ヤメゴク《主題歌Thinking Dogsキャストあらすじ動画ネタバレ感想》大島優子 北村一輝勝地涼

xblg
世界は終わらない Thinking Dogs~ヤクザやめて頂きます~ 大島優子 北村一輝 勝地涼 本田翼 田中哲司 山口紗弥加 名取裕子 遠藤憲一 宮武美桜 松岡恵望子 鎌田英怜奈 山口馬木也 金すんら 坂田聡 岡田浩暉 庄野崎謙 他 演出 堤幸彦 脚本 櫻井武晴

ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~2015年4月16日毎週木曜夜9時TBS

出演
大島優子 北村一輝 勝地涼 本田翼 田中哲司
山口紗弥加 名取裕子 遠藤憲一 宮武美桜 松岡恵望子
鎌田英怜奈 山口馬木也 金すんら 坂田聡 岡田浩暉
庄野崎謙 他http://www.tbs.co.jp/yamegoku/

ドラマの舞台は「暴力団離脱者相談電話」通称 足抜けコール

足抜けコールは、暴力団対策法施行(1992年3月)など暴力団取り締まり強化の流れの中で生まれ、構成員から“足抜けコール”があると本人と連絡を取り、保護し、就職先をあっせんする。そこには「暴力団から抜けたい」「暴力団を解散したい」「暴力団から抜けたが生活する手段がない」などさまざまな相談が寄せられるが、麦秋は保護対象者が脅されるやいなや、巨大な敵に身一つで立ち向かい、容赦なくたたきのめしていく。
大島優子、ヤクザ“足抜け”担当刑事に初主演ドラマで堤幸彦氏とタッグ | ORICON STYLE

▼ネタがまるわかりのまとめ あなたはいくつ気が付きましたか?

SPEC 野々村さん的柿ピー

主題歌『世界は終わらない』 Thinking Dogs

リリース情報
2015年6月24日release
Thinking Dogs「世界は終わらない」
初回限定盤[CD+DVD](SRCL-8847~8848)\1,620(税込)\1,500(税抜)
通常盤[CDのみ](SRCL-8849)\1,080(税込)\1,000(税抜)

Thinking Dogs??
Thinking Dogs??

Thinking Dogs まさかの勝地涼さんパターン??

音楽担当 武内享

Thinking Dogsの正体は?

TOKIOみたいの声が多数ですが・・・

それなら隠す必要無いし・・・

出演者でバンドみたいなのが本筋ですか??

▼最新のあらすじ

第10話
関東貴船組の若頭で二次団体・水千組の組長・水田千一(金すんら)が企てた、組ごとの足抜け劇は、同じ二次団体の怒りを買って大乱闘に発展。離脱者希望者を守ろうとする麦秋(大島優子)と翔(北村一輝)の前で、組長の橘(遠藤憲一)が水田を庇い銃弾に倒れる事態となった。そんな折、橘が自分の実の父親ではなく命の恩人だったことを知った麦秋は、橘とヤクザを恨む理由が無くなり混乱する。翔は、今度は麦秋が憎しみの呪縛から足抜けする番だと背中を押すが……。一方、医師の有留(山口紗弥加)のオペが成功し、橘は意識を取り戻す。水田は改めて橘に忠誠を誓い離脱希望を取り消すが、大乱闘を仕掛けた二次団体の組長は逮捕され、関東貴船組は危機的状況だ。さらに、水千組でファンドマネージャーとして資金を稼いでいた佐野(勝地涼)が「私はバクちゃんさんの共犯者」と意味深な言葉を残し、ある手段に出る……。果たして関東一の暴力団の足抜け劇の結末は!?そして、麦秋は憎しみの呪縛から足抜けできるのか!?

