風の峠の口コミ感想

totonbon
12月24日 第1回「仇討(あだう)ち」 あらすじ・予告動画を公開しました。

豪華なキャスト陣!!

主演の中村雅俊
同じく主演の柴田恭平

桜庭ななみ
平岳大
池田鉄洋
吉田羊
中村獅童
高橋和也
麻生祐未 ほか

スタッフ陣

【原作】
葉室麟 「銀漢の賦」
【脚本】
森下直、西井史子
【音楽】
小六禮次郎
【演出】
黛りんたろう、川野秀昭
【制作統括】
海辺潔、原林麻奈

原作者の葉室麟のコメント・・・

『銀漢の賦』を書いて一番、不思議だったのは「銀漢」という言葉だ。漢詩から選んだもので、初めて知った言葉だと書いている間は、思っていた。ところが、本にしてから高校時代の旧友に「あれって運動会の応援歌にあるよな」と言われた。その瞬間、
――銀漢、空に映ゆるとき
という歌詞が頭に甦った。高校生のころ、竹刀を持った応援団の先輩に怒鳴られながら歌った歌詞だったのだ。なぜこの言葉を小説で使ったのだろうか。
単純に言ってしまえば「銀漢の賦」は年老いた男が昔の友達を思い出す話だ。自分自身の過去をたどりつつ、小説を紡ぎ出す作業をしていたとき、青春とからみつく単語が不意に浮かび上がってきたのではないか。
言葉は人生の忘れられない場面とつながっている。そんな思いでテレビドラマを楽しませていただこう。友達を思い出して、少しだけ泣くかもしれない。
木曜時代劇「風の峠~銀漢の賦~」|ドラマのみどころ

第一話あらすじ・・・

月ヶ瀬藩の郡方見廻り役・日下部源五(中村雅俊)の元に娘婿の津田伊織(池田鉄洋)が訪れ、源五が家老の松浦将監(柴田恭兵)と幼なじみというのは本当か探りを入れる。四十年前、将監の親の仇討ちを共に挑んだほど固い友情で結ばれた二人だったが、日下部家で下働きをする蕗(桜庭ななみ)の父を巡って対立し、今では絶交状態となっていた。そんな源五に伊織は家老暗殺を持ちかける…。

https://matome.naver.jp/odai/2141942624929336101
2014年12月24日