死んだらどうなる? 死後の世界ってあるの? 死後の世界って無いの?についてまとめました。

ilfkazu
死んだらどうなる? 死後の世界ってあるの? 死後の世界って無いの?についてまとめました。

死んだらどうなる? 死後の世界ってあるの? 死後の世界って無いの?についてまとめました。

BAZOOKA!!! #110
心肺停止からの生還!死後の世界を徹底解説
木内鶴彦

BAZ LIVE 奇妙礼太郎

http://www.youtube.com/watch?v=1llcFT0oNMs
脳神経外科の世界的権威であるエベン・アレグザンダー医師は言います。

「死後の世界は必ず存在する。
私は死後の世界を知ることで、今を生きる意味をより理解できた」
と。

なぜ人は生きるのか、それを知るためには、なぜ人は死ぬのか、そして人は死んだらどう­なるのか、これを知る必要があります。

この動画は40分と長いですが、しかし人生をより素晴らしい方向へと方向転換するため­には、けっして短い時間ではないはずです。

ぜひとも”死後の世界が100%存在している”という真実を知り­、そして生きる意味をより深く理解してください。

人間や生き物が死んだ後にどうなるかは未だに良く分かっていませんが、最近は死後の世界を認める学者や専門家が増えて来ています。脳神経外科の世界的権威であるエベン・アレクサンダー医師もその一人で、かつては死後の世界を真っ向から否定している学者でした。
しかしながら、多くの患者たちから「臨死体験」の話を聞き、自身もそのような体験をしたことから考えを入れ替えて、今では死後の世界を科学的に証明する方法を模索しています。

エベン医師の話で非常に興味深い点は、脳の大部分が機能停止状態になっていることが観測されていたのにも関わらず、死後の世界を見たという点です。今までの科学では臨死体験の事を「脳の幻覚」として扱っていました。脳が幻覚を見るためには脳が動いていることが前提条件なのですが、エベン医師が臨死体験をした時に彼の脳は止まっていたのです。

そして、更に驚くべきことに、彼は今まで一度も会ったこと無い人間に臨死体験で出会っています。これは実際にその証言や資料が公開されていますが、従来の科学を覆すような内容だと言えるでしょう。

また、死後の世界を認めている専門家は彼以外にも大勢います。日本では東大病院集中治療部部長の矢作直樹医師が「肉体は滅んでも魂は永遠に続く」と述べ、欧州でも数兆円の資金を費やしたLHCで実験をしているリサ・ランドール博士が「私達が住んでいる場所とは別の異次元が存在している」と断言。

このように、徐々にですが、科学的な方面から「あの世」の存在が証明されようとしているのです。ただ、あの世の存在を認識した学者の中には「向こうの世界からエネルギーを引っこ抜けないか?」というような事を話している方もおり、あの世の証明が必ずしも世界の安定に繋がるとは言えません。逆に別の問題に繋がる恐れもあるため、あの世はあの世で無理に探る必要はないと私は思っています。

こんな体験をするらしい。

1.光を見る

2.自分の体を見る(幽体離脱)

3.守護天使に導かれる

4.母親が訪ねてきてくれる

5.ご先祖様と出会う

6.走馬灯が回る

7.死んだ直後、自分の周りに来る人の顔や声が分かる

8. 幸福に包まれる

9.現実に帰りたくない

人生で、避けては通れないもののひとつに、死がある――私はむしろ、物質界から霊界、つまりアストラル界へ移行するという意味で、「他界する」と表現したい。物質界から霊界への移行は、終焉ではなく、意識が別の状態へと変化することだ。物質的なレベルに制限されず、感情的、精神的な領域へと限りなく広がって考えることができるのだ。いったん肉体から解き放たれ、物質界の欲求に身をやつすこともなくなれば、私たちは新たな習得段階へと高まることができる。

物質界の人生は、サンスクリット語の「マーヤ」という言葉で表すことができる。「マーヤ」とは、幻覚という意味だ。ヒンドゥーの教えでは、真実とは不滅であり永久のものであるとされている。変化するもの、朽ちやすいもの、始まりと終わりがあるものはすべて、「マーヤ」であると考えられているのだ。この考えにしたがえば、この世の生命はどれも一時的なものなので、それは真実ではないということになる。それは「マーヤ」なのだ。(中略)
物質界の人生こそが存在の唯一のかたちだという考えは、幻覚だ。そして、物質界の人生が終わりを迎えるとともに私たちは死ぬ、という考えこそは、まさに極めつけの幻覚なのだ。

