【重大な気候変動】中国の大気汚染が原因だった!?

mofumofushiro-kuma

中国で深刻化している微小粒子状物質「PM2.5」などによる大気汚染が、北半球における異常な巨大嵐や大量降雨、大寒波などの重大な気候変動の原因になっているとする研究論文が16日までに、全米科学アカデミー紀要に発表された。
EX CONTENTS – SankeiBiz(サンケイビズ)

論文は、昨年末から今年初めにかけて米国の東部を襲った異常な寒波にも影響していると指摘した。
巨大嵐、大寒波…中国の大気汚染が原因 地球の裏側まで影響、衝撃広がる – 産経ニュース

大気汚染が人体に深刻な影響を及ぼすことは多数報告されてきたが、地球規模の異常気象との関係が科学的に指摘され、衝撃が広がっている。
巨大嵐、大寒波…中国の大気汚染が原因 地球の裏側まで影響、衝撃広がる – 産経ニュース

「(北半球で発生した)分厚く巨大な雲やおびただしい降雨を伴う嵐は、大気汚染の結果として生み出されたものだ」

研究論文の主著者で、米カリフォルニア工科大学ジェット推進研究所のユアン・ワン博士研究員はこう断言し、北京を中心とする中国の大気汚染が気候変動に重大な影響を及ぼしているとの認識を示した。
巨大嵐、大寒波…中国の大気汚染が原因 地球の裏側まで影響、衝撃広がる – 産経ニュース

論文では、異常気象の原因として、排ガスや微小粒子状物質から生まれた大気中を浮遊する粒子状物質「エアロゾル」を挙げた。エアロゾルは雲の元になり、大量に発生すると、嵐も巨大化するとしている。

さらにエアロゾルは日光を吸収するため、温室効果によって地球の温暖化と冷却化の両方の作用をもたらすという。
巨大嵐、大寒波…中国の大気汚染が原因 地球の裏側まで影響、衝撃広がる – 産経ニュース

このほか、論文は、エアロゾルは嵐やモンスーンに乗って、地球全体に広がり、より広範囲な気候変動を招く恐れもあると警告した。
巨大嵐、大寒波…中国の大気汚染が原因 地球の裏側まで影響、衝撃広がる – 産経ニュース

【PM2.5とは何か?】

微小粒子状物質(PM2.5)とは、粒径2.5μm(2.5mmの千分の1)以下の粒子状物質です。マイクロ(μ)は100万分の1の単位。2.5マイクロメートル(μm)は髪の毛の太さの1/30程度、花粉より小さい大きさとなります。またPM2.5は、単一の化学物質ではなく、炭素、硝酸塩、硫酸塩、金属を主な成分とする様々な物質の混合物となっています。
PM2.5とは:PM2.5情報

PM 2.5などの粒子状物質の発生源としては、ボイラー等のばい煙を発生する施設、自動車、船舶等の移動発生源、塗装や印刷等のVOCを発生させるものなど、多種多様な人為起源があります。また、自然起源としては、火山や黄砂の他に、植物から蒸発するVOCなどもあります。
※VOCとは、揮発性有機化合物の略称であり、揮発性を有し、大気中で気体状となる有機化合物トルエン、キシレン、酢酸エチルなど多種多様な物質を含む。
PM2.5とは:PM2.5情報

【エアロゾルとは何か?】

エアロゾルとは空気中を漂う微粒子のことです。土壌性、炭素性、硫酸塩、などエアロゾルには様々な種類があります。この内、土壌性エアロゾルはアラビア半島やサハラ砂漠など砂漠地帯で多く発生しています。炭素性エアロゾルは黒い煤(すす)状の微粒子で、森林火災やアマゾン地帯の焼き畑農業、都市部での自動車エンジンなど化石燃料の燃焼が主な発生源です。硫酸塩エアロゾルは化石燃料の燃焼で発生した硫黄酸化物が空気中で水と結合するなど変化することで発生し、二次粒子と呼ばれることもあります。
敵か味方か!?エアロゾルと雲

https://matome.naver.jp/odai/2141880009702679701
2015年01月04日