第10話(最終回)ゲスト
石川 道三(いしかわ どうざん):
石橋蓮司
橘 麦蒔(たちばな むぎじ):
渡部豪太
常盤田 宗伯(ときわだ そうはく):
井上真樹夫(友情出演)
屋台のゲスト :
fox capture plan(友情出演)
屋台のゲスト :武内 享(友情出演)

キャスト

ヤメゴク 相関図
永光麦秋役 大島優子
警視庁組織犯罪対策部第三課・暴力団離脱者電話相談室 通称“足抜けコール”担当。
通称バクちゃん。
性格はシニカルでギスギス系。少年課にいたころは快活だったが、“足抜けコールへ異動した頃に何らかの要因があり、性格がゆがんでしまったらしい。麦秋が自分勝手な行動をしても処分されないのは、人事課の課長と何からの関係があるからだと噂されている。
異常なまでにヤクザを憎んでいる

AKB48を卒業して独り立ちし、今後も自分が続けていきたい役者として、連続ドラマの主演を務めさせて頂くことをとても光栄に思います。堤監督の作るキャラクターはかなり個性的なので、現場で話し合いながら、皆さんにインパクトを残せるキャラクターを考えていきたいと思っています。
木曜ドラマ劇場『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』 | TBSテレビ

永光遥役 本田翼
麦秋の妹。
有留章子の個人病院で働いている看護師。
疎遠になっていた姉・麦秋が有留医院にやってきたことで、章子が元暴力団員を助けるボランティア(手指の欠損を足指の移植で補う実在の手術)をしていることを知る
永光由美子役 名取裕子
麦秋・遥・さくらの母親。
保育士。
とある事情から娘・麦秋とは疎遠である。実は謎の多い人物Thinking Dogs 情報

永光さくら役 宮武美桜
麦秋と遥の妹、高校3年生。
就職活動中
三ヶ島翔役 北村一輝
警視庁組織犯罪対策部第三課・暴力団離脱者電話相談室 通称“足抜けコール”担当。
元々は、組織犯罪対策第四課 通称マルボウにいたが、とあるガサ入れで容疑者を取り逃がしてしまい、“足抜けコール”に飛ばされた。不本意な人事にやる気が出ない。持ち前の強面でドスは効くが、いざとなると途端に弱腰になる。コテコテの関西弁

堤組での4ヶ月弱の撮影が楽しみでなりません。面白いドラマになるようチーム一丸となり頑張りたいと思います。個性豊かな登場人物にどんな化学反応が起きるのか!を大切に演じたいと思います。
木曜ドラマ劇場『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』 | TBSテレビ

石山博文役 田中哲司
警視庁組織犯罪対策部第三課・暴力団離脱者電話相談室 通称“足抜けコール”の室長。
既婚。子煩悩。だが、自分の本当の子供かどうか、疑っている
東条剣役 庄野崎謙
警視庁組織犯罪対策部第三課・暴力団離脱者電話相談室 通称“足抜けコール”担当。
世間知らずのおぼっちゃまで、たまに空気が読めない。
花粉症と鼻炎で、ティッシュを手放せない
佐野直道役 勝地涼
暴力団追放運動推進都民センター 通称“暴追センター”の暴追アドバイザー。
イケメンで優秀、強面との交渉も知的で非の打ち所がない。懇切丁寧な口調で物腰柔らか。
男性と話すときにやたらと距離が近い。暇さえあれば足抜けコールにいる、居候的存在

『ケイゾク』を見て、当時13歳だった僕はとても衝撃を受けました。それ以来、堤監督、植田プロデューサーチームの大ファンです。今回、がっつりと堤監督と作品づくりができることを嬉しく思いますし、堤ワールドにどっぷり染まる覚悟はできております。大島さん演じる麦秋、北村さん演じる翔など個性豊かなキャラクターが登場するので、その中で自分の色を出していければと思っています。自分としても、どんな化学反応が生まれるのか、今から楽しみです。
木曜ドラマ劇場『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』 | TBSテレビ

水原公樹役 岡田浩暉
荒川中央署のヤクザ担当だったが、麦秋から手柄を横流しされて、組織犯罪対策課第四課、通称マルボウの刑事になる。抜擢なので、いい気になっている。
麦秋に借りがあるため、頼まれると断れない
谷川 永徳役 山口馬木也
警視庁警務部・人事課・課長。
麦秋と何らかの繋がりがある?
有留章子役 山口紗弥加
麦秋の妹・遥が勤める個人病院「有留医院」の医師。
麦秋に過去を知られて脅され、ヤクザから更生する人間の手指の欠損を足指の移植で補う手術など闇医者的に利用されている
三ヶ島 由香役 松岡恵望子
三ヶ島翔の別居中の妻
三ヶ島 波留役 鎌田英怜奈
三ヶ島翔の別居中の娘
関東貴船組
橘勲役 遠藤憲一
200年以上の歴史を持つ老舗の組織「関東貴船組」の六代目組長。
任侠道を重んじ、社会からドロップアウトしてカタギにはなれない男達を救い、息子のように愛情をもっている

