免許を持たないF1登場!!その歳はなんと17歳!?

カシオペア37
F1で面白い記事が!あったんでまとめました!

3月13日からF1が始まりますね!自分もモータースポーツ好きなのでwkwkしてます(*´ω`*)


https://matome.naver.jp/odai/2142275640571363101/2142275722971925503

さて・・・そんななか史上最年少F1ドライバーの誕生として話題沸騰中の選手がいます!その名前はフェルスタッペン選手です!


https://matome.naver.jp/odai/2142275640571363101/2142275722971924903
かっこいい・・・

そのドライバーの名は、マックス・フェルスタッペン。’90年代半ばから2000年代前半にかけて、ベネトンやアロウズ、ティレルなどでレースをしていたヨス・フェルスタッペンの息子である。

F1の史上最年少記録は、2009年のハンガリーGPでトロ・ロッソからデビューしたハイメ・アルグエルスアリが持つ19歳125日だった。1997年9月30日生まれのオランダ人であるフェルスタッペンは、現在17歳。大幅な記録更新となる。

選手の若年化は、モータースポーツに限った話ではない。テニスや卓球、フィギュアスケートでは、10代前半の選手がシニア顔負けのプレーや技を披露して、大会を盛り上げるケースが日常化している。フェルスタッペンも昨年はFIAヨーロッパフォーミュラ3選手権に参戦して、1年目ながらシリーズ3位の座を確保。非凡な才能を見せていた。

自動車免許はないが、ライセンスは無事取得ができる!それがF1!

ただし、モータースポーツにはほかのスポーツと違う点がひとつある。

自動車を運転するという行為には、ある一定の年齢を超えないと許されないという制限がある。もちろん、一般的に公道で自動車を運転するという行為とモータースポーツでマシンを走らせるという行為は似て非なるもので、競技に参戦するために必要なライセンスを競技団体から取得していれば、無免許の少年でもレースには出場できる。

母国オランダでは18歳にならないと自動車の運転免許が取得できないため、フェルスタッペンはまだ公道では運転できない。だが、FIA(国際自動車連盟)が発行するライセンスを所持してレースを行ない、そこで一定の成績を収めたことで、F1を走らせるために必要なスーパーライセンスを問題なく取得した。運転免許を持たずとも、然るべき段階を踏んで、F1への切符を手にしたのである。

基準変更により、来年以降17歳デビューは不可能に!ということは出場したらその記録は絶対破られない!!

とはいえ、入門クラスのジュニア・フォーミュラやF3あたりのカテゴリーならまだしも、F1ドライバーにもなろうというドライバーが運転免許を持っていないということに対し、F1界の内外から風当たりは強い。

そこで、FIAは昨年12月に行なわれた世界モータースポーツ評議会で、スーパーライセンス発給要件を見直すと発表。

新たに定められた基準には、「有効な運転免許を所持」していることが条件として加えられただけでなく、最低でも18歳以上という年齢制限も設けられた。さらに下位カテゴリーのフォーミュラ・シリーズで、少なくとも2年の経験を求めている(フェルスタッペンの四輪レース経験は、2014年のFIAヨーロッパフォーミュラ3選手権の1年だけだった)。

しかし、この発給要件の適用は2016年からで、今年3月にデビューするフェルスタッペンには当てはまらない。つまり、17歳のF1デビューはこれが最初で最後。FIAが今後スーパーライセンスの発給要件を変更しない限り、フェルスタッペンの史上最年少F1デビュー記録は永遠に破られないこととなる。

しかし批判もある模様


https://matome.naver.jp/odai/2142275640571363101/2142275722971925103

今回のフェルスタッペンのF1デビューを憂いているひとりが、元チャンピオンのジャック・ビルヌーブだ。

「F3などの四輪のレースに運転免許を持たない少年たちが出ることは、なんの問題もない。でもF1は違う。チームの規模も、動いているお金も、ほかのカテゴリーに比べて何倍も大きい。単なるスポーツでなく、巨大なビジネスなんだ。

その中に、まだ社会にも出たことがないような少年が、チームの核とも言えるドライバーとして入るべきじゃない。ドライバーはチームの命運を握っている。飛行機に譬えるなら機長だ。どんなに操縦がうまいからといって、少年に命を預けてはいけない。社会的な責任を負うだけの人格を培って、はじめてF1ドライバーになれるんだから」

そんな批判もあるがフェルスタッペン選手の父のヨス・フェルスタッペン選手は次のようにコメントした


https://matome.naver.jp/odai/2142275640571363101/2142275722971924803
仲よさそう!!

そんな批判にも、父親のヨスは冷静だ。

「私たちがF1を走っていた時代といまとでは明らかに違う。例えば、いまはシミュレーターなどの最先端技術があるから、経験がなくても才能を磨くことが可能だ。チームスタッフも増えて、ドライバーの責任はかなり軽減された。そして何より重要なのは、単純に生きた年齢ではなく、どのような生き方をしてきたかだ。マックスはまだ17歳になったばかりだが、22歳でF1にデビューしたあのころの私よりずっと賢い」

どちらの意見が正しいのか。その答えを出すのはフェルスタッペン自身である。

「僕の年齢に対して、意見を言うのは自由。でも、僕はF1でやって行けるだけの努力は積んできたし、その実力があると信じている。だから、もしコース上で前にマシンがあれば、それがアロンソだとしても抜くだけさ」

まあ自分としては歳関係なく熱いバトルを展開してくれるとうれしいですね^^F1に新しい風を吹かせるチャンスでもあるんでね!それでは!!

https://matome.naver.jp/odai/2142275640571363101
2015年02月01日