【こっそり上達】図解でわかるテニスの練習法【壁打ち】

Dr.Ai
1人でもできるテニスの練習を紹介!マンネリ化しやすいので、色んなバリエーションを考えていきましょう!

スマッシュ練習

壁打ちは誰もがやったことがあると思いますが、なかなかスマッシュはやったことがないと思います。でも簡単!!上の絵のように壁のちょっと前でバウンドさせるとちょうどいい感じで返ってきますので、上手くやれば何回でも続けられると思います!!

サーブ&ボレー

壁打ちでのスマッシュ練習の時よりも壁に近いところで1度バウンドさせます。
力も若干弱めにします。
するとサービスライン付近に沈めたリターンのような球が返ってきますので、それを前に詰めてローボレーで返しましょう。
2人以上いないとできないような練習でも壁打でできるんです!!

仕上げは”壁”と試合をする。

例えば10球いつもの球で続けられたらこちらが1ポイントGET/それ以下なら壁が1ポイントGETというようにルールを決めて
復活!!『初心を忘れず!!テニスの練習法を考える☆』 壁打ち練習はこうしてみましょう

レベルは自分で設定すればいいのですが、私は
レベル1:10球
レベル2:20球
レベル3:25球



というよう設定して、どこまで勝ち進めるかということをしています。

これはすごいぞ!

壁打ちのできる場所

岡山であればここがいいそうです。シャワーも使えるのが嬉しいですね^^

https://matome.naver.jp/odai/2142018361641085301
2015年01月08日