ある医師の手術で合計18人死亡していた!群大病院に一体何があったのか?

haru-tomo
ある医師が行った腹腔鏡手術で8人が死亡した問題。さらに他に行った手術でも10人が死亡していた。平均と比較してもかなり高確率で死亡していた事も明らかに。これは医師個人の問題でなく、病院そのものの問題となっている。

■群馬大学病院の医師が「腹腔鏡手術」で8人死亡させた問題

平成22年から今年6月までの間に、40代の男性執刀医によって腹腔鏡(ふくくうきょう)を使う肝臓手術を受けた約90人のうち、少なくとも8人の患者が、術後短期間に死亡していた
群馬大病院で腹腔鏡手術後に8人死亡 40代の男性執刀医が施術 院長「実施体制に問題あったと認識」 – 産経ニュース

亡くなったのは60代~80代の男女ら8人で、肝臓がんなどの治療として腹腔鏡を使う肝臓切除手術を受けた
群馬大学病院で医療ミス?腹腔鏡手術後に8人死亡-同じ医師が執刀 | ニュース速報Japan

・比較的難易度の高い「腹腔鏡手術」

腹腔鏡は腹部を観察するためのカメラ。腹腔鏡手術では、体に数カ所の穴を開けて、このカメラとともに手術器具を差し入れ、テレビモニターで内部の映像を見ながら切除や縫合などを行う
群馬大病院で腹腔鏡手術後に8人死亡 40代の男性執刀医が施術 院長「実施体制に問題あったと認識」 – 産経ニュース

開腹手術より体への負担が少なく、回復が早いとされる
腹腔鏡手術後死亡 厚労省、群大病院調査へ

肝臓内視鏡外科研究会によると、腹腔鏡による肝臓手術後の死亡率は年間0.07%という
全文表示 | 群馬大病院「腹腔手術の患者8人死亡」執刀医が事前検査・審査を手抜き : J-CASTテレビウォッチ

それに対してこの医師の死亡率は約8%と圧倒的に高い

手術と死亡の因果関係については「調査中で、この場では申し上げられない」と述べている
腹腔鏡手術後死亡 厚労省、群大病院調査へ

■さらに、この医師が執刀した他の手術でも10人死亡していたことが明らかに

肝臓の開腹手術でも、過去5年間で、84人中10人が術後3か月以内に死亡していた
群大、開腹手術でも10人死亡…腹腔鏡と同医師 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

開腹手術の死亡率は11・9%に上り、全国的な肝臓の開腹手術の死亡率に比べ3倍という高率だった
群大、開腹手術でも10人死亡…腹腔鏡と同医師 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

開腹手術で死亡した10人のうち5人までが09年度中に集中していたが、同科は、その翌年度には新たに腹腔鏡手術を導入し、同じ医師に執刀させていた形
群大、開腹手術でも10人死亡…腹腔鏡と同医師 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

■医師個人の問題だけでなく、群大病院の管理体制も問題に

・この医師は事前の検査や説明も不十分だった

患者に対する十分な告知と同意(インフォームドコンセント)が不十分だったことや、手術前に必要な検査が行われていなかった
群大病院8人死亡 院長「責任感じる」 報告制度運用されず – 産経ニュース

手術の前に必要な肝臓の大きさを調べる検査が実施されていなかった
群馬大病院「腹腔手術の患者8人死亡」執刀医が事前検査・審査を手抜き : J-CASTテレビウォッチ

患者は8人とも術前検査が不十分で、「手術が過大な負担になり容体を悪化させた可能性がある」などとする調査の中間報告を発表している
手術の負担で容体悪化…群馬大病院が中間報告 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

・患者が死亡したのに「死亡症例検討会」が開かれなかった

8人の患者の死亡後に、通常は実施するべき検証のための検討会を実施していなかった
腹腔鏡手術で8人死亡 検証の検討会開かず | 日テレNEWS24

別の大学病院の外科医は「手術に関連した死亡があれば、何か見逃している問題点はないか診療科で徹底的に議論すべきで、何もしないというのは普通ありえない」と話す
手術への緊張感 欠如…群大病院、死亡症例検証せず

・保険の「不正請求」の疑いも

保険適用外の手術を保険がきく手術として診療報酬を不正請求していた疑いがある
群馬大病院死亡…腹腔鏡 保険手術と偽る、診療報酬不正請求か

8人が受けたのは難易度の高い保険適用外の手術で、事前に院内の倫理審査が必要だが、執刀医らは病院に申請していなかった
腹腔鏡手術後に8人死亡 群馬大病院、同一医師が肝臓切除  :日本経済新聞

2010年12月~14年6月に行った腹腔鏡を使う肝臓手術を受けた患者92人のうち、保険適用外とみられる手術を受けたのは58人
手術の負担で容体悪化…群馬大病院が中間報告 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

保険適用外の手術のうち35人分は、保険診療として診療報酬を請求していたが、「保険診療制度に対する理解が浅く、不適切な保険請求がなされた」とした
手術の負担で容体悪化…群馬大病院が中間報告 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

亡くなった8人のうち6人は、病院側がいずれも開腹手術や腹腔鏡による部分切除など、保険がきく手術を行ったことにして請求し、患者側も「保険の自己負担分だけを支払った」と証言している
群馬大病院死亡…腹腔鏡 保険手術と偽る、診療報酬不正請求か

保険適用外なので、本当は全額患者負担なのに、「保険がきく」として3割しか請求していないので、不正請求といっても、不当に金儲けをしていたわけではない。ただし、当然問題が無いということはない。

■今後はかなり厳しい状況になると予想される

厚生労働省は群馬大病院から既にヒアリングを実施しており、今後、高度医療を提供し診療報酬の優遇もある特定機能病院の承認を継続するかどうかの具体的な検討に入る
群大病院8人死亡 院長「責任感じる」 報告制度運用されず – 産経ニュース

故意や重い過失を見逃したまま繰り返し請求するなどしていた場合は監査を実施するほか、悪質性が高いと判断されれば、保険医療機関の指定取り消しも検討する
群大病院8人死亡 院長「責任感じる」 報告制度運用されず – 産経ニュース

「特定機能病院」では、高度先進医療を含む、より高度な専門医療を必要とする患者様および病気が進行中の急性期の患者様を看るのが望ましいとされています
特定機能病院とは 詳しいご説明 || 大阪医科大学附属病院

「特定機能病院」では基本的に他の病院や診療所から紹介を受け、受診していただくこととなっています
特定機能病院 « 奈良県立医科大学附属病院

https://matome.naver.jp/odai/2141919910436340901
2014年12月22日