喜びに満ちた死後の世界が約束されているとは言え、ほとんどの人間はこの世から霊界への旅路に恐怖感を抱いている。この世の友人や親族と別れるということ、あるいは人生の喜びを失うということを考えると、たまらなくなるのである。でも、どうか安心してほしい。この世から霊界へとひとりぼっちで移行する人間はいない。
あなたの霊魂が肉体を離れ始める瞬間、境界線を越えるあなたを助けようと、陰から手を差し伸べているだれかの姿が目に入るはずだ。先にこの世を去った、あなたの愛する人の姿がはっきり見えるはずなのだ。ごくまれではあるが、親しい人がまだだれも他界していない場合は、移行の手伝いをするよう訓練された霊のヘルパーが、あなたのところへきてくれることになるだろう。
私は、他界を間近に控えた人々とともに過ごした経験を数多く持っている。彼らが、すでにこの世を去った人たちの姿が見えると話してくれたとき、その人の他界が近いことを知る。ときとして彼らは、母親、祖母、そのほかの愛する人たちと、長いあいだ話し合うこともあるのだ。
メタフィジカルな(形而上学的)世界にあまりなじみがない人は、それは病人の薬物反応あるいは幻覚だ、と片付けてしまいがちだ。だが、私は、これがそういったたぐいのものではないと断言できる。霊体が、移行を始めたということなのだ。その患者が目にしているのは、その人を待ち受けている正真正銘の霊魂である。半分はこの世に、もう半分は霊界に入っているその人は、両方の世界に結びつけられた状態になるのだ。魂をひとつこの世に誕生させるときに時間がかかるのと同じように、この世を去るときにも時間がかかるものなのだ。死はすなわち、霊界への誕生なのだから。

【死後の世界は存在するのか?量子力学的にはありえる!】科学を身近に

ロバートランザ

ほとんどの科学者は、死後の概念などナンセンスなもので、どうあっても立証できないと言うかもしれない。しかし、米ノースカロライナ州ウェイク・フォレスト医科大の量子物理学者ロバート・ランザ教授は、量子物理学の世界では理論的には死の世界が存在するという。ランザ教授は、墓を超えて物質をあの世に運ぶ方法を量子物理学的に説明できるというのだ。

ロバートランザ

生命中心主義(意識中心主義)の観点からは、私たちが死だと思っているものは、人間の意識が作り出した幻影だ。私たちの意識が宇宙を作っているが、空間と時間は私たちが考えるようなひとつの連続した状態では存在していない。そうだとすると、死は現実的な感覚では存在しえない。

ロバート・ランザ教授
【死後の世界は存在するのか?量子力学的にはありえる!】科学を身近に☆NewStream – 自然の摂理から環境を考える

生命とは炭素や分子の混合物の活動で、死んだら腐って土に返る。人間としての私たちが死を信じているのは、人間は死ぬものだと教えられているし、もっと厳密に言えば、私たちの意識が生命ある体と結びついていて、その体が死ぬことがわかっているのだ。

死は私たちが考えているような終着点ではないのかもしれない。生命中心主義というものは、生命がすべての中心で、生命が宇宙を作ったのだという考え方だ。人間のこうした意識がこの世界のものの形やサイズを決めている。私たちがまわりの世界を知覚する方法を例にとると、人が青い空を見て、見ているものの色は青だと言われるから、空の色は青だと認識する。

しかし、単に意識の問題なら、それがグリーンや赤である可能性もあるわけだ。私たちの意識が世界をつくり、意識が変われば解釈が変わってしまう可能性もある。意識がなければ、それは存在しえないのだ。

生命中心主義の観点から宇宙を見ると、空間と時間は人間の意識がおしえてくれるものとは違う。つまり今、私たちが認識している空間と時間は、単なる心の手段なのだ。空間と時間が精神構造物であることが受け入れられれば、死や不死の考え方は空間や線上などの境界なく無限に存在することになる。
【死後の世界は存在するのか?量子力学的にはありえる!】科学を身近に☆NewStream – 自然の摂理から環境を考える

二重スリット

ランザ教授は有名な二重スリット実験を行って、自説を解説した。弾丸のように発射した電子を衝立のふたつのスリットの間を通してみる。電子自体は人間の目には見えないが、波のような動きをしていて、両方のスリットを同時に電子が通過している。つまり、物質とエネルギーが波と電子両方の特徴を示し、そのような動きをする電子は人間の知覚や意識によって変わることを示している。

生命は私たちが考えるような一列に並んだ存在ではなく、それを超越したもので、私たちは死んだとき、ビリヤードのボールの動きのようなランダムなマトリックスではなく、避けることのできない生命マトリックスの中に放り込まれるのだとランザは言う。

エネルギー保存則は成り立たないということを証明した佐野教授は、この世界には負のエネルギーが存在すると言っています。
ここで言っている死後の世界?というのは負のエネルギーの世界のことなのかもしれません。
【死後の世界は存在するのか?量子力学的にはありえる!】科学を身近に☆NewStream – 自然の摂理から環境を考える

