教科書や試験に出てくる えらいお坊さんのまとめ 空海、親鸞、日蓮他高僧

butsujicodenight
誰でも知ってるえらいお坊さんのまとめです。えらいと言っても賛否ありますが知名度重視で紹介します。時代的に多いのは鎌倉時代前後の名僧が目立ちます。※日蓮、道元、法然、親鸞他。歴代僧侶の中でもっとも有名なのは弘法大師空海ではないでしょうか。

えらいの定義はあいまいですが、有名で知名度が高いことを重視しました。
ほぼ歴史に登場する順番です。

鑑真(がんじん)

688~763年(日本律宗の開祖)
戒律を守ることで、仏になることができると説く
日本への渡航を試みるも5度の失敗、失明しながらも
六度めにようやく九州にたどりつく。

唐の揚州に生まれ、14歳で出家し、洛陽・長安で修行を積み、713年に故郷の大雲寺に戻り、江南第一の大師と称されました。
天宝元年(742)、第9次遣唐使船で唐を訪れていた留学僧・栄叡(ようえい)、普照(ふしょう)から、朝廷の「伝戒の師」としての招請を受け、渡日を決意。その後の12年間に5回の渡航を試みて失敗、次第に視力を失うこととなりましたが、天平勝宝5年(753)、6回目にして遂に日本の地を踏まれました。
以後、76歳までの10年間のうち5年を東大寺で、残りの5年を唐招提寺で過ごされ、天皇を始めとする多くの人々に授戒をされました。
NAVER Japan Account

行基(ぎょうき)

668~749年(奈良時代の高僧)
僧侶を国家機関と朝廷が定め仏教の民衆への布教活動を禁じた時代に、禁を破り畿内を中心に仏法を広めた。

人民救済のための布施屋、橋、溜池などの建設でも名高い。

日本の奈良時代の高僧。677年4月に生まれたという説もある。僧侶を国家機関と朝廷が定め仏教の民衆への布教活動を禁じた時代に、禁を破り畿内(近畿)を中心に民衆や豪族層など問わず広く仏法の教えを説き人々より篤く崇敬された。また、道場や寺院を多く建立しただけでなく、溜池15窪、溝と堀9筋、架橋6所を、困窮者のための布施屋9ヶ所等の設立など数々の社会事業を各地で成し遂げた。しかし、朝廷からは度々弾圧や禁圧されたが、民衆の圧倒的な支持を得てその力を結集して逆境を跳ね返した。その後、大僧正(最高位である大僧正の位は行基が日本で最初)として聖武天皇により奈良の大仏(東大寺など)建立の実質上の責任者として招聘された。この功績により東大寺の「四聖」の一人に数えられている。
行基 – Wikipedia

役小角(えんのおづぬ)

634~701年?(修験道の開祖)
修験道の開祖としていまなお全国各地の霊山で深く崇敬される
伝えられる人物像には伝説的なエピソードが多い

舒明天皇6年(634年)に大和国葛城上郡茅原(現在の奈良県御所市茅原)に生まれる。父は、出雲から入り婿した大角、母は白専女。
17歳の時に元興寺で孔雀明王の呪法を学んだ。その後、葛城山(葛木山。現在の金剛山・大和葛城山)で山岳修行を行い、熊野や大峰(大峯)の山々で修行を重ね、吉野の金峯山で金剛蔵王大権現を感得し、修験道の基礎を築いた。

文武天皇3年(699年)に、人々を言葉で惑わしていると讒言され、伊豆島に流罪となる。
2年後の大宝元年(701年)1月に大赦があり、茅原に帰るが、同年6月7日に箕面の天上ヶ岳にて入寂したと伝わる。
役小角 – Wikipedia

道鏡(どうきょう)

700?~772年(法相宗の僧侶)
祈祷の力を持って皇室に取り入り、天皇の地位をもうかがった怪僧

道鏡(どうきょう、文武天皇4年(700年)? – 宝亀3年4月7日(772年5月13日))は、奈良時代の法相宗の僧。物部氏の一族の弓削氏の出自で、弓削櫛麻呂の子。俗姓が弓削連であることから、弓削道鏡(ゆげのどうきょう)とも呼ばれる。兄弟に弓削浄人。天智天皇の皇子である志貴皇子の子とする異説もある。祈祷の力をもって皇室に取り入って権力を握り、政治に容喙した。
道鏡 – Wikipedia

