電気代が削減に!?熱エネルギーを活用してお湯を温める給湯機エコキュートとは

renunogx
エコキュートとはどのような設備なのでしょうか?エコキュートが給湯する仕組みやメリット、デメリットなどについてまとめてみました。

エコキュートとは

エコキュートは電気エネルギーと空気中に含む熱エネルギーを活用して、お湯を温める給湯機です。

また「自然冷媒ヒートポンプ」というシステムを採用しています。

エコキュートを構成している大まかな部材からです。
太陽光発電のyh株式会社|横浜を中心に、名古屋、大阪、仙台、福岡と支店展開

A.ヒートポンプユニット(お湯を沸かす場所)
B.貯湯タンクユニット(沸かしたお湯をとどめておく場所)
C.浴室内・台所などのリモコン(エコキュートを操作するもの)

エコキュートとは
太陽光発電のyh株式会社|横浜を中心に、名古屋、大阪、仙台、福岡と支店展開

実は関西電力が商標登録をしているいわゆるニックネームだったのですが、それが浸透していきそれぞれの各電力会社・メーカーで統一となり、2002年には「第12回省エネ大賞 経済産業大臣賞」を受賞し、2004年には5万台だった累計出荷台数も2011年には300万台を突破するまでに拡大をしてきました。

給湯する仕組み

主な特徴は、コンプレッサーで大気の熱を汲み上げ、給湯の熱エネルギーをつくるヒートポンプシステムとなっています。

ヒートポンプは、空気から熱を取り出すことで、ヒーターを利用する場合に比べて、同じ消費電力で6倍以上もの熱エネルギーが取り出せる利点があるのです。
現代家電の基礎用語:第10回:エコキュートとは

ヒートポンプシステムの冷媒としては、従来のフロン系冷媒ではなく、自然界に存在するCO2(二酸化炭素)を使用するため、オゾン層破壊や温暖化ガス排出の抑制につながる。
エコキュートの基礎知識 [給湯器・床暖房・空調] All About

メリット・デメリット

・メリットは電気温水器の1/3の電気エネルギーで給湯することができ、光熱費を削減できるという点です。

・デメリットはお湯切れした場合にすぐに給湯できないというところです。

エコキュートのメリット
エコキュート | 太陽光発電のメリットデメリットを解説(2015年)

一般家庭の場合、給湯に必要な電気代は全体の30%以上も占めているので、エコキュートにすることで使用する電気量を減らすことができます。

エコキュートのデメリット
エコキュート | 太陽光発電のメリットデメリットを解説(2015年)

エコキュートは省エネルギーで水を温めることができますが、急速に給湯させることはできません。そのため給湯ユニットのお湯が無くなった場合、再びお湯を使用できるまでに時間がかかります。

太陽光発電との併用

太陽光発電で日中しっかり発電し、発電できない深夜はエコキュートを活用することで、より節電することが可能になるといわれています。

IHクッキングヒーターも一緒に導入しオール電化にすることで契約できる電力会社のお得な電気料金メニューもありますので電気代の削減も期待できます。さらに太陽光発電システムと併用すれば電気料金をさらに低減させることも可能になります。
太陽光発電のyh株式会社|横浜を中心に、名古屋、大阪、仙台、福岡と支店展開

太陽の力で発電する太陽光発電と空気の熱でお湯を沸かすエコキュートを組み合わせることにより、昼も夜もお得で最強パワー!怖いものなしの省エネダイエットができます。
エコキュート+太陽光発電のススメ- オール電化と太陽光発電で光熱費ダイエット- 太陽光発電の省エネドットコム

https://matome.naver.jp/odai/2142164652037309901
2015年01月19日