ドーナツ戦争!?いま日本のドーナツ競争がアツい!!

たーさんfire

みなさん突然ですがドーナツといえば?

やはりこれ

やはりミスタードーナツと答える人は多いでしょう

しかし!!そんなミスドの独り勝ち状態が今終わろうとしています

セブン-イレブン・ジャパンがコーヒーの次に狙いを定めたのは“ドーナツ”だった。
セブンが怒涛の参入、「ドーナツ戦争」勃発か | 企業戦略 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

昨年コンビニで巻き起こった、入れたてコーヒー旋風。セブンでは現在、1日1店あたり120杯売れる看板商品になっており、2014年度は計6億杯を超す勢いである。
セブンが怒涛の参入、「ドーナツ戦争」勃発か | 企業戦略 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

このコーヒーと同時購入が期待できるドーナツを投入し、さらなる成長を目指す。コンビニ各社が追随すれば、新たに「ドーナツ戦争」が起こる可能性もありそうだ。
セブンが怒涛の参入、「ドーナツ戦争」勃発か | 企業戦略 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

ドーナツ戦争の火付け役はこの会社
規模、品質、売上すべてが一流のこの会社が狙いを定めたのはドーナツだった

ほかの企業も黙ってない、、、続々ドーナツ戦争に参戦!!

ライバル各社も黙って見ているわけではない。
ファミリーマートでは昨年から、デニッシュなどの甘いパンを拡充。
セブンが怒涛の参入、「ドーナツ戦争」勃発か | 企業戦略 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

さらに6月ごろから約10店舗で、セブンと同様にレジカウンターに置いた専用ケースでの試験販売を始めている。
セブンが怒涛の参入、「ドーナツ戦争」勃発か | 企業戦略 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

さらにコンビニ2番手のローソンも、今年の春から同様の実験を行っている。「サンドイッチなどと比べて、コーヒーと一緒に買う人が多い」(同社)と手応えを感じているようだ。コーヒーと同じように、コンビニ業界全体に、「レジ横のドーナツ」が並ぶ日も近いかもしれない。
セブンが怒涛の参入、「ドーナツ戦争」勃発か | 企業戦略 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

競争が始まっている

今回のセブンのドーナツ市場参入により大きな影響を受けるのが、ドーナツ販売チェーン最大手ミスタードーナツだ。
ドーナツ戦争仕掛けたセブンの脅威 ミスドの戦略は?コーヒー戦争で惨敗のマックの蹉跌 | ビジネスジャーナル

セブンイレブンとミスタードーナツの規模の差はおよそ38倍

圧倒的な差

今後はミスタードーナツ対コンビニ勢の戦いが展開されるでしょう

https://matome.naver.jp/odai/2141792943171243801
2014年12月07日