旬の話題から自然の摂理が学べる!科学を身近に☆NewStreamです。
今週の科学ニュースを紹介します。
死後の世界

なんと、科学者が“死後の世界の存在を量子力学的に説明できる”というなんとも信じがたいニュースです。
ですが、常識とされていた エネルギー保存則等が成り立たないことに加え、様々な現代科学を覆す内容が発見された現在、このような、いわゆるトンデモと言われていた世界に意外と真実があるのかもしれません。

以下、死後の世界は存在するのか?量子力学的にはありえる(米科学者)
【死後の世界は存在するのか?量子力学的にはありえる!】科学を身近に☆NewStream – 自然の摂理から環境を考える

地獄とは

死とは何か、死んだ後はどうなっていくのか……を知ることは、とてつもなく意義のあることだ。

私は、明けても暮れても「死」と「死後の世界」について、研究した。東西の霊界についての著述、天国・地獄に関すること、そして近似死についての医学的文献などを読み進むにつれ、その研究の過程でぶつかったのは、「この世」と「あの世」との因果関係であった。人が地獄に堕ちるというのは、どういうことなのか。極楽に行くとは、どういうことなのか。いわゆる「閻魔の裁き」というのがあるかどうか、という疑問である。

しかし、仏典にもしぱしぱ説かれているように「因果応報」、地獄とは本人の心のなせる業(わざ)であり、その結果であるという、このことは肝に銘じておくべきだろう。

大科学者であるスウェーデンボルグは、善霊は同じ種の善霊の住んでいる霊界へ行きたがり、悪霊も同じような仲間の住んでいる地獄界へ行きたがるという。彼の霊界についての詳細な記述は、彼自身が「霊界に入って見聞し、あるいは霊たちと交わって知った知識を基にしている」と公言しているだけあって、圧倒的な迫力で読む者の心に突きささってくる。

結論から言えば、人間は死後、自分自身の「この世」の所業の品格によって、自らの道を決定するということがわかったのである。すなわち閻魔=裁判官は、自分自身の心の中にいると言えるのだ。

となると、この世で、自分の欲望を果たそうとする快楽主義・利己主義は、じつは無意味なことになる。いや、無意味どころか、悪魔のささやきにもなりうる。この世の所業については、すべて自分の責任において、あの世で謝罪をせねぱならないからである。

ところで、仏教の地獄思想の根本には「自業自得」の考えがある。私たちも日常、この言葉をよく使っている。「罪の報い」とは、けっして時代遅れの考え方ではなく、これは霊界における永遠の規範なのである。しかも「身・口・意の三業」という考え方をすれば、心のなかで思ったことも罪となり、地獄に堕ちる原因になる。となると、両眼をえぐられたり、全身を虫に食い荒されるという地獄での刑罰も、けっして他人事ではなくなる。そのように認識したとき、はじめて『往生要集』などで描かれる「地獄」の恐ろしさが身に迫ってくるのではないだろうか。

自分さえよければ人はどうでもいいという主義で生活してきた者は、あの世に行ってからは、それなりの待遇しか受けられない。はっきり言えば、地獄へ行くのである。いったい、悪因の積み重ねの報いとして、自ら選んで堕ちていく地獄とは、どのような所なのだろうか。

【閲覧注意】 もうすぐ死ぬ人に見えるもの

http://www.youtube.com/watch?v=SMXiQ_x-JiI

故人が迎えに来た・・・・・黒い人が枕元に立っていた・・・
【死】の直前、人は何を見ているんでしょうか?
そんな、【死】の予兆話を集めてみました・・・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=CZWg5vFZKbY
人やペットが死ぬ前に
まるで死期がわかっているんじゃないかと
いうような行動をとることってありませんか?
そんな、話をまとめてみました。

地獄の様相

地獄界は特殊な霊界で、他(浮霊界や天界層など)とは大いに様相を異にする。思い浮かぶイメージは地獄絵図のようなもの、つまり〃針の山〃とか〃血の池〃だろう。私はずっと、そういうものはナンセンスだと思っていたのだが、霊界を研究するにつれて、どうやら見方によっては類似したものがあるという気がしてくるようになった。

西欧における地獄の概念の代表例は、ダンテが『神曲、地獄篇』のなかで記述したものと言われている。ダンテは14世紀の人物だが、その書の文学的価値は高く、かのゲーテは「人類の創った詩歌のなかで最高のものだ」とまで称賛している。

『神曲』によると、地獄は第一獄から第九獄まであり、人の犯した罪によって堕ちる地獄が定まるという。

その第二獄は、性欲に負けて淫乱な生活に明け暮れた者が堕ちるところで、古くはクレオパトラ、カサノバ、ドン・ジョバンニなどの姿が見られる。第三獄は、人びとが飢えに苦しんでいるときに美食、飽食を楽しんだ者が堕ちる。ローマの貴族たちの姿が見られる。また第八獄は、詐欺を働いた者や、妖術使い、汚職をした官吏などが堕ちる地獄である。

