パニック障害とパニック性不安うつ病とは

daietcooking

パニック障害とは

パニック障害という病気が、
日本ではまだ十分に知られていないため、
多くの人が自分に起きている症状が
パニック障害という病気だとは知らずにいたり、
からだの病気を疑って内科などで検査を受けても
異常がないといわれて適切な治療を受けないまま
徐々に症状を悪化させていくケースが多くみられます。
日本では、パニック障害は、
かつては「心臓神経症」や「不安神経症」として
取りあつかわれていましたが、
1980年に「病名を『パニック障害』に統一する」と、
世界的な取り決めが行なわれました。
パニック障害は実は、それほどめずらしい病気ではなく、
アメリカでは100人に3人の割合で発症しており、
日本でもほぼ同率の患者さんがいると考えられています。
今後、パニック障害に対する認識と理解が深まってくれば、
患者数はさらに多くなると考えられています。
パニック障害は治療を受けないで放っておくと
慢性化する場合がありますが、
早めに治療を行えば必ず治る病気です。
決して特別な病気でもありません。

パニック発作が起こった段階で
早期に適切な治療を受ければ、
治りやすい病気であると言われています。
しかし、パニック障害への認識の薄さから、
治療を受けずに症状を悪化させてしまう
ケースが少なくありません。
1回でも発作があれば、
病院で医師に相談してください。

初診・病院で聞かれる質問としては、以下のようなものがあります

発作時にどんな症状があるのか
はじめて発作が起こったのはいつなのか
一番最近の発作はいつ起こったか
どのくらいの時間、発作が続いていたか
今までに発作を何回くらい経験しているか
他の病気にかかっていないか
薬は他に飲んでないか
酒、タバコの量は1日どれくらいか等など 。

接する家族は

できれば診察に家族の方も同行してあげてください
少しでも早く正確な情報を医師に伝えるためにも、
家族の方が診察に同行することをお勧めします。
また、家族の方も一緒に医師の説明を受けることによって
パニック障害への理解が深まり、
治療の進行がスムーズになります。
発作のときの不安や心細さ、副作用に対する不安など、
患者さんが抱えている問題を知ってください
「また、あの発作が起きたら…」というパニック障害の
患者さんが抱える不安は、パニック発作を経験した人でなければ
理解しにくいかもしれません。
しかし、パニック障害は治療を受ければ
必ず治る病気だということを理解して、
温かく見守ってあげてください。
周囲の人の温かな思いやりが
患者さんにとっては何よりの安心になるのです。

発作が起こったときは、
そばにいて安心感を与えてあげてください
パニック発作では「このまま死んでしまうかもしれない」
というような強い不安に襲われます。パニック発作で
死ぬことはないので、発作のときは患者さんの側にいて
できるだけこのような不安を
取り払ってあげるようにしてください。
広場恐怖のある患者さんは、買い物や外の
用事に行くのがつらいことがあるので、
その場合はできるだけ手伝ってあげてください
広場恐怖による家から出られない状態は
うつ病などの二次的な症状を発症させる可能性があります。
誰かが付き添うことで、患者さんが外出できるのなら、
なるべく手伝ってあげてください。
身近な人の声を聞くだけでも安心するので、
1~2分でもいいので話相手になってあげてください
パニック発作に伴う強い不安が患者さんを悩ませています。
家族や友人などの身近な人と話すことは患者さんにとって
大きな安心になります。少しの時間患者さんと話をするといった
小さなことでもいいので、患者さんが安心感が
得られるように協力してあげてください。

専門は精神科や心療内科

症状が出た当初は身体の異常を調べるべく
内科などにかかることになると思いますが、
パニック障害の診断や治療は精神科
(精神神経科)や心療内科が専門です。

パニック発作の症状

次のような症状のうち、4つ以上の症状が突然起こり
10分以内にピークに達する場合がパニック発作とされています。
(以下はパニック障害の診断基準の一部です)

・動悸、心悸亢進、または心拍数の増加
・発汗
・身震いまたは震え
・息切れ感または息苦しさ
・窒息感
・胸痛または胸部不快感
・吐き気または腹部の不快感
・めまい感、ふらつく感じ、
頭が軽くなる感じ、気が遠くなる感じ
・現実感消失または離人症状(自分が自分でないような感じ)
・コントロールを失うこと、または気が狂うことに対する恐怖
・死ぬことに対する恐怖
・異常感覚(感覚麻痺またはうずき感)
・冷感または熱感
(「DSM-Ⅳ精神疾患の分類と診断の手引き」より)

パニック障害の診断

「パニック発作の症状を一回経験した=パニック障害」
ということではありません。

・予期しないパニック発作が繰り返し起こったり、
・発作後また発作が起こるのではという予期不安や
死んだり狂ったりするのではという恐怖、心疾患などを
起こすのではないかという心気症的不安などが一ヶ月以上続く
・発作の原因が投薬や甲状腺機能亢進症や
その他の身体の病気によるものでない

