ちゃんと寝たのに寝不足?!眠りの質を上げる方法!!

ohitorisama

まずは寝室の環境を整える!

・寝室の色彩を落ち着いた青系にする

赤は興奮、青は鎮静、色が私たちの感情に与える影響を上手に取り入れましょう。
深い寒色系の配色は、あなたの心身を穏やかにして、心値よい眠りへと誘ってくれます。
・寝る時には照明を落とす

私たちの眼球は、脳と直結しています。明るい光を浴びれば目が冴えるのは当たり前、眠る時には、照明を落として、脳を落ち着かせてあげましょう。
・自分の身体にあった枕を使う

高すぎる枕や、低すぎる枕、なんだか寝心地の悪い枕は、身体に負担が掛かります。眠りを妨げる原因にもなりますから、自分の身体にあった枕を使いましょう。
・枕カバーや布団カバーを定期的に洗濯し、心地よい環境を作っておく

ごわごわした固いシーツや、嫌な匂いのかけ布団、ざらざら気持ち悪い枕では、心地よい眠りなんて得られる訳がありません。しっかりと心地よく眠れる環境を作っておきましょう。
眠る・起きる・であなたが変わる、最高の眠りと目覚めを手に入れる方法 – ザ・チェンジ

睡眠前の準備!

波の音など自然な音を聞くといい!

・ゆっくりとお風呂に入る

シャワーではなく、湯船にしっかりとつかる事で血行の促進され、眠りの質が上がります。身体もほぐれているので、睡眠時の身体回復力のアップにも効果的です。
・眠る前のストレッチ

お風呂同様に、就寝前の軽いストレッチは血行を促進し、リンパの流れも改善します。それによって、 眠りの質が上がり、睡眠時の身体回復力のアップが見込めます。
・寝る前3時間以内の食事をやめる

食べてから消化するまでには(胃を通過するまでには)およそ2〜3時間かかります。就寝絵前の飲食は胃もたれの源であるだけでなく、睡眠中に無駄なエネルギーを消費して、睡眠の質が落ちるので注意しましょう。
・寝る30分前になったらPC、携帯、TVは消す

光は脳を活性化させるので眠りが浅くなります、つまり寝付きにくくなり、不眠症の原因にもなるので、寝る30分前にはパソコン、携帯、TVの電源は切っておきましょう。
眠る・起きる・であなたが変わる、最高の眠りと目覚めを手に入れる方法 – ザ・チェンジ

ベットに入る前にすこしベットの中を暖めておくとよりよい睡眠を手に入れられる!

ちゃんとした睡眠がとれればいいことたくさん!!

■記憶力アップ・・・脳は覚えたことや出来事の記憶を睡眠中に整理していきます。
■免疫力が高くなる・・・脳や体を休ませることで、疲労が回復するのはもちろん、眠っている間に分泌されるホルモンが活発になり、免疫力も高まります。
■太りにくい・・・睡眠が足りていると、食欲を司るホルモンと食欲を促すホルモンのバランスが取れていきます。
■肌がきれい・・・睡眠中に多く分泌される成長ホルモンの活動が高くなる為、ターンオーバーや細胞の活動が活性されます。
■ストレスの軽減・・・眠っている間に、脳は感情を整理することも行います。眠ることによって物事を客観的に見ることができ、冷静に戻ることができます。
上質な睡眠をとりましょう-適度な睡眠のメリット(Ma Cherie ~マシェリ~ 栄本店)|ispot

https://matome.naver.jp/odai/2142249130718835501
2015年01月29日