デヴィ夫人が暴露、ASKAと飯島愛の麻薬性交ビデオ

ryo0702
シャブ(覚せい剤)を使用していたとして逮捕された、歌手のASKAと元AV女優でタレントの飯島愛の「麻薬性交ビデオ」をめぐり、只ならぬ、黒い噂がデヴィ夫人から流出。

ASKA容疑者がシャブ漬けになった原因は一本の動画だった

90年代に最もCDを売りながら、一転して奈落の底へ叩き落とされたASKA(58)。覚せい剤使用容疑は今も厳しい取り調べが続いているが、同時に“薬物セックス”まで取りざたされて…
デヴィ夫人が知っていたASKAと飯島愛の関係 – エキサイトニュース(1/2)

〈彼女は、何と申しましょうか、“遊び”が過ぎて、知らずでか、わからずでか、とんでもない事をしていた様です〉

デヴィ夫人の訃報の翌日、飯島愛について。

どの様な人達とお付き合いがあったのか皆目わかりませんが、映像や写真を撮られ、所持していた人達にゆすられ、恐喝され、つきまとわれ、公表の恐怖にさらされながら、生きた心地もなく、暮らしていた様です

飯島愛が誰かに脅されていた可能性があるという内容だ。

ASKA転落のきっかけは飯島愛変死と『麻薬性交ビデオ』騒動

ASKAは、飯島が亡くなる数カ月前に彼女のマンションでMDMA(合成麻薬)を使って飯島とセックスをし、その様子をビデオに撮られていた。飯島が亡くなったことでビデオの流出を怖れ、そこから重度の薬物依存が始まったというものだ。

表に出てはいけない映像…ASKAはそれを心配してシャブにのめり込んでいった。

「愛ちゃんからASKAさんと特別な関係にあったという話は聞いていません。ただ、愛ちゃんが亡くなった直後、昔はヤクザ組織にいた男性と食事する機会があったんですよ」
その男は飯島とも親しかった。そして、必死の形相で「クスリを売ってくれない?」と頼まれたというのだ。

引退後、飯島はクスリをはじめていたのか…。

愛ちゃんが芸能界を辞めた直後でした。その男もカタギになっているから『俺はクスリは売れないし、そんなことはやめなよ』って注意したそうです。最初は彼の話を信じられなかったけど、でも、彼がわざわざウソをつく理由もない。もし薬物に手を出していたとしたら何のために‥‥

また飯島の運転手を務めた人物を、没後にASKAが雇ったという別報道もある。

ASKAに関する記事

芸能界のタブー

https://matome.naver.jp/odai/2142275459669466701
2015年02月01日