最澄(さいちょう)

767~822年(天台宗の開祖)
天台宗にくわえ、真言密教、禅、戒律の三宗を融合
「すべての人は仏になれる」と説く

伝教大師の名でも知られる

姓は三津首(みつのおびと)。近江の人。比叡山に入り法華一乗思想に傾倒し,根本中堂を創建。804年入唐,翌年帰国し,天台宗を開創。「山家学生式(さんげがくしようしき)」をつくって大乗戒壇設立を請願したが,南都の反対にあい,死後七日目に勅許がおりた。日本最初の大師号伝教大師を勅諡(ちよくし)される。書状「久隔帖(きゆうかくじよう)」は名筆として知られる。著「顕戒論」「守護国界章」など。叡山大師。山家大師。根本大師。
最澄とは – 大津歴史事典 Weblio辞書

空海(くうかい)

774~835年(真言宗の開祖)
「大日如来は最高の仏であり、大日如来と一体化して修行を行えば、教えを理解し仏となることができる」と説く

弘法大師の名で知られる

俗名(幼名)は佐伯 眞魚(さえき の まお[1])。日本天台宗の開祖最澄(伝教大師)と共に、日本仏教の大勢が、今日称される奈良仏教から平安仏教へと、転換していく流れの劈頭に位置し、中国より真言密教をもたらした。能書家としても知られ、嵯峨天皇・橘逸勢と共に三筆のひとりに数えられている。

弘法大師の称号は、空海死後100年を経て後醍醐天皇からいただいた。
今日、お大師様といえば弘法大師の意味を持っており庶民に大変親しまれた御祖師様となっている。
真言宗と弘法大師空海について|【高野山真言宗成田山真如院(羽幌本院・札幌分院)】札幌・羽幌での十三参り・水子供養など

空也(くうや)

903~972年「市の聖」と呼ばれる
阿弥陀如来に帰依し、「南無阿弥陀仏」と称えれば誰でも極楽浄土に生まれかわることができる。と説く

口称念仏の祖、民間における浄土教の先駆者と評価される。
俗に天台宗空也派[2]と称する一派において祖と仰がれるが、空也自身は複数宗派と関わりを持つ超宗派的立場を保ち、没後も空也の法統を直接伝える宗派は組織されなかった。よって、空也を開山とする寺院は天台宗に限らず、在世中の活動拠点であった六波羅蜜寺は現在真言宗智山派に属する(空也の没後中興した中信以降、桃山時代までは天台宗であった)。
踊念仏、六斎念仏の開祖とも仰がれるが、空也自身がいわゆる踊念仏を修したという確証はない。
門弟は、高野聖など中世以降に広まった民間浄土教行者「念仏聖」の先駆となり、鎌倉時代の一遍に多大な影響を与えた
空也 – Wikipedia

法然(ほうねん)

1133~1212年(浄土宗の開祖)
「南無阿弥陀仏と称えればどんなに罪深い人でも極楽往生できる。それが阿弥陀仏の本願である」と説く

平安時代末期から鎌倉時代初期の日本の僧である。はじめ山門(比叡山)で天台宗の教学を学び、承安5年(1175年)、専ら阿弥陀仏の誓いを信じ「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えれば、死後は平等に往生できるという専修念仏の教えを説き、のちに浄土宗の開祖と仰がれた。法然は房号で、諱は源空(げんくう)。幼名を勢至丸
法然 – Wikipedia

栄西(えいさい)

