オフィスのトイレの個室の数には法令がある!

亡国の希望
オフィスでトイレに行きたいな、と思い、昼休みに行くと個室がいっぱい。あれ?トイレの数が少ないな、と思ったことありませんか?実は、社員数とトイレの数には法令が設けられているんです。

規定が設けられているのは、事務所衛生基準法第17条

男性

二  男性用大便所の便房の数は、同時に就業する男性労働者六十人以内ごとに一個以上とすること。
事務所衛生基準規則

三  男性用小便所の箇所数は、同時に就業する男性労働者三十人以内ごとに一個以上とすること。
事務所衛生基準規則

男性用大便器は男性従業員60人につき1つ。
男性用小便器は男性従業員60人につき2つ。

女性

四  女性用便所の便房の数は、同時に就業する女性労働者二十人以内ごとに一個以上とすること
事務所衛生基準規則

60人につき3つ。

制定されたのは?

少し疑問なのは平等性の問題

60人につき3つというのは男性、女性向け便所ともに変わらないが、実質のかかる時間を考えると、果たして平等になるのか?という問題が出てきます。

大便より頻度が高い小便をする際に「短時間でコトを済ませることができる(社会の窓を開け、放水作業をするだけです)」小便器があれば、男性たちは(小便器というものがない)女性たちより、極めて短時間でオシッコをすることができるわけです。 だから、法律、事務所衛生基準規則に決められた最低数に沿った「トイレ設計」をしてしまうと、実は、女性は「(男性より)トイレの数が足りない」ということになってしまいます
法律が決める「トイレの数」は男女不平等だった!? | 雑学界の権威・平林純の考える科学

このサイトに詳しく書いてあります。

事務所衛生基準法には他にも明るさなどの分野もあります

作業の区分基準
精密な作業三百ルクス以上
普通の作業百五十ルクス以上
粗な作業七十ルクス以上
事務所衛生基準規則

オフィスのための法令を覚えておくと、面白いかもしれませんね

皆さんも調べてみてください。

詳しくはこちらで!

https://matome.naver.jp/odai/2142423572204680601
2015年02月18日