堤監督と初めて出会った作品『池袋ウエストゲートパーク』ではヤクザ役でした。 その後たくさんの作品で声をかけてもらい、いろんな面白い役でご一緒させていただきました。 今回の『ヤメゴク』では、出会った時以来のヤクザ役です。 そして、テレビドラマでヤクザ役をやるのも『池袋ウエストゲートパーク』以来15年ぶりなんです。 あらたなヤクザを目指して頑張ります
木曜ドラマ劇場『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』 | TBSテレビ

水田 千一役 金 すんら
関東貴船組・若頭。
水千組・組長
藤田喜一郎役 坂田聡
元々は九瀬組の構成員だったが、覚せい剤の家宅捜索により摘発され、現在は関東貴船組に所属する構成員。
三ヶ島翔と何らかの繋がりがある…?

放送済みのあらすじ

第9話
関東貴船組の若頭で二次団体・水千組の組長である水田千一(金すんら)から、組ごと足抜けしたいとの連絡が入った。今まで橘(遠藤憲一)を“親父”と慕い忠義を誓ってきた水田だったが、最近の橘のヤクザらしからぬ行動や、橘の息子・麦蒔の離脱騒動、さらに麦秋(大島優子)が娘であることを知り、橘が“血の絆”を一番に考えていると不満を抱いての決意だった。麦秋が「麦蒔の離脱は偽装なのでは?」と確認すると、水千組の若頭・鷲頭健介(戸次重幸)は、水千組をカタギにしてくれた暁には橘が仕組んだ偽装離脱を証言すると誓う。そして水千組が足抜けすれば、関東貴船組は潤沢な資金を失い経営破綻もあり得ると明言する。関東貴船組を潰し、仇である橘を逮捕するチャンスと意気込む麦秋は、橘に水千組構成員110名の離脱承諾書を突きつけるが、橘にとって水田の足抜けは青天の霹靂。直接会って話すまでは承諾できないと突っぱねる。一方、同じく二次団体である浅間組組長・入山黄明(中野英雄)と武尊組組長・青峰亨(長江英和)は水田の行動に怒り心頭。橘に無断で水田が潜伏する倉庫へ襲撃を仕掛け、大乱闘に。そこへ駆けつけた麦秋と翔(北村一輝)は、離脱希望者の水千組構成員を守ろうと手を尽くすが、入山は銃を向け……。

第9話ゲスト
石川道三(いしかわ どうざん):石橋蓮司
入山黄明(いりやま こうめい):中野英雄
青峰 亨(あおみね とおる):長江英和
左 多茂津(ひだり たもつ):池田 大
玉丼病院 医師・藤居 :藤井尚之(友情出演)
丸橋 :平岡祐太(友情出演)
支店長 :片岡鶴太郎(友情出演)

第8話
溜池署から“服役中の受刑者からの足抜け依頼がある”と足抜けコールに連絡が入った。溜池署は関東貴船組を管轄する警察署だ。足抜けを希望しているのは、関東貴船組の組長・橘勲(遠藤憲一)の息子・橘麦蒔で、麦秋(大島優子)にとっては兄にあたる人物。覚醒剤取締法違反で服役中の麦蒔の刑期は、あと半年を残すところ。橘は、一日も早く息子を仮釈放させるため、貴船組から足抜けさせるという。ある日、麦秋が関東貴船組の事務所を訪れ、麦蒔の“離脱承諾書”に一筆求めると橘はあっさり承諾する。しかし、二度とヤクザの世界に戻れなくなる“絶縁状”へのサインは渋り、結論を先延ばしにするのだった。そんな橘の対応から、仮釈放のない暴力団員である麦蒔の仮釈放を勝ち取るために、橘が“偽装離脱”を企んでいると睨んだ麦秋は、それを阻止しようとある行動に出る。数日後、人権派弁護士としてメディアにもてはやされている畠山智晶(紫吹淳)が麦蒔の顧問弁護士として足抜けコールを訪れ、離脱承諾書が処理されていないことを指摘。麦蒔の離脱を妨害するなら問題にすると告げられるが、翔(北村一輝)が妙案を思いつき、離脱承諾書の処理に動き出す。一方、麦秋と佐野(勝地涼)のもとには、智晶と関東貴船組に関するタレコミが入る。果たして智晶と関東貴船組にはどんな関係が!?そして麦秋は麦蒔の偽装離脱を阻止することができるのか!?

