【12/28テレ朝放送】元FBI サファリックが語る世田谷一家殺人事件の犯人像

neo_sound

世田谷一家殺害事件の犯人をプロファイリングする番組が放送された

事件の全体像

21世紀を目前に控えた2000年12月30日午後11時ごろから翌31日の未明にかけて、東京都世田谷区上祖師谷3丁目の会社員宅で、父親(当時44歳)・母親(当時41歳)・長女(当時8歳)・長男(当時6歳)の4人が惨殺された。隣に住む母親の実母が31日の午前10時55分ごろ発見、事件が発覚した。
この事件は、20世紀最後の日に発覚した、大晦日に差し掛かろうとする年の瀬の犯行だったことや、犯人の指紋や血痕など個人を特定可能なもの、靴の跡(足跡)の他、数多くの遺留品を残している点、子供もめった刺しにする残忍な犯行、さらに殺害後に長時間現場に留まった可能性が指摘され[注 1]、パソコンを触ったりアイスクリームを食べたりするなどの犯人の異常な行動、これらの多くの事柄が明らかになっていながら、犯人の特定に至っていないことでも注目される未解決事件である。
世田谷一家殺害事件 – Wikipedia

元・FBI サファリックの推理

さらに犯人にせまる核心を突く発言をするも放送上はモザイク処理

しかしのちに被害者の姉・入江杏さんがツイッターでモザイクの部分の内容を暴露

思わせぶりな編集。元FBIの見立て、新味なく。伏字の部分はmentally ill云々。どうしてその対象に絞っての捜査を望むといえるだろう?
https://twitter.com/ann_irie/status/549209422409371648/photo/1

日本語に直すと精神障害 また長男のレイ君が発達障害であったことから、病院関係や施設関係で知り合った可能性も考えられる

https://matome.naver.jp/odai/2141982637452479001
2016年09月13日