1141~1215年(臨済宗の開祖)
釈迦の悟りへの道を追体験する座禅によって、生まれつき人間が持っている仏性を目覚めさせれば、人生は豊かになる。

中国から初めて日本へお茶を持ち帰った人物とされる

平安時代末期から鎌倉時代初期の僧である。明菴 栄西(みんなん えいさい、みんなん ようさい)とも呼ばれる。臨済宗の開祖、建仁寺の開山。天台密教葉上流の流祖。また、廃れていた喫茶の習慣を日本に再び伝えたことでも知られる。
生年には異説がある。生地は備中国賀陽郡(岡山県加陽郡は現在加賀郡吉備中央町)。
栄西 – Wikipedia

親鸞(しんらん)

1173~1262年(浄土真宗開祖)
阿弥陀如来が救済する対象はすべての衆生であり、阿弥陀仏の本願力(=他力本願)を信じる人は当然、往生できる
(悪人正機説)

鎌倉時代の僧。浄土真宗の開祖。幼時に母を失い,9歳で出家。養和1 (1181) 年青蓮院の慈円について得度したと伝える。比叡山で 20年間学び修行したが,安心が得られず,建仁1 (1201) 年京都の六角堂に 100ヵ日の参籠に入り,それが機縁となって吉水の法然の門弟となり,ここで浄土教の教えを受けた
https://kotobank.jp/word/%E8%A6%AA%E9%B8%9E-82704#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29

道元(どうげん)

1200~1253年(曹洞宗の開祖)
座禅とは悟りを開くためや、何かを目的としたものではなくただ座る姿が仏であると信じるべし。(即心是仏)

鎌倉時代の禅僧。日本曹洞宗の開祖。字は希玄。久我通親の子。 13歳のとき比叡山横川の僧坊にとどまり,翌年出家。建保2 (1214) 年建仁寺の栄西 (えいさい) に入門,高弟明全について修学し,ついに臨済の印可を受けた。
https://kotobank.jp/word/%E9%81%93%E5%85%83-103480

1223年、24歳のとき、求道の志をさらに強くした道元禅師は明全和尚とともに海をわたり、宋(中国)の地を踏まれます。
正師を求め諸山をたずね、ついに天童山にて如浄(にょじょう)禅師とめぐりあわれます。道元禅師は如浄禅師を生涯の師として仰ぎ、坐禅修行に励まれます。そして、ついには悟りの境地を認められ印可証明をうけ、お釈迦さまより脈々とつづく正伝の仏法を受け継がれたのでした。
http://www.soto-kinki.net/about/dogen.php

日蓮(にちれん)

1222~1282年(日蓮宗開祖)
法華経だけが必要で、「南無妙法蓮華経」という題目を称えること。来世だけでなく現世でも救われなければならない。
法華経の重要性を説く

日蓮宗の開祖。勅諡は立正大師。 16歳で出家,伝統的仏教の教理に疑問をいだき,鎌倉,京畿,比叡山などで諸教学を学んだ。その後,故郷に帰って『法華経』を通じ真の仏教を知りうるという確信に基づいて,初めて「南無妙法蓮華経」という題目を称え (1253) ,日蓮と称した。
https://kotobank.jp/word/%E6%97%A5%E8%93%AE-109769#E3.83.96.E3.83.AA.E3.82.BF.E3.83.8B.E3.82.AB.E5.9B.BD.E9.9A.9B.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E4.BA.8B.E5.85.B8.20.E5.B0.8F.E9.A0.85.E7.9B.AE.E4.BA.8B.E5.85.B8

一休宗純(いっきゅうそうじゅん)

1394~1482年 禅僧
形式にこだわっていては真の悟りを開くことはできない。自然のままに生きることに「禅」の本質がある。
「一休さん」でおなじみ。後小松天皇の落胤とも伝えられる臨済宗の禅僧

6歳で京都の安国寺[3] の像外集鑑(ぞうがいしゅうかん)に入門・受戒し、周建と名付けられる。早くから詩才に優れ、13歳の時に作った漢詩『長門春草』、15歳の時に作った漢詩『春衣宿花』は洛中の評判となり賞賛された。
応永17年(1410年)、17歳で謙翁宗為(けんおうそうい)の弟子となり戒名を宗純と改める。
応永27年(1420年)、ある夜にカラスの鳴き声を聞いて俄かに大悟する。華叟は印可状を与えようとするが、一休は辞退した。華叟はばか者と笑いながら送り出したという。以後は詩、狂歌、書画と風狂の生活を送った。
文明13年(1481年)、酬恩庵(京都府京田辺市の薪地区)おいてマラリアにより死去。享年88。臨終に際し「死にとうない」と述べたと伝わる。墓は酬恩庵にあり「慈揚塔」と呼ばれるが、宮内庁が御廟所として管理している陵墓である[6]ため、一般の立ち入りや参拝はできない。
一休宗純 – Wikipedia