第8話ゲスト
畠山 智晶(はたけやま ちあき):紫吹 淳
畠山 亜美(はたけやま あみ):東李 苑(SKE48)
浅沼 法男(あさぬま のりお):小久保 丈二

第7話
マル暴担当の刑事・水原公樹(岡田浩暉)から、通報を受けて捜査している案件に麦秋(大島優子)の家族が関わっているとの情報が入った。高校卒業を控え、就職内定先の花屋でアルバイト中の麦秋の妹・さくら(宮武美桜)が、配達先の暴力団から接待を受けるなどの親密交際をしていると通報されたのだ。ある日、さくらが暴力団員達とトラブルに。そこへ駆けつけた麦秋は、大立回りを繰り広げ、チンピラたちを逮捕。そして翔(北村一輝)や水原が止めるのも聞かず、さくらのことを逮捕してしまう。暴力団から利益供与を受けたとなれば、身内にも容赦はしないのがヤメゴクと呼ばれる麦秋の所以だ。一方、麦秋のもうひとりの妹・遥(本田翼)が勤める病院でも、ヤクザ風の男たちが待合室を占拠していた。どちらの嫌がらせも、今まで麦秋に二次団体やフロント企業を潰されてきた関東貴船組の若頭・水田千一(金すんら)が仕組んだもの。二人の娘に続いて、今度は麦秋の母・由美子(名取裕子)が働く保育園でトラブルが発生。由美子は辞職を余儀なくされる。事の真相を知りたい遥とさくらは由美子を問いただし……。その頃、翔と岩井田(金田明夫)の説得によって、麦秋もまた重い口を開き始めていた。家族が犠牲になってもなお我が道を突き進む理由とは何なのか!?ついに麦秋の口から語られる…。

第7話ゲスト
岩井田 守(いわいだ まもる):金田 明夫
入山 黄明(いりやま こうめい):中野 英雄
青峰 亨(あおみね とおる):長江 英和
白根 時生(しらね ときお):工藤 俊作

第6話
幼少期の麦秋(大島優子)を知る交番勤務の岩井田(金田明夫)が足抜けコールにやって来た。元暴力団構成員・小牧(山本浩司)の就職先を斡旋して欲しいと言うのだが、本人は人生に疲れきった様子で、まったく生気がない。情に厚い“町のおまわりさん”気質の岩井田は、関東貴船組の若頭・水田千一(金すんら)が組長をつとめる水千組の構成員だった小牧を一年前に暴行で逮捕。その後、組から絶縁され自殺未遂を図ったときも助けに駆けつけるなど何かと気にかけているが、麦秋はすでに足抜け済みの小牧の就職に興味を示さない。翔(北村一輝)と佐野(勝地涼)は、麦秋に変わって小牧の世話に精を出すが、面接で一言も話さず精気に欠ける小牧の就職活動は難航。小牧が精神的に働ける状態ではなく経済的にも困窮している状態だと判断した佐野は、一時的に生活保護を受給することを提案する。ところが麦秋は「労働可能な身体能力があるのに、一般市民の税金を使うことは許せません!」と反発し、まさかの行動に……。麦秋の、暴力団への異常なまでの憎しみを以前から不審に思っていた翔は、岩井田に麦秋一家とヤクザとの関係を聞き出す。そこで明かされたのは、麦秋も知らない、母・由美子(名取裕子)と関東貴船組の組長・橘(遠藤憲一)の驚くべき関係だった。その頃、福祉事務所から提出を求められた“絶縁状”が手に入らず、小牧の生活保護への道が断たれた足抜けコールへ、橘から電話が入った!橘の目的とは一体なになのか……!?

