【新築2階建て】空間を活かす収納を!ロフトは使えない?!納戸が注目されている!

pontaspontas

普通の2階建てで満足できない!

二階建ての間取りはどこも似たり寄ったり。
土地の形状など色々違うはずなのに、空間を区切ったような間取りばかりで特徴が出しづらい2階建。
かといって、平屋を建てられるほどの土地を買うこともできないし。

どうしたらいいの?!

そんなときは2階建てを楽しくしちゃおう!

縦の空間を最大限に生かす術

最近は2階をリビングにする家が増えてきました。
ただ、2階をリビングにすることで家電製品を買い換えるたびに運賃が掛かってしまったり、色々と面倒なことは多いです。
とはいえ、周りが家に囲まれている状況では明るい部屋は2階になります。
リビングを2階に上げてしまうのであれば1階部分の寝室や子ども部屋、ウォークインクローゼット等の納戸をを作ることで防犯性だけをあげてしまえば問題はないでしょう。
※1階に人がいないと分かると空き巣が入りやすいので防犯設備は強めに考えましょう!

2階のリビングから外に?!
2階のリビングから外階段で降りる贅沢!
回りを気にしない明るさを手に入れる
2階のリビングだからこそできる、明るい窓の開口
ワンフロアーとして活用する空間へ
廊下を部屋の仕切りとして使用する工夫

天井高を工夫しよう!

中2階は意外と便利!
階段の段数も少ないため、上り下りの負担も少ない。

耐震性など色々な問題はありますが、工夫できることは全部してしまいましょう!
建築士に相談しながら作っていく家ですので「こういうのはできるの?」と沢山聞いてください。
そうやって練っていくうちに納得できる家が形になってきます。
縦空間の活用は天井高を低くし納戸を作ることや、収納スペースの確保をすることで部屋自体にクローゼット等の収納スペースで取られることがないようにすると広くなります。
かといって、収納は大切です。
ロフトや屋根裏等収納によく使われますが、お勧めしません。
大きな荷物を持ってはしごを昇る事が器用にできる方ならばいいのですが、基本的に荷物を持ち上げる方法がありません。
また、意外と知られていませんが屋根裏収納では布や本は収納ができない場所です。
湿気やカビなど痛んでしまうため収納できません。
では何が置けるのか?
そう、意外と何も置けないのです。
だったら収納できる場所をしっかりと作るしかありません。
中2階のようなアバウトな空間。
立体的に考える部屋の構造は工夫次第で床面積の数値よりも広く感じられる空間を確保することができます。

収納に活用する場所は?

■ポイント!■
ロフトや屋根裏収納はお勧めしません!
収納を目的とするならば、収納するものを持っていける方法を考えよう!

簡素なつくりでも納戸だからOK
趣味の道具や非常用具を置いて活用!
物はとにかく増える!
天井高が低いからこそ楽しい!
秘密基地みたいで楽しい!
小さいうちは子ども部屋にも最適
天井が低いからこそ、子どもに喜ばれる部屋!
工夫をすれば平屋に見える外観に
二階建てに見えない面白さ!
自転車の盗難防止に活躍
大切な自転車をしまう空間にも最適!

階段室を演出しよう!

階段さえインテリアにしてしまおう!
螺旋階段もこうすることで、より面白く!
螺旋階段で階段室の節約を!
暗くなりやすい階段室に自然光を入れる工夫
階段で遮られる明かりを取り込んで工夫
透明にして工夫・・・
なんだろうけど、女性は恥ずかしい・・・な
季節ごとに張り替えてもOK!
入り口の壁に明るいイラストで工夫!
シールなので納戸でもやり変え可能!

▼関連リンク 納戸がオススメの理由をまとめたサイト

https://matome.naver.jp/odai/2142158506490663101
2015年04月18日