などの一定の基準に従って診断されます。

さまざまな病態

・パニック発作のみを繰り返す
・予期不安を伴う
・予期不安や広場恐怖を伴う
・心気症的不安(心臓病など重い
病気なのではないかと気に病む)を伴う
・うつ病を併発する あるいは
後にうつ病を発症する

など、人によりさまざまな病態があります。

うつ病の併発

パニック障害と併発しやすい病気に
「うつ病」があります。
パニック障害の発症前からのものや、
パニック障害が治まった後の
ものも含めればパニック障害患者の
半数以上がうつ病を発症しているといいます。
パニック障害などの不安障害に見られる
うつ病を「不安うつ病」といい、
特にパニック障害に見られるものを
「パニック性不安うつ病」として
普通のうつ病(定型うつ病)と
区別されることもあります。

パニック障害は、感情が過敏になるという
特徴を持った病気です。

パニック性不安うつ病では、
パニック障害の症状が非常に強く現れ、
些細な事でもプライドが
傷つくような事には、病的に激しく反応します。

パニック性不安うつ病では、程度の軽いときには、
気分の落ち込みよりも無気力が前面に出ます。

軽いうつ状態のパニック性不安うつ病は、
放置するとかなり長い期間続くことがあるので、
早期発見・早期治療が大切とされています。

重いうつ状態のパニック性不安うつ病では、
気分の変動が激しく、午前中は機嫌が良くても、
夕方頃になると不安感や焦燥感を感じ始め、
強い抑うつ状態に陥ります。

パニック性不安うつ病は、
良い事があれば気分が楽になりますが、
都合の悪い事に対しては、
些細な事でも激しく反応し、強く落ち込みます。

この激しく極端な気分反応が
パニック性不安うつ病という
「病気の症状」なので、周囲の人は、
自己中心的だとか、
お天気屋などと非難しないようにしてください。

パニック性不安うつ病では、
身体が鉛のように重くなったり、
眠くて仕方がないといった症状も多くみられます。

このようなパニック性不安うつ病の症状も、
何か都合が悪い事があると非常に激しく現れます。

パニック障害を治すには

パニック障害を治すには
パニック障害克服には耐えたり、
気を紛らわしたりしても治りません。

もちろん薬を飲むことはとても大事です。
ですが薬がパニック障害を治療して
治してくれるわけではない。

パニック障害は交感神経と副交感神経の
バランスが取れていないために起こる障害です!

パニック障害を患っている方は、
動悸・息切れ、震え、発汗、胸の圧迫感や痛み、
窒息感、吐き気、腹部の不快感、
めまい、ふらつきなど、
体に不快な症状が起きることがあります。
しかしよく考えてみればこれらの症状は、
パニック障害を患っている方だけに
起こる症状ではありません。
普通に生活をしている方にも
これらの症状が起きることはあります。
「今度またあの症状が起きたらどうしよう…。」と
心配を募らせる方もいます。

このように、誰にでも起きる症状に怯えたり、
次に何が起こるのかと絶えず
心配や緊張をしたりしていると、
交感神経を必要以上に刺激させて、
自律神経系のバランスを崩してしまうのです。
「不安・恐怖→交感神経を刺激→不安・恐怖の増大」といった
悪循環にはまってしまうのです。

パニック障害から回復するには、
自律神経系のバランスを
元に戻すしかないのです。

襲ってくる恐怖や不安があると、
不快な症状をきちんと
「直面」し「受け容れる」ことができなくなります。
とにかくリラックスをすること。

パニック障害どんな状況でもリラックスを心がけること。

時間がかかっても、良くなり治るので
気長に治療をしましょう。
パニック障害の原因(2) (こころの病気のはなし/専門編)

パニック障害の発症の原因については、
未だに明確に解明されていません。
しかし、「病気にかかり易い体質」
つまり先天的な遺伝要因が一部関係して
いるのではないかと、多くの研究で
報告されています。
第一度近親者
(つまりパニック障害患者の兄弟や子供・親など)の
発症率(生涯有病率)は17.3%との報告があり
(Croweら;Arch Gen Psychiatry40:1065-1069,1983)
一般人口の発症率の約8倍の危険度となります。

また、双子研究によれば、片側がパニック障害の場合、
一卵性双生児ではもう片側のペアの発症率(生涯有病率)は24%、
二卵性双生児では11%という報告もあり、
それぞれ一般人口の発症率の約10倍と約5倍の危険度となります。

パニック障害になりやすい性格は?
厳密に裏づけられた研究データは未だ存在しません。
。パニック障害になりやすい性格傾向として、
人見知り・内気・はにかみ・引っ込み思案
内省的・配慮性・従順・素直・温和などがあります。
パニック障害の原因(2) (こころの病気のはなし/専門編)

家庭環境問題は?

1.パニック障害患者が17才以前の離婚や死別
小児期の虐待体験と相関する
2.支配的・批判的・指示的である
両親の下での療育環境が発症に影響する
パニック障害の原因(2) (こころの病気のはなし/専門編)

参考リンク

https://matome.naver.jp/odai/2141802671562523601
2017年02月26日