第6話ゲスト
岩井田 守(いわいだ まもる):金田明夫
小牧裕也(こまき ゆうや):山本浩司
鷲頭健介(わしず けんすけ):戸次重幸

第5話
「孫を暴力団から抜けさせてほしい」とその祖父・野口清(田村泰二郎)が足抜けコールにやって来た。麦秋(大島優子)らが話を聞くと、孫の大輝(落合モトキ)は、未成年にも関わらず暴力団と個人的に取引をしている様子。清の話を聞く博文(田中哲司)は、過去のある事件を思い出し、胸騒ぎを覚える。実は、清の息子で大輝の父親である隆(手塚とおる)の会社を倒産に追い込み、大輝が大学を中退せざるを得なかった背景には、麦秋ら足抜けコールが関係していたのだ。しかも、麦秋は4年前に大輝を補導した過去があるという。一方、翔(北村一輝)が密かに麦秋へ足抜けを依頼している藤田(坂田聡)は、覚せい剤の一斉摘発で解体した九瀬組から関東貴船組の構成員になったばかり。組長の橘(遠藤憲一)から、貴船組では薬物は一切禁止と命じられ、これまで薬物の売買でシノギを立ててきた藤田は、薬物以外の上納金の目処が立たず、途方に暮れていた。そんなある日、藤田の前に大輝が現われた。薬物売買のシノギができる暴力団を紹介するからその引き換えに、今、藤田が持っている覚せい剤を安価で引き渡してほしいと言うのだが……。そんな中、麦秋は橘の元を訪れ、逮捕しようとするのだが、思わぬ邪魔が入る。

第5話ゲスト
野口 隆(のぐち たかし):手塚とおる
野口大輝(のぐち だいき):落合モトキ
野口 清(のぐち きよし):田村泰二郎
神鳥組長(かんどりくみちょう):菅田 俊
佐々木和也(ささきかずや):ジョニー大蔵大臣

第4話
極道の妻を辞めたいという依頼者・知佳子(神楽坂恵)が警視庁にやってきた。麦秋(大島優子)、翔(北村一輝)らが話を聞くと、知佳子の夫・祐司(緋田康人)は指定暴力団の組長で、シノギの稼ぎが減るなか、上納金や組員への飲食代など惜しみなく金を使い、家計は火の車。知佳子は夫に頼らず、自らが働くことを希望するが、それさえ認めてくれない夫に嫌気がさし、離婚して娘と二人で生きていきたいと望んでいるのだ。祐司には足抜けの意思がない為、どう聞いてもただの“離婚問題”だと室長の博文(田中哲司)は引き受けを拒むが、麦秋は「夫が指定暴力団の組長であることから、ヤクザからの足抜け!!」と強引に依頼を引き受ける。そして佐野(勝地涼)は知佳子の職探しを始めることに。一方、麦秋が目の敵にしている関東貴船組の組長・橘勲(遠藤憲一)は、二次団体とフロント企業を相次いで失い、上納金は激減。組は厳しい経済状況に立たされていた。どちらも麦秋が解散に追い込んだことを知った橘は、なぜか麦秋の母・由美子(名取裕子)のもとを訪ねる。橘と対面した由美子は何かを決意したように、3年ぶりに娘・麦秋と会う覚悟を決めるのだが……。その頃、麦秋は祐司が働くイシガヤ運送を訪れ、祐司に離婚届けをつき付けていた。一筆もらおうとするも、祐司は「離婚もしない、外で働くことも認めない」と頑なだ。一度は断念する麦秋だが、イシガヤ運送であることに気付き、博文に水面下でとある調査を依頼する。ある日、翔が麦秋に貴船組から一人、足抜けさせたいと相談を持ちかける。麦秋は即座にそれを引き受ける。麦秋と貴船組にはいったいどんな関係があるのか!?そんな中、知佳子から娘が祐司にさらわれたとの連絡が入り……。

