「今年はちゃんと書く」 その前に年賀状の由来とマナーを知っておこう

mu2329
意外と知らない年賀状の起源とマナーについてまとめました。

年賀状、今年はちゃんと書く。

しずきさん@HosiKasaneteto

今年は年賀状ちゃんと書くかなー

どれれ@D_drpyon_R

そうだ私も年賀状出さなきゃ

なんで年賀状書かなきゃいけないの…?

毎年「年賀状を出す」ということ自体がイベント化されていて、なんとなく出してはいませんか?
年賀状の基礎知識:マナーや喪中欠礼、整理方法まで 年賀状ソフト活用術

ナミヘイ@hrdnmhey

社会人になってからさらに、年賀状の意味がわからない。なんで出さなあかんの?誰に出さなあかんの?お金もったいないし、そんな時間もない。郵便局の陰謀としか思われへん!まだまだ考え方が子どもなんやろね…

年賀状の起源は平安時代…

日本では平安時代から明治時代にかけて、年が明けてお世話になった方々に直接年始の挨拶に回る習慣がありました。それが書状に簡略化されたのが年賀状の始まりです。
年賀状の由来|年賀状の豆知識|サクサク作る年賀状いろは集

明治6年に郵便はがきが初めて発行され、それを機に大衆の間で年賀状が急速に広まったとされていますが、実は江戸時代に、一部の武士や商人が飛脚を利用して年始の挨拶を書状で交わしていたとも言われています。
年賀状の由来|年賀状の豆知識|サクサク作る年賀状いろは集

明治20年前後になると、「年賀状を出す」ということが、国民の間に年中行事のひとつとして定着します。その結果、毎年末から年始にかけて、郵便局には多くの人々が出した年賀状が集中し、郵便取扱量が何十倍にも跳ね上がりました。
「年賀状博物館」|年賀状の歴史|年賀郵便制度の発足

意外と知らない?!年賀状のマナー

まずは新年を祝う言葉(賀詞)を書き、旧年中のお礼や先方の幸福を祈る言葉、今年もよろしくという意味の言葉などを続けます。これを基本に、何年も会っていない方には旧年中のお礼を省き、ご無沙汰していることを詫びて近況などを書き添えましょう。
年賀状の基礎知識:マナーや喪中欠礼、整理方法まで 年賀状ソフト活用術

よくある間違いの例は、「新年あけましておめでとうございます」。これは「新年」と「あけまして」が重複になりますので、「あけましておめでとうございます」「新年おめでとうございます」にしましょう。
また「謹んで初春のお慶びを申し上げます」は「(文章の)賀詞」ですが、添え書きと勘違いしやすいです。この文言と「賀正」や「寿」などの賀詞が混在すると、賀詞の重複となってしまうのでNGです。
年賀状を送る際のマナー | 年賀状 プリント決定版 2015

年賀状では、「別れる」「離れる」「失う」「倒れる」「衰える」といった言葉は避けたほうが無難でしょう。やってしまいがちなのは「去年」という言葉。「去」には「別れる」「離れる」といった意味があります。「昨年」「旧年」などと表記するようにしましょう。
年賀状マナー辞典 – 2015年おしゃれ年賀状素材のダウンロード、印刷注文サイトOHAGAKI

気をつけておきたいのは、専用の年賀はがきを使わない場合、必ず切手の下辺りに赤色か朱色で「年賀」と記します。これを書いておかないと通常郵便とみなされ、元旦以前に配達されてしまいます。
年賀状のマナー|年賀状の豆知識|サクサク作る年賀状いろは集

自分が喪中の場合はどうする?

11月下旬~12月上旬くらいを目処に喪中欠礼を出します。郵便局での年賀状の引き受け開始が12月15日頃ですので、それまでに届くようにしましょう。
年賀状マナー辞典 – 2015年おしゃれ年賀状素材のダウンロード、印刷注文サイトOHAGAKI

喪中なのに年賀状を受け取ったときは、1月7日(松の内)を過ぎてから、寒中見舞いとして返信を書きましょう。
年賀状マナー辞典 – 2015年おしゃれ年賀状素材のダウンロード、印刷注文サイトOHAGAKI

喪中の人には年賀状は送れない?

喪中の家に対する振る舞いというのは、厳格には決まっていませんし、年賀状を送ること自体はマナー違反ではありません。
喪中のマナー|郵便年賀.jp

喪中の方に対しては、新年を喜ぶ年賀状というよりは、年始に出す「喪中見舞い」「年始状」という性格のものと考え、文例としては「お悔み」のお手紙の簡略版や、遺族を励ます便りと考えればいいでしょう。
喪中のマナー|郵便年賀.jp

「たびたび」「重ねがさね」「また」などの弔事における忌み言葉は使わない、派手な色は避けるなどの配慮が必要です。また、喪中と知らずに年賀状を出してしまったときには、年賀状が届く前か1月7日(松の内)を過ぎてからのどちらかに、訃報を知らなかった旨、お詫びとお悔やみの言葉を添えて、寒中見舞いを出しましょう。
喪中のマナー|郵便年賀.jp

https://matome.naver.jp/odai/2141785861212131601
2015年02月12日