ネットで話題!5秒で分かる嘘つきを見分けるテスト

ko102110

5秒で分かる!嘘つきを見分けるテスト

今、Youtubeでイギリスの心理学者が考案した「5秒で嘘つきを見抜く方法の動画」が話題になっています!

この動画によると、5秒で嘘つきかどうかが分かってしまうというのです。

【診断方法】5秒で分かる!嘘つきを見分けるテスト

まずはじめにこのテストは5秒厳守です。深く考えず、すばやくやってください。

1.まず利き手の人差し指を出します。
5秒で分かる!嘘つきを見分ける方法 | CuRAZY

2.自分のおでこに指でアルファベットの「Q」を書きます。
5秒で分かる!嘘つきを見分ける方法 | CuRAZY

診断結果を見る前に、「Q」の尻尾の部分が左右のどちらかに流れたかということだけしっかり覚えておいてください。
5秒で分かる!嘘つきを見分ける方法 | CuRAZY

気になる診断結果は…

・左側に流れた人

『左側に流れた人』(相手から見て「Q」が読める)→嘘をつくのが上手い傾向があります
5秒で分かる!嘘つきを見分ける方法 | CuRAZY

「Q」の尻尾の部分が左側に流れた人は、瞬時に目の前の相手に読めるように字を反転させたことになります。
この結果が出た人は外向的で注目されることに幸せを感じやすいため、嘘をつきやすいそうです。
5秒で分かる!嘘つきを見分ける方法 | CuRAZY

・右側に流れた人

『右側に流れた人』(自分から見て「Q」が読める)→嘘をつくのが苦手な傾向があります
5秒で分かる!嘘つきを見分ける方法 | CuRAZY

逆に「Q」の尻尾の部分が右に流れた人は、自分からだけ読めるように書いています。
この書き方をした人は比較的人に左右されにくく、内向的で嘘が苦手な傾向があるそうです。
5秒で分かる!嘘つきを見分ける方法 | CuRAZY

考案したのはリチャード・ワイズマン氏。

10歳から奇術を始め、20歳代前半にはプロのマジシャンとして世界的に活動[1]。やがて奇術の裏にある人間の心理に強い関心を抱き始め、ロンドン大学で心理学を専攻。同大学卒業後、エディンバラ大学で心理学の博士号を取得。ハートフォードシャー大学で研究室を持つまでになる[1]。
リチャード・ワイズマン – Wikipedia

超常現象を疑問視する研究においても世界的に知られており、被験者の膨大なデータの分析による科学的なアプローチを得意としている[2]。自らウェブサイト上で被験者を募り、大規模調査プロジェクトを進めている[2]。2002年、社会科学分野における一般向けの優れた業績を顕彰するジョセフ・リスター賞(イギリス科学協会)を受賞
リチャード・ワイズマン – Wikipedia

【動画】

https://matome.naver.jp/odai/2142106142379964501
2015年01月12日