4話ゲスト
硲 祐司(はざま ゆうじ):緋田康人
硲 知佳子(はざま ちかこ):神楽坂 恵
硲 優奈(はざま ゆうな):伊藤成美

第3話
警視庁内の内線電話を使った足抜けコールが発生。電話をしてきたのは、警視庁内で働く警察官の妻で、夫には内緒にして欲しいという。麦秋(大島優子)らが話を聞くと、その女は娘が付き合っているヤクザを組から足抜けさせて欲しいと言う。本来、足抜けを引き受けるのは本人から依頼があった場合のみ。室長の石山博文(田中哲司)は、規則違反と釘をさすが、麦秋は我が道を突き進む。実は、ヤクザと付き合う娘を持つ警察官とは、マル暴を束ねる組対部長の風見徹(小木茂光)。いずれは警視総監との呼び声が高いエース中のエースだが、娘がヤクザの親密交際者だということが表沙汰になれば、そのキャリアを失うことは間違いない。ところが娘の愛は、恋人の村崎亮(弓削智久)と結婚するの一点張り。ヤクザも警察官僚の親も自分たちには関係ないと、説得にやって来た三ヶ島翔(北村一輝)を一蹴する。また、亮にも足抜けの意思が全くない様子。佐野(勝地涼)がカタギの再就職先を紹介しようとしても、デザイナー採用でなければ転職しないと言う。そんな中、風見の自宅に脅迫電話が!徹はヤクザ(宇梶剛士)からある取引を提案されるのだが……。

第3話ゲスト
渡辺大樹(わたなべ だいき):宇梶剛士
風見 徹(かざみ とおる):小木茂光
内島英俊(うちしま ひでとし):石井愃一
角田 満(かくた みつる):菅原卓磨
村崎 亮(むらさき りょう):弓削智久
風見 愛(かざみ あい):

第2話
永光麦秋(大島優子)が離脱のサポートをする、元・倉持一家の親分・倉持省吾(でんでん)は、苦労の甲斐ありビジネスホテルへの就職が決まったが、その矢先ホテルはヤクザから嫌がらせを受けるようになる。一方、倉持の小指再生手術を施した有留医院には数日前から嫌がらせの電話があり、ついには抗議集会が開かれるほどに。麦秋と三ヶ島翔(北村一輝)が駆けつけると、近隣住民が詰め寄り、シュプレヒコールがあがっていた。医師・有留章子(山口紗弥加)が過去に暴力団の指詰めに協力したことに対する抗議活動だと言う。しかし、麦秋は先導者が元倉持組の構成員だと見破る。実はどちらの嫌がらせも関東貴船組の指し金によるもの。貴船組の組長・橘勲(遠藤憲一)は倉持が足抜けすることに怒り心頭で、カタギになることを決して許さない。その後もホテルへの嫌がらせ行為は続き、クビになった倉持は行方をくらませた。翔は、家出した倉持の妻・幸子(三浦理恵子)の説得に向かうなど何かと世話を焼こうとするが、麦秋はむしろ不穏な動きを見せる。そして倉持を追い込む貴船組は、新たな手段に出る……。

第1話
永光麦秋(大島優子)は、警視庁組織犯罪対策部(=マル暴)第三課に設置された暴力団離脱者相談電話、通称「足抜けコール」担当の警察官。「足抜けコール」に連絡を寄せてきた暴力団離脱希望者の離脱を妨害しようとする人物から、二度と妨害することがないようにと「一筆、頂戴致します!」と念書(離脱承諾書)をとるのが主な仕事で、離脱後は職業の斡旋なども担当する。だが、本来「足抜けコール」の仕事は、離脱希望者から足抜けの事情を電話で聞き、意思確認するまで。それ以降は、「暴追センター」の暴追アドバイザー・佐野直道(勝地涼)の仕事だ。ところが麦秋は、佐野の仕事を奪い暴力団に乗り込み、いつも マル暴を困らせている。そんな麦秋のいる「足抜けコール」に三ヶ島翔(北村一輝)が異動して来た。元マル暴担当の刑事で強面の翔だが、実は性善説者。そのためヤクザや離脱相談者を徹底的に「クズ」扱いする麦秋とはいざこざが絶えない。ある日、「足抜けコール」に新たな離脱希望者からの電話が入る。その人物は、指定暴力団「関東貴船組」の二次団体の親分で、関東貴船組の十五代目組長・橘勲(遠藤憲一)には詫びを入れたと言うのだが……。