もっとも、彼の描いた地獄は、彼の知るヨーロッパの世界に酷似している。そこには、ギリシャ神話に出てくる怪獣、鳥の姿をした魔王ベルゼブルをはじめ、地獄の河の渡守カロン、半人半獣のケンタウロスなども出現する。このことから現代人は作り物じみているように考えるかもしれないが、おそらくダンテは当時の西欧人にとって馴染みのあるイメージを借りたのだろう。そこに登場する歴史上の人物も、誰もがその所業を知っている有名人によって、地獄を理解しやすいように配慮したものと思われる。

しかし私は、この『地獄篇』を文学としてよりは、むしろその時代の「無名のスウェーデンボルグたち」が見た地獄を代弁したレポートとして読んでいる。それは、まったく文化も世界観も異にする日本人の「地獄の思想」の原典ともいえる『往生要集』の描くところと、とてもよく似ているからである。

重箱パペット@5392tabete

槿「死後の世界なんてあるはずないだろ。そんなものがあるんだったら、あいつらが先に行って賑わってる場所なんか行きたくない。俺は永遠に死にたくないって我儘を言わなくちゃいけなくなる」
足利も織田も豊臣も徳川もみなどうでもよくて自分の愛した主君だけを思って死後の世界を生きている薬研 だと へし薬かもしれん

(((ちょっと怖い話)))@ZottosuruHanasi

「なぁ、好きな子いる?」「ああ、いるよ」「へえ、誰?」「K子」「あの子、殺されたじゃないか」「ああ、いっちゃったからな」「──どこに? まさか死後の世界にか?」「お前、さっきから何の話をしてるんだ? いったんだよ。だから」

あんでぃ・はんす@soprano_natsumi

と、録画のポニョを見ながらワーグナーオペラのバランスの良さを思う。死後の世界だから後半ぼんやりなのかもしれないけど、出だしあんなに可愛くテンポよくダイナミックだからこそ途中で飽きちゃう(._.)劇場に3回、テレビで今二回目見たから解釈のせいじゃなさそう。
『崖の上のポニョ』は死後の世界を描いた話ということ

小さな魚の子…

ポニョには不思議な力があり
死後の世界へ人を連れていく能力を
持っているという。

この世界の食べ物ついて
ポニョが食べると眠くなり

魔力が低下する… pic.twitter.com/sGs7nUUJpr

【中国おもしろニュース⑬】自殺志願者?臨死体験ができるアトラクション登場 wp.me/p5rhDI-xz
02/17/15 16:18:16
【中国おもしろニュース⑬】自殺志願者?臨死体験ができるアトラクション登場 wp.me/p5rhDI-xz
02/17/15 15:47:58
@forz_yumin 死後の世界ってどんなん?

Semasakihiroshi@rasakihiroshi

死後の世界は存在するという人は、死んだことあるのか?一度、死んだようになって、生還したというのは、死んだことにはならないです!寝るとき一度、電気つけっぱなしてで寝てみろ!気分次第では光に包まれた世界を夢見るぞ。ましてや生死の世界をさ迷えば当たり前の話。これをすぐ奇跡と前提する浅さ
死後の世界だからだろうか、この世界では俺のような不死の人間でなくとも生き返ることができるようだ。
だからそれを利用して導き手に反撃の狼煙を使わされ続けているレオンに心底同情するよ…
死ねば楽になる?ククク…!なら教えてやんよ。死後の世界、目の前が真っ暗。何も見えない、誰もいない、ひとりぼっちとかとかとか。それでも死にたいっつーのかァ⁉︎あァ!?

幻想入り木原bot

みゆ@miyu_btsn

@ceo65yh 死後の世界はどんなんなんやろうか…

ろむ@fromronrom

キャラコメンタリぃ〜〜(裏声)
しか聞いたことがなかった
なに、死後の世界とかなのかな?うん
「そうか。君はもう、俺の知ってるセルティじゃないんだね」臨也は、薄く微笑んだ後――あれほど望んでいた、『人間の魂』や『死後の世界』について聞く事をせず、ただ、突き放すように言葉を紡ぐ。「俺もね、今は君なんかに構ってる場合じゃないんだ」<12巻九章・折原臨也>
ひょっこりひょうたん島は死後の世界

藤和エリオ@ErioTouwa_

「人間の魂の波動の行き先を観測し、彷徨っていたそれの行き場として死後の世界を仮作成。そして人間が来世という物を与えられた際にどんな反応を見せるか、そして地球に繁殖する他生物との、生命に関する思慮の違いを測ったりもしたと話に聞いた」
https://matome.naver.jp/odai/2142406404137968501
2015年04月29日