だったけど、
イニョンが「いつも最大限に努力して一生懸命なあなたが好きなの」と言われて心が揺れる

実はJrの過去は
主人を愛し、主人を守るために奔走していたにもかかわらず
主人は別の人を愛し、自分を見てくれなくなってしまった
このままでは、彼女といられなくなってしまう、だから人間として生き残ることで彼女のそばにいて彼女に愛されたい
そう思って、人間として生き残ることを選択したはずだった
けれど、彼女を裏切るということは、彼女を失ってしまうことで・・・
結局、大好きな主人を死に追いやるかたちで、人間として生き残ってしまっていたのだった

だからこそ、Jrは、アイドルという道で必死に毎日を一生懸命に生きてきて
努力することでしか、彼女に返せるものがなかったのかもしれない・・・

そういうなかでのイニョンの言葉はすごく身にしみて
Jrは本当に、イニョンのことを好きになっていく・・・

Jrと付き合ってしまったイニョンに嫉妬しながらも見守るJB

Jrとデート中に、偶然JBが自分のために書いてくれたダンスの練習計画ノートを見て
ハッとJBの大切さ、温かさに気がつき、Jrにゴメン行くところがあるの と
JBがくれた、チャンソンの公演のチケットを持って会場に駆けつけるけどもう終わってしまっていた・・・

落ち込むイニョンのもとに現れたのはスターのチャンソン先輩張本人
探してる人がいるんです・・・というイニョンに声を張り上げてお客さんを集めてくれる

どんな人なの?と聞かれ
背は高くて・・・
目は細目で・・・でもそれが彼の魅力なんです・・・
クールに見えてすごく情が深くて・・・

そうやって、彼のことを振り返りながら彼への思いを吐露するイニョンのもとに
階段を登って王子様のように現れるJB

そして、二人の思いが通じ合ったことを確認してその場を立ち去るJr・・・・

現れたJBの目の前で気を失い倒れてしまったイニョン
JBはすっごく心配するけど、イニョンは大丈夫なんでもないよと

本当は、病気の進行が進んでいたのだった
イニョンは天国の母にダンス大会までは、お願いだから持たせて欲しいとお願いする

Jrには、本当に大切な人はJBだったと謝り
JBとデートして幸せな時間を過ごす

他のカップルを真似ておそろいの赤のスニーカーを買って

ダンス大会当日
GOTも見守る中精一杯のダンスを披露

ジェニーも今までずっと敵対心むき出しだったけれど
ジャクソンと出会って考えからが変わり
自分が頑張れればそれでいい、絶対に勝たなくてもいいのと
イニョンにエールを送る

GOTの粋な計らいでJBたちと一緒にダンスをしてダンス大会は素敵な時間に

だけど、大会の後イニョンに幸せの笑顔が訪れた時、それは4人との別れの瞬間で
ジャクソン、マーク、ヨンジェ、は消えて、そしてJBも消えてしまう

悲しむイニョンの元に駆け寄るJrだったけど
知ってたのにどうして言ってくれなかったの?と泣くイニョンに
先に言って、傷付けることなんてできなかった、それが俺に出来る唯一の優しさだと思って欲しい・・・とJr

ー1年後ー
川辺で、戯れるJrとイニョンの元に
赤いスニーカーを履いた男の子が現れて・・・・・・

というハッピーエンド!
きっと最後に現れたのはJBだよね???っていう雰囲気をかもしだしながらの
上手い濁し方したラストでした

やっぱりこういうドラマはベタで王道が一番!!
意外と意外にすっごく面白く見れてしまった 笑

ザアイドルドラマなんだけれども
割と深いっていうかホロっと泣かされる展開

演技経験者のJr、JB、ジャクソンあってこそって感じがするけど
白騎士JB、黒騎士ジュニアって配役がまんますぎてキュンキュンだなコレ
ジュニアが実は主人を亡くしていたシーンなんかマジ泣けるし
さわやかイケメンに見えて、腹黒そうで、実はそうじゃないってのがイメージぴったり!
JBはいつもニコニコ優しくて、ちょっとクールでたまに男らしくて・・・

ジャクソンとジェニー(ミン)のまさかのラブラインにキュン?!
きっと普段も仲良いであろうふたりはいったいこのシーンどうやって撮ったのか気になる 爆
ミン、ジャクソンの口についたソース拭いてあげてたぞ!!
ジャクソンの表情の演技もすっごい上手いし♡

http://www.youtube.com/watch?v=S6EvOAbXBss

5話

6話

7話

9話

10話

J.Y.Park- please

11話

12話

http://www.youtube.com/watch?v=oPNnSWpU0Rg
https://matome.naver.jp/odai/2142461491372989901
2019年09月03日