麦秋は、保護対象者が脅しにかけられても、その脅しをかけてきた人間に自分の身ひとつで立ち向かい、それがどんな巨大な敵だろうが情け容赦なく叩きのめす。そんな“足抜けコール”を描いた警察ドラマであり、麦秋の葛藤と成長、周囲の人間模様を描いた人情ドラマです。
木曜ドラマ劇場『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』 | TBSテレビ

▼ヤメゴク写真館

第1話ゲストキャスト
倉持 省吾(くらもち しょうご):でんでん
鈴木 武雄(すずき たけお):赤星昇一郎
倉持 幸子(くらもち さちこ):三浦理恵子
倉持 香音(くらもち かのん):柴田杏花
吉松 孝(よしまつ たかし):藤田秀世
金繁 勇(かねしげ ゆう):市 オオミヤ
看護師 :氏家 恵
水原公樹役 岡田浩暉

堤幸彦さんの代表的な刑事ドラマ作品&コメント

堤 幸彦
つつみ ゆきひこ
生年月日1955年11月3日
出生地三重県四日市市
職業演出家 映画監督

「今回大島さんが演じる麦秋は怖い人です。すごく怖い人。本来、大島さんはとても勘がいい方なのですが、今回はその勘のよさを封印して、本音のわからないお芝居をして欲しいと思っています」
大島優子、ヤクザ“足抜け”担当刑事に初主演ドラマで堤幸彦氏とタッグ | ORICON STYLE

ケイゾク TBS 1999年〜
“ケイゾク”と呼ばれる、迷宮入りした事件を担当する警視庁捜査一課弐係(架空の部署)に配属された、東大卒のキャリア警察官僚・柴田純と、元公安の叩き上げ刑事・真山徹が難事件を解決していくミステリードラマ。シリーズ前半は持ち込まれる事件を解決する刑事物として、小ネタを散りばめたコメディー要素の強い一話完結のスタイルを採りつつ、シリーズ後半に向けての伏線を少しずつ描いてゆく。
SPEC TBS 2010年〜

SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜

捜査一課が手に負えない特殊な事件を捜査するために警視庁公安部が設立した未詳事件特別対策係、通称“未詳(ミショウ)”に配属されたIQ201の天才であり、変人の当麻紗綾と、警視庁特殊部隊 (SIT) 出身で叩き上げの瀬文焚流の2人の捜査官が、常人にはない特殊能力(SPEC)を持った犯人と対決する姿を描く
http://www.tbs.co.jp/spec2010/

櫻井武晴さんの代表的な刑事ドラマ作品&コメント

櫻井武晴
さくらい たけはる
1970年
脚本家、プロデューサー
東京都出身

バクちゃんのイメージは色で言うと真っ青で冷酷です。表情豊かな役ではないので、ひとつの表情でいろいろな感情をださなければならない。能面を見ていても、能面は能面だけど、あれで怒りや悲しみを表していて・・・。そういうお芝居が求められるのでは?と思っていますが、堤監督と大島さんがどのように作り上げてくれるのか、楽しみにしています。
木曜ドラマ劇場『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』 | TBSテレビ

相棒 テレビ朝日 2000年〜
基本的に1話完結型のストーリー構成で、超人的な推理力・洞察力を持つ右京が相棒や、米沢守や、角田六郎等の協力者と協力しながら、難事件の捜査を展開し、謎を解き明かしていくミステリドラマを軸とする。併せて相棒や彼らを取り巻く刑事達との人間模様、警察組織との摩擦、社会的な問題、それらに複雑に絡み合う官僚・政治家の陰謀などが併せて展開されている。
http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/
科捜研の女 テレビ朝日 1999年〜
京都府警科学捜査研究所を舞台に、DNA鑑定・画像解析等を駆使し犯罪を解明する法医研究員・榊マリコの活躍を描くドラマ。アメリカの『CSI:科学捜査班』シリーズより開始は1年早い
http://www.tv-asahi.co.jp/kasouken/
ATARU TBS 2012年〜
サヴァン症候群で特殊な能力を秘めた正体不明の青年・アタルが、事件現場で警察が見つけられなかった証拠に気づいて解決の糸口となるキーワードを発し、彼を取り巻く刑事たちがその言葉をヒントに事件の真相を追及していく姿を描いたミステリー作品。1話完結のストーリーで、アタルの素性も徐々に明かしていく構成となる
http://www.tbs.co.jp/ATARU/
現在放送中の銭の戦争
でもヒロインを好演紺野未央役
派遣で受付の仕事をしているが、契約が更新されない不安を抱えている。受付の同僚・桃子とは何でも話せる仲。父親の洋と二人暮らしをしている。ひょんなことから主人公の白石と知り合い次第に惹かれていく

