新潟にNGT48誕生 AKBバブルどこまでいくか!

pondol
新潟にNGT48誕生 10・1新劇場オープン

AKB増殖しすぎwww

地元密着・会えるアイドルがまた誕生!
AKB人気が旋風する

ところで合計人数なんにん?w
EXILEやAKB・・・日本のグループはどうなったんでしょうか・・・

AKB48グループの国内5つ目となる新グループが新潟に誕生することが25日、わかった。東京ドームシティホールで行われた『AKB48リクエストアワー セットリストベスト1035 2015』最終公演で電撃発表された。10月1日にNGT48劇場がオープンし、3月から第1期生の募集を開始する。

10年目に突入したAKBグループが“攻め”の姿勢を見せた。5日間7公演の締めくくりとなるアンコールで「緊急告知」のVTRがスタートした。「新劇場オープン決定」の文字が踊り、映しだされた全国地図で北海道や沖縄、四国、東北が次々とクローズアップされるなか、最後に「新潟」にスポットライトが当たった。

新劇場支配人には現SKE48支配人の今村悦朗氏が移籍。それに伴い、現AKB48劇場支配人の湯浅洋氏がSKE支配人に復帰、現SKE48劇場支配人研究生で元AKBチームKマネージャーの芝智也氏がAKB支配人に昇格する。

怒とうの発表に、高橋みなみらメンバーは、「え?え?」と絶句。高橋は「新劇場が新潟? 北海道か、沖縄かとか言われてきたけど」と意外な土地に驚きを隠せず。次期総監督の横山由依は「鳥肌立った」と放心状態で目を丸くしていた。

05年12月、東京・秋葉原にAKB48が産声を上げたのを皮切りに、名古屋・栄にSKE48(08年10月)、大阪・難波にNMB48(11年1月)、福岡・博多にHKT48(12年3月)が誕生。海外にも展開し、インドネシア・ジャカルタのJKT48、中国・上海のSNH48が活動している。

なぜ新潟が選ばれたか?

関係者によると、本州の日本海側に劇場が無かったことが1点。無数の候補地から、古くから繁栄してきた大都市であり、日本海側の本州最大の都市として新潟に決まった。

ディベロッパーから「AKBの文化を広めたい」とのオファーがあり、運営側と昨年12月から検討を始めた。

AKBグループは「会いに行けるアイドル」をコンセプトとしてチームごとに日替わりでほぼ毎日公演を行うことを特徴としている。マスメディアを通した遠い存在だったアイドルを身近に感じ、その成長していく過程をファンに見てもらい、ともに成長していくアイドルとされている。

その一方で2009年頃からテレビ番組・CM出演が増加し、「マスメディアで見かけるアイドル」にもなっており、一般的な知名度を上げている。本業以外(タレント・モデルなど)でも個々で活動するメンバーが増えている。

非常に大勢のメンバーが在籍していることが特徴。「AKB48」というグループ名からメンバー数は48人であると誤解されることがあるが、実際は正規メンバーと研究生を合わせて100人近い大所帯で、ギネス世界記録に認定されている。

2013年現在、姉妹グループとして日本国内にSKE48・NMB48・HKT48、日本国外にJKT48・SNH48があり、姉妹グループの総称として「AKB48グループ」・「48グループ」とも称されている。

https://matome.naver.jp/odai/2142218766848928401
2015年01月25日