おみくじ1枚の原価は3.5円!あまり聞きたくない”縁起物”のお値段

hakyuna
おみくじは100~200円くらいのイメージですよね?あまり考えたくないですが、縁起物の”最初の値段”っていくらくらいなのでしょう・・?

▼ おみくじの原価は1枚3.5円だそう・・

「1000枚3500円前後が一般的。原版は毎年同じで印刷代や郵送料はそれほどかからない。人件費が6~7割を占めます」
「おみくじ」や「お墓」の原価とは? 人件費がコストの大半を占める – ライブドアニュース

100円を入れて購入する「おみくじ販売機」があるが、100人中、タダで取る罰当たりな人が98人いても利益が出るんだから問題ないのだ。
おみくじの原価は1.5円 だが、丸儲けとはいかない!? | 日刊SPA!

神社では仕入れたおみくじを祈祷してから販売する。つまりそこに“有難さ”が加味されているということか。
Yahoo!ニュース – 「おみくじ」の原価は1枚3.5円 では「お守り」「お墓」は? (NEWS ポストセブン)

▼ ”おみくじ”の仕組みを作った会社「女子道社」

現在もおみくじの多くは「女子道社」で作られている。

「神主の女性登用」運動の資金捻出のため、考え出されたのが、機関紙印刷のノウハウを生かした「おみくじ」作りだった。
女子道社のおみくじ ( 祭りと伝統 ) – 話のコレクション – Yahoo!ブログ

実は全国の神社仏閣においてあるおみくじの大半はここ女子道社で作られています。さらに驚くことに作業は全て手作業で行われているのです!
女子道社

女子道社には近隣の主婦が常時60人、秋口から年末にかけては100人ほどが働いている。ベテランになると一日5000~6000枚を完成させるそうだ。
知りたかった「おみくじのそこんとこ」 【子ども編集部】

▼ 他の縁起物の原価はどうなっているのでしょう?

・ お守り

安産や合格祈願の「お守り」は大きさによるが500~1000円が一般的なお値段

「卸価格は小サイズで50円から130円ぐらいまで。高級西陣お守りで250~300円。初詣前の年末は書き入れ時なので、寺社は『早割』で少し安く仕入れることができます」
「おみくじ」や「お墓」の原価とは? 人件費がコストの大半を占める – ライブドアニュース

お守りの中に入れる『内符』は別売りで1体10円程度ですから、一般的なものだとすべての費用を含めても170~220円前後。
お守りの製造と流通 【OKWave】

・ 絵馬

500~1,000円が一般的。

「絵馬」は一般的な松系木材、無地タイプで50~100円、印刷物が入っても150~200円前後で卸されているという。
Yahoo!ニュース – 「おみくじ」の原価は1枚3.5円 では「お守り」「お墓」は? (NEWS ポストセブン)

冷静に分析してみると、とても安い値で仕入れられていることがわかるだろう。
新年でのおみくじ!あまり触れなかったけど、その原価とは? – 話題のニュースを自由に更新!『きままトレンド速報』

・ 熊手

大きさや飾りによって値段に大きく違いがある。なかには数万円するものも。

原価300円くらいの熊手が12000円で売られているのを値切って、値切った分を祝儀に店にあげて…それが江戸っ子な酉の市。
原価300円くらいの熊手が12000円で… – テストページby泉一雄 | mixiページ

デカイ熊手を買うと「売約済〇〇様」と貼られて、コレが「ハク」やらコマーシャルになると思った。小さい熊手にもしっかり皆で三本締めをしてくれるのが素敵だった。
浦和12日町レポ。熊手。原価厨は総スルーだと思うが、熊手を買う意… – 写真共有サイト「フォト蔵」

・ 墓石

50万円以上はする。国産や外国産などの産地によっても値段に大きな差がある。

「墓石自体の原価は低く、相場である150万円前後の墓石でも問屋の卸価格は約30万円と、だいたい販売価格の5分の1ほどです」
「おみくじ」や「お墓」の原価とは? 人件費がコストの大半を占める – ライブドアニュース

墓石の原価が10~15%という記述がありますが、これは極端な例です。普通の商売なら原価30%、仕入れが50~60%です。
墓石の原価率は1割強!? 正しい業者の選び方|お墓の値段はいくら? 富山のお墓の営業マン・宮崎が正しいお墓の建て方を教えます。

▼ ただ、縁起物に値段は付けられないのかも・・

それらは授与品と呼ばれ、神社からすれば神様の分身なので値段はつけられないからだ。
「おみくじ」や「お墓」の原価とは? 人件費がコストの大半を占める – ライブドアニュース

お守りなどを購入する場合、正しくは「○○円納める」といい、その金額は「初穂料」というのが正しい。収穫された稲穂を神にお供えする習慣に由来している。
Yahoo!ニュース – 「おみくじ」の原価は1枚3.5円 では「お守り」「お墓」は? (NEWS ポストセブン)

初穂とは、その年に初めて収穫された稲穂のことをいい、昔はそれをまず神前に供えること。
初穂料について今日神社に行ってきて、10… – Yahoo!知恵袋

初穂といえば「神さまに供えるもの」という意味に用いられるようになり、現在では神さまに供える金銭を「初穂料」といっています。

https://matome.naver.jp/odai/2142007025554174801
2015年01月01日