大島優子のコメント

ヤクザの足抜け(脱会)を手助けする、警視庁の「足抜けコール」係。そこで働くのは、謎多き女警察官・永光麦秋(大島優子)。ヤクザの更生をサポートすることになった麦秋だが、なぜかヤクザを目の敵にし、周囲の人間を巻き込んでいく……。
木曜ドラマ劇場『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』 | TBSテレビ

「“いよいよ来たか”と思いました。今は自信がないけれど、自分のお尻を叩いて、自信を持って撮影に臨めるように準備します」
大島優子、念願の連ドラ初主演「“いよいよ来たか”と思いました」 (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

「堤監督の作るキャラクターはかなり個性的なので、現場で話し合いながら、皆さんにインパクトを残せるキャラクターを考えていきたいと思っています」
大島優子、ヤクザ“足抜け”担当刑事に初主演ドラマで堤幸彦氏とタッグ | ORICON STYLE

連続ドラマ初主演の大島優子×刑事ドラマスペシャリスト集結

スタッフ
演出:
堤 幸彦
加藤 新
坪井敏雄
白石達也脚本:櫻井武晴

プロデュース:
植田博樹 伊藤雄介 楠千亜紀

製作著作:
TBS

期待の声

大島優子主演
TBS木9『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』嬉しい報告ってこれだったのねーー❤︎
優ちゃんおめでとう(((o(*゚▽゚*)o)) pic.twitter.com/ls3ymw8CUF

ヤメゴク楽しみ

345love@yubiosi

大島優子主演『ヤメゴク』4月~TBS系列 木曜日夜9時

今から楽しみや(*^o^*)

DIO@yppi_you

ヤメゴクの相手役誰もってくるんだろ。あつろー(ケイゾク)阿部ちゃん(トリック)加瀬君(SPEC)て流れ見てるとわくわくが止まりませーん!!

■kirika■くん@kirika519

大島優子主演、堤幸彦監督
TBS、4月スタート、木曜夜9時放送
「ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜」
画像は転載させて頂きました
連ドラ初主演大島優子×刑事ドラマスペシャリスト!4月新ドラマ「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」 – NAVER まとめ matome.naver.jp/odai/214241368…

ぴかはん(-∀-`)@seiyuandyuuko

ヤメゴクのバディ、北村一輝さんという噂が立ってる(*´ー`*)本当だったら良いなぁ( *ˊᵕˋ )

m.@ihcamak

これはまーた優子さんとまゆゆが視聴率うんぬんで比べられそうで参るな〜

けどヤメゴクの方が面白そうw

3日にはスジナシと銭の戦争あるし(*´艸`)

4日にはヤングエースでヤメゴク連載開始だからチェックしなきゃだし(*´艸`)

5日には「美しき罠(だっけ?)」の最後にヤメゴクの予告流れるからチェックして(*´艸`)

ふふ(*´艸`)幸せ(*´艸`)

まさき@love12365890

やばい!
大島優子と握手しちゃった!!
ヤメゴクの撮影らしい!

彩葉@1129_xxxxx

駅近くのビジホ前でヤメゴクの撮影してる
堤監督と植田Pをまさか木更津で拝見できるとは思わなくてくっそびびった
一言SPECについてお話したかったなあ
あっそういえばAKBとか居たらしいけど詳しくはしらない

▼おまけ写真

永光麦秋役 大島優子

警視庁組織犯罪対策部「暴力団離脱者相談電話」(足抜けコール)の刑事

おおしま ゆうこ
生年月日1988年10月17日
出生地栃木県下都賀郡壬生町
身長152 cm
血液型B型
元子役
元AKB48メンバー
事務所太田プロダクション

永光 遥:本田 翼
麦秋の妹
永光由美子:名取裕子
麦秋の母
1 2