記憶さえできれば受験なんて楽勝!たった4つの効率のいい上手な勉強の仕方

e140152
受験やテスト勉強のために徹夜したりしなくていいんです。効率のいい上手な勉強の仕方教えます。簡単な方法なので、やる気をなくすことなく勉強に集中する方法です。
繰り返しで覚える勉強法は非効率
勉強の仕方として、よく言われるのが繰り返して覚えるというのがあります。
これはそんなに効果がないんです。。

繰り返して覚える勉強方法は、直前のリハーサルや受験やテスト数時間前のような短期の記憶(一時的)に過ぎないのです。

たった4つの効率のいい上手な勉強法を教えます。

効率のいい上手な勉強の仕方1:聞く→言う
耳で聞いた覚えたい単語や文を「15秒待って」から、復唱することです。
効率のいい上手な勉強の仕方1:聞く→書く
耳で聞いた覚えたい単語や文をすぐに書き留めるのでなく、「15秒待って」書き出す。
効率のいい上手な勉強の仕方1:読む→書く
覚えたい単語や文を読んで、すぐに書き写すのでなく、「15秒待って」から、”何も見ずに”書き出す。
効率のいい上手な勉強の仕方1:読む→言う
覚えたい単語や文を読んで、すぐに声にするのでなく、「15秒待って」から、”何も見ずに”唱える。

この方法は、
覚えたいことを聞く、もしくは読んでから

「15秒間待って」から、

言う、話すことで覚える方法です。

覚えたいことをただ書いたりするのでなく、少しの間「持っておく」ことで、より覚えやすくなるのです。

https://matome.naver.jp/odai/2141856074467830501
2014年12月14日