PM2.5って結局なんなの? そんな疑問にお答えします。

big_marimo
PM2.5 という言葉がニュース等でも取り上げられるようになってから、しばらくたちました。しかし、「PM2.5」がどういうもので、どんな危険性があるのか人に説明できる人はまだまだ少ないと思います。健康というのは、人生の中でも重要なテーマになりますので、ぜひ勉強していってください!

まずは動画でPM2.5 の恐ろしさをご確認ください・・・

微小粒子状物質 「PM2.5」とは

PM2.5は直径2.5μm(1μm(マイクロメートル)=1mmの1000分の1)以下の非常に小さな粒子です。PMは「Particulate Matter(粒子状物質)」の頭文字をとった言葉です。
「PM2.5」の濃度の上昇にご注意を!健康に及ぼす影響と日常生活における注意点:政府広報オンライン

炭素成分、硝酸塩、硫酸塩、アンモニウム塩のほか、ケイ素、ナトリウム、アルミニウムなどの無機元素などが含まれます。
「PM2.5」の濃度の上昇にご注意を!健康に及ぼす影響と日常生活における注意点:政府広報オンライン

粒子状物質には、物の燃焼などによって直接排出されるものと、硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)、揮発性有機化合物(VOC)等のガス状大気汚染物質が、主として環境大気中での化学反応により粒子化したものとがあります。発生源としては、ボイラー、焼却炉などのばい煙を発生する施設、コークス炉、鉱物の堆積場等の粉じんを発生する施設、自動車、船舶、航空機等、人為起源のもの、さらには、土壌、海洋、火山等の自然起源のものもあります。
環境省_微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報

これまで取り組んできた大気汚染防止法に基づく工場・事業場等のばい煙発生施設の規制や自動車排出ガス規制などにより、SPMとPM2.5の年間の平均的な濃度は減少傾向にあります。
環境省_微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報

PM2.5 の生成メカニズム

PM2.5 の主な発生源は?

(1)物の燃焼などによって直接発生
・ボイラーや焼却炉などのばい煙を発生する施設
・コークス炉や鉱物堆積場など粉じん(細かいちり)を発生する施設
・自動車、船舶、航空機
・土壌、海洋、火山の噴煙など自然由来のもの
・喫煙や調理、ストーブの使用など家庭から  など
「PM2.5」の濃度の上昇にご注意を!健康に及ぼす影響と日常生活における注意点:政府広報オンライン

(2)様々な物質の大気中での化学反応によって生成
・火力発電所、工場や事業所、自動車、船舶、航空機などから燃料の燃焼によって排出される硫黄酸化物、窒素酸化物
・溶剤や塗料の使用時や石油取扱施設からの蒸発、森林などから排出される揮発性有機化合物 など
⇒これらのガス状物質が大気中で光やオゾンと反応し、PM2.5が生成されます。
「PM2.5」の濃度の上昇にご注意を!健康に及ぼす影響と日常生活における注意点:政府広報オンライン

PM2.5 の健康への影響は?

人の呼吸器と粒子の沈着領域(概念図)

PM2.5は粒子の大きさが非常に小さいため、肺の奥深くにまで入り込みやすく、ぜんそくや気管支炎などの呼吸器系疾患や循環器系疾患などのリスクを上昇させると考えられます。特に呼吸器系や循環器系の病気をもつ人、お年寄りや子どもなどは影響を受けやすいと考えられるので、注意が必要です。
「PM2.5」の濃度の上昇にご注意を!健康に及ぼす影響と日常生活における注意点:政府広報オンライン

春は濃度が上昇する傾向

PM2.5 等暴露影響実測調査
PM2.5の濃度は、従来から取り組んでいる工場・事業場などのばい煙発生施設の規制や、自動車排出ガス規制などによって年間の平均的な濃度は減少傾向にあります。
北九州市におけるPM2.5の濃度の推移

PM2.5濃度は季節による変動があり、例年、3月から5月にかけて濃度が上昇する傾向がみられ、夏から秋にかけては比較的安定した濃度が観測されています。
「PM2.5」の濃度の上昇にご注意を!健康に及ぼす影響と日常生活における注意点:政府広報オンライン

春先には黄砂も飛来するので注意が必要

黄砂に関する基礎知識

黄砂は、東アジアの砂漠域(ゴビ砂漠、タクラマカン砂漠など)や黄土地帯から強風により大気中に舞い上がった黄砂粒子が浮遊しつつ降下する現象を指します。日本では春に観測されることが多く、時には空が黄褐色に煙ることがあります。
「PM2.5」の濃度の上昇にご注意を!健康に及ぼす影響と日常生活における注意点:政府広報オンライン

お住まいの地域のPM2.5濃度を知りたいとき

PM2.5分布予測

PM2.5の分布予測を確認するなら、tenki.jp が便利です。
48時間後の予測まで確認することができます。

PM2.5に関する注意喚起のための暫定的な指針

環境基本法第16条第1項に基づく人の健康の適切な保護を図るために維持されることが望ましい水準として以下のとおり環境基準を定めています。
1年平均値 15μg/m3以下 かつ 1日平均値 35μg/m3以下
(平成21年9月設定)
環境省_微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報

これは、PM2.5濃度がこれを超えると健康影響が生じる可能性が高くなると考えられる濃度水準です。ただし、この濃度を超えたからといって、全ての人に必ず影響が生じるというものではないことに留意が必要です。高感受性者への影響には個人差があり、子どもや高齢者、呼吸器系や循環器系の病気をもつ人などは、これより低い値でも健康に影響を及ぼす可能性があります。
「PM2.5」の濃度の上昇にご注意を!健康に及ぼす影響と日常生活における注意点:政府広報オンライン

注意喚起のための暫定的な指針

環境基準の設定に至る検討経過について

PM2.5 濃度が高いときの過ごし方

屋外にいるとき
― PM2.5 を大量に吸い込まないよう、長時間の激しい運動を減らしましょう
― マスクを着用しましょう

屋内にいるとき
― 不必要な外出はできるだけさけましょう
― 喚起や窓の開閉を必要最小限にしましょう

PM2.5 濃度の過去の推移 (東京都千代田区神田司町)

平成26年1月~3月
平成26年4月~6月
平成26年7月~9月

ところどころ、基準値をオーバーしてますね・・・。

https://matome.naver.jp/odai/2142232788867606701
2015年01月27日