【必見】テレビを買うとき抑えるべき「5つ」のポイント

da-hane

テレビは高価な買い物

細かい機能がいろいろあってわかりにくい。

実際に家電量販店に行って、実物を見てもあまり違いがわからない。

Point.1 大きさ

まずは大きさから決めましょう。
店員に聞くと大きいのをオススメされるに違いありません。

・リビング
1人,2人で見るのなら32インチ〜40インチ
家族でみるのなら40インチ〜50インチは欲しい。

・寝室なら
1人でみるなら19インチ〜24インチ
2人以上なら32インチは欲しい。

・1人暮らし
滅多に見ないのなくても32インチは欲しい。32インチ以下だと見にくい、ゲームもしにくい。

※50インチ以上は置き場所と価格と相談。50インチを越える物はほとんど4Kテレビで高価になる。

Point.2 メーカー

オススメは国内4大メーカー

ソニー、パナソニック、東芝、シャープ

保証がしっかりしているし、リモコンなどが壊れたときも対応しやすい。
また、録画やDVDの再生に必要なブルーレイディスクレコーダーを以上4社販売しているので、セットで合わせやすい。

Point.3 価格

19インチ〜24インチは最低でも[1000円]
32インチぐらいなら最低でも[3000円]
40インチを越えるものは最低でも[5000円]

を値引くかポイント還元してもらうことを「目標」に

こればかりは、性能と比例するが
一般的なものなら

〜24インチ 3万円
32インチ 4万円
40インチ 5〜6万円
40インチ(ハイスペック)10万
50インチ 15万〜20万

Point.4 付属品

リモコンの操作性は意外と重要。

大きさ、価格がだいたい決まったら
次は各メーカーのテレビをいじってみましょう。
リモコンはテレビを操作するもの
購入の際の大事な要素です。

Point.5 番組表

【デジタル番組表】
地デジ放送が始まって意外と見る機会が多くなった。新聞とっていない人は必須。
「メーカー」「機種」によって表示の仕方が違うので、必ず見てみよう。

ぶっちゃけオススメは

テレビの画質が良く、映画などをよく見るなら「ソニー」
価格が安定していて、家族でみるのならば「パナソニック」
価格が安くゲームなどを良くするなら「東芝」
テレビとしてのブランド、音質を気にするなら「シャープ」

19インチ
色が選べる「シャープ」

23インチ
スタイリッシュな「東芝」

32インチ
価格が圧倒的に安い
「パナソニック」

40インチ〜なら
ハイスペックなら「ソニー」
コスパが良いのは「東芝」

40インチ以上ならば、今話題の【4K】も視野に

ハイスペックの40インチ以上のテレビの場合
価格差がほとんどないので、4K購入も検討してみて良いかも

その他の注意点

基本的にアンテナ線は附属していないので、新規にテレビを増設する場合は購入が必要。
価格は1000円ぐらいから。たいして違いはないのでネットで買って良い。

買い替えの場合は以前のを引っこ抜いて使えば良い。

https://matome.naver.jp/odai/2141856538173992001
2014年12月14日