【裏ワザ】粗大ゴミを無料で捨てる方法

raybank
普通に捨てると、粗大ゴミ回収料金がかかるところを、ひと工夫で一般ゴミとして処分する裏ワザを紹介(もちろん合法です)。特に以下の品目について、ご紹介しています。・カーペット・カラーボックス

▼粗大ゴミって捨てるのにお金かかる…(##゚Д゚)イラっ

なんで捨てるのに金かかるんだー!

▼少し苦労すればお金をかけずに捨てられるらしい

カーペットの捨て方

カーペットは切断すれば一般ゴミとして処分可能
(自治体によっても違うけど)カーペットの粗大ゴミ処分費用、1000円。
ちょっと高いですよね。
ハサミで切って小さくしてしまえば、一般ゴミとして捨てられるそうです。
詳細→http://urx2.nu/fxRl
電気のこぎりがあると作業は楽そうです。(ハサミでやっても、それほど大変ではないです。指がちょっと痛くなるけど)

カラーボックスの捨て方

カラーボックスも解体すれば燃えるゴミに
ただ、カラーボックスの解体は結構大変。
パーツが大きいので、そのままではゴミ袋に入りません。

公園に持って行って、足で踏んづければ簡単にバラバラになります。
これなら、近所迷惑になりません。
カラーボックスを燃えるゴミとして処分したいのですが、分解して小さく… – Yahoo!知恵袋

こんなワイルドな方法もあります。もろい材質が捨てる時にはメリットになります。

▼結局…バラバラにするのが第一歩

粗大ゴミも分解して、正しく分別すれば、多くは一般ゴミとして処理できます
粗大ゴミ回収業者が仕事としてやっていることを、自分でやることになるので、手間はかかりますが、お金は浮きますね。ちょっとがんばってみて節約するのもいいかも。

▼粗大ごみ解体のための工具も売られているので使ってみては!?

https://matome.naver.jp/odai/2141907073536222301
2018年08月30日