サイフを忘れて無銭飲食をした客に『吉野家』が神対応

アイロー
なんとも寛大な店員の言葉。

サイフを忘れた状態で『吉野家』に入り、牛丼の並盛りを食べた出版社勤務の 横山さん(40代男性)。

会計のときになり、サイフを忘れてきたことにはじめて気がついたという。
ポケットやバッグを探しても、小銭すら入っていない。1円すら払えない状況であり、完全に無銭飲食。

そこで横山さんは「すいません。サイフを忘れたようです。名前と住所と電話番号をお伝えしますので、 これからお金を取りに戻ってもいいですか?」と店員に伝えた。すると店員はこう返答してきた。

「お名前や住所などはお気になさらず、あとで持ってきていただければ、それで大丈夫です」。

なんとも寛大な店員の言葉。しかし本当にいいのか? 不安になり、「申し訳ないので、名前くらい書きますよ」と 店員に話す横山さん。すると店員は、

「お客さまとの信頼関係があますので大丈夫ですよ」

と言ってきたという。もし横山さんが 悪意のある人だったら、そのまま無銭飲食で食い逃げをするかもしれない。
つまり、そのリスクを受け入れての『吉野家』の判断なのだろう。

・人の温かみを感じる一件

今回のような客に対する対応こそが、何十年も続く『吉野家』の人気につながっているのかもしれない。 かたくなに食券機を導入せず、人力で会計を続けている『吉野家』に、人の温かみを感じる一件であった。

https://matome.naver.jp/odai/2142315385761875401
2015年02月06日