隠元(いんげん)

1592~1673年(日本黄檗宗開祖)
人は本来、心の中に仏を持っている。座禅と朝夕の念仏を行うことによって、それを再発見し、浄土を見出すことができる。

インゲン豆を日本に持ってきたことで知られる

隠元隆琦(いんげん りゅうき、特諡として大光普照国師、仏慈広鑑国師、径山首出国師、覚性円明国師、勅賜として真空大師、華光大師、万暦20年・文禄元年11月4日(1592年12月7日) – 寛文13年4月3日(1673年5月19日))は、中国明末清初の禅宗の僧。福建省福州福清県の生まれで、その俗姓は林である。
隠元自身は臨済正宗と称していたが、独特の威儀を持ち、禅とさまざまな教えを兼ね併せる当時の「禅浄双修」の念仏禅や、「禅密双修」の陀羅尼禅を特徴とする明朝の禅である「明禅」を日本に伝えた。また、道者超元と共に当時の禅宗界に多大な影響を与え、江戸時代における臨済・曹洞の二宗の戒律復興運動等にも大きな貢献をした。
なお、明代の書をはじめとして当時の中国における文化や文物をも伝え、隠元豆の名称に名を残し、日本における煎茶道の開祖ともされる
隠元隆き – Wikipedia

蓮如(れんにょ)

1415~1499年(浄土真宗中興の祖)
「自力」を捨て、阿弥陀如来の本願力を信じることによってのみ、私たちは救われる(他力本願)

蓮如[1](れんにょ)は、室町時代の浄土真宗の僧。本願寺第8世。本願寺中興の祖。同宗旨[3]では、「蓮如上人」と尊称される。諱は兼壽。院号は信證院。明治15年(1882年)に、明治天皇より「慧燈大師」の諡号を追贈されている。しばしば本願寺蓮如と呼ばれる。
親鸞の直系とはいえ蓮如が生まれた時の本願寺は、青蓮院の末寺に過ぎなかった。他宗や浄土真宗他派、特に佛光寺教団の興隆に対し、衰退の極みにあった。その本願寺を再興し、現在の本願寺教団(本願寺派・大谷派)の礎を築いた。
蓮如 – Wikipedia

達磨大師(だるまだいし)

不明~528年?(禅宗の開祖)
すべての人は仏性を備えており、それを再発見するために無心に座禅することが必要である。と説く

中国禅宗の開祖とされているインド人仏教僧である。達磨、達磨祖師、達磨大師ともいう。「ダルマ」というのは、サンスクリット語で「法」を表す言葉。達摩との表記もあるがいわゆる中国禅の典籍には達磨、古い写本は達摩と表記する。画像では、眼光鋭く髭を生やし耳輪を付けた姿で描かれているものが多い。
曇林が伝えるところによると、南インドのタミル系パッラヴァ朝において国王の第三王子として生まれ、中国で活躍した仏教の僧侶。5世紀後半から6世紀前半の人で、道宣の伝えるところによれば宋_(南朝)の時代(遅くとも479年の斉_(南朝)の成立以前)に中国にやって来たとされている。中国禅の開祖。『景德傳燈錄』によれば釈迦から数えて28代目とされている。インドから中国南方へ渡海し、洛陽郊外の嵩山少林寺にて面壁を行う。確認されているだけで曇林、慧可の弟子がいる。彼の宗派は当初楞伽宗と呼ばれた。彼の事績、言行を記録した語録とされるものに『二入四行論』などがある。
達磨 – Wikipedia

https://matome.naver.jp/odai/2141908372848537001
2015年09月12日