赤ちゃんへの紫外線の影響と対策

pkk
赤ちゃんと外出するときに紫外線の影響を気にしたことってありますか?赤ちゃんのように薄い皮膚にとってはすくなからず、紫外線の影響は受けるものなのです。大事な赤ちゃんのために紫外線対策を考えてみてください。

赤ちゃんにとっての紫外線の影響について

気候の良い時期に赤ちゃんとお出かけするときに、紫外線の影響を考えたことがありますか?
少し前までは日光浴が体にとても良いこと!とされていたのですが最近になって赤ちゃんへの紫外線の栄養が懸念されるようになりました。だからこそきちんとした対策が必要なのです。

ママが暑いと赤ちゃんも暑いのです
紫外線対策というのは赤ちゃんとママとで一緒に行うものなのです。

赤ちゃんの皮膚を強くするため、免疫を上げるためなどと紫外線対策などを気にせずに赤ちゃん連れのお出かけを楽しんでいる人も多いと思いますが、実は紫外線というのは赤ちゃんにも影響を及ぼすのですね。しっかりと紫外線対策をしておくのもママの役割なのです。

子供のころ、特に若いうち(10歳よりも5歳、5歳よりも1歳という意味)に紫外線を浴びた量が多いほど、大人になって皮膚癌を発症する確率が高くなり、皮膚ガンを発症する年齢も若くなる事が分かっています。
子供、赤ちゃんの紫外線対策

成長してからの紫外線の影響を考えるとやはり赤ちゃんのころからの対策がどれだけ必要なのかということが分かりますよね。

今は、赤ちゃんも大人もUVケア(日やけ止め)が当たり前の世の中。紫外線の悪影響がわかってきて、1998年に母子手帳からも日光浴の文字が消えました
赤ちゃんの上手な紫外線対策|ベビータウン

一度母子手帳を覗いてみてください。紫外線の影響については書かれています。

赤ちゃんと紫外線の関係

日光に当たりすぎると、血液がどろどろになり、皮膚が老化し、しわ、黄ばみ、乾燥、しみ、きめが粗くなる、皮膚が薄くなる、皮膚ガン(悪性黒色腫等)、白内障や免疫機能低下の原因となる。皮膚ガンは他のがんと比べてそれほど多い病気ではないが、70才を過ぎて急増する。紫外線=放射線の一部という認識を持つこと。赤ちゃん、子供の頃から十分な紫外線対策が必要。
http://www.ne.jp/asahi/web/oki/health/sigaisen.html

幼い頃からの対策が功を奏するという意味なのですね。

・10~14時の日差しが強い時間帯は外出を避ける。
・外出する際は必ず帽子を着用。ちゃんと首の後ろまでカバーする。
・日陰の多い場所になるべく曇りの日だけ連れて行く。
・長袖・長ズボンを履かせる。
・紫外線カット効果のある子供用サングラスを使用する。
本当に怖い紫外線!赤ちゃんにもしっかりとしたUVケアを! – 怖い紫外線!子どもの頃からUVケアでしっかり対策!

ママが紫外線対策のために自分の服装に気を配るように赤ちゃんの外出着にも紫外線対策を重ねてみてくださいね。

確かに紫外線対策というのはついつい見落としがちなこと。本来は赤ちゃん時代からきちんと行うことがセオリーなのですね。なるほど・・・・。紫外線の影響が赤ちゃんにも及ぶなんて、忙しい毎日を送っているとついつい見落としがちな事ですよね。

赤ちゃんのベビーカーでのお散歩の時には紫外線対策も万全にしておくことでお出かけも安心してできますよね。
紫外線の影響を知らず知らず受けていると思っだけで、心配になるものです。

赤ちゃんの紫外線対策

帽子はつばの広い物にする、ベビーカーの日除けを利用する、車の窓ガラスにサンシェードを貼るなど、物理的に確実に紫外線をブロックする方法を積極的に取り入れるといいですね。
季節別のお手入れ方法 – 乳幼児の日焼け、紫外線対策 – はっぴーママ.com

赤ちゃんあ乗るベビーカーにも紫外線対策の配慮を忘れずに

紫外線対策には長そで、長ズボンがベスト。暑くて無理なら、それにかわるものを見つけて。大きいタオルは、サッとかけて広い部分を覆えるので便利。つばの広い帽子をかぶせれば6割ほどの紫外線がカットできます。
赤ちゃんの日焼け対策 – gooベビー

具合的な紫外線あ地作としては赤ちゃんに帽子を被ってもらうというのも身近な方法です。

ボトルも可愛いタイプです。持ち歩いて自慢したくなりますよね。赤ちゃん連れのママには必需品なのです。可愛く紫外線対策したいものです。

さらりとしたテクスチャーは、赤ちゃんにも塗りやすくて重宝します。簡単な紫外線対策として気軽にバックの中に入れておけるタイプのものです。赤ちゃんへの紫外線の影響を最大限に遮りたいですよね。

ぬるま湯でさらりと落とせるタイプの赤ちゃん用日焼け止めです。小児科の先生が開発ひた商品で使い心地も良くて軽く伸びるタイプの日焼け止めになります。肌にも優しいタイプになっていますので安心してお使い頂けると思います。

まとめ

赤ちゃんの頃から無防備に紫外線を浴びるというのは単に日光浴ということとは違って弊害があるということを保護者が知っておいてください。紫外線がきっかけになって皮膚のアレルギーが出てしまう場合も赤ちゃんには多いようです。
紫外線対策はまめに行って将来的な皮膚病なども予防したいものです。

https://matome.naver.jp/odai/2142245196494525401
2015年10月20日