節分の由来と献立

yuuki0131

節分とは?


https://matome.naver.jp/odai/2142285039760718001/2142287614692565003

節分とは、「季節を分ける」ことを意味し、本来は立春、立夏、立秋、立冬の前日のことをいいます。
しかし旧暦では立春が年の始まりにあたることから、いつのころからか節分といえば、立春の前日をさすようになりました。立春を新年と考えれば、節分は大晦日。特別な意味を持つようになったと思われます。
節分は大晦日にあたることから、節分の日に邪気を祓い、新年を幸多き年として迎えられるようにという意味を込めて「追儺(ついな)」の行事が行われます。
追儺とは悪鬼・疫癘(えきれい)を追い払う儀式のことで、新年を迎える行事として中国で行われていたものが、文武天皇の頃に日本に伝わり、宮中行事として行われるようになったそうです。
それが次第に庶民にも伝わり、節分行事が行われるようになりました。
節分とは 厄除け!厄除け!厄払い

豆まきのはなぜ大豆なのか?


https://matome.naver.jp/odai/2142285039760718001/2142293524941488403

大豆は五穀のひとつで穀霊が宿るとされており、米に次いで神事に用いられてきました。米よりも粒が大きく、穀霊で悪霊を祓うのに最適であることや、魔の目(魔目=まめ)に豆をぶつけて魔を滅する(魔滅=まめ)にも通じます。また、昔々、京都鞍馬山に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけて退治したという話もあります。

ただし、豆まきに用いられる豆は炒り豆でなくてはいけません。これは、生の豆を使って拾い忘れたものから芽が出てしまうと縁起が悪いとされているからで、「炒る」が「射る」にも通じます。つまり、「魔目」を「射る」ことで「魔滅」となるわけです。大概、節分用に市販されている大豆は炒ってありますが、一応ご注意ください。
節分の豆まきの由来と作法 [暮らしの歳時記] All About

恵方巻きの具材には何を入れればいいの?

恵方巻きの具材は7種類、といわれています。
これは七福神にちなんだ数字で、「福を巻き込む」という意味が
込められています。

具体的にこの具材を入れないといけない、と決まっているわけではなく、

・ウナギかアナゴ
・伊達巻
・きゅうり
・しいたけ甘煮
・かんぴょう

がよく恵方巻きの具材に使われています。

スーパーで恵方巻きとして売られている太巻きの中には、
7種類の具材にこだわらず、海鮮巻きやサラダ巻きなんかも
見かけますね。

お子さんがいるご家庭で恵方巻きを作られる場合は、
ツナやウインナーなどお子さんの好きな具材を入れてあげると
喜んで食べてくれるのではないでしょうか。
恵方巻きに合うおかずは?節分の日の献立メニュー これはどう? | ゆる〜り主婦の便利ノート


https://matome.naver.jp/odai/2142285039760718001/2142290479411595903
https://matome.naver.jp/odai/2142285039760718001
2015年02月03日