【サッカー日本代表】黄金世代(ゴールデンエイジ)ベストイレブン~超攻撃型~

孔明0530
日本のサッカーにおける黄金世代は、「79年組」とも呼ばれ、1994年に開催されたU-16アジアユース選手権カタール大会の優勝年代でもある。ベストイレブンの11名を選出しました。

日本サッカー黄金世代とは?

日本のサッカーにおける黄金世代は、「79年組」とも呼ばれ、1994年に開催されたU-16アジアユース選手権カタール大会の優勝メンバーでもある、小野伸二、稲本潤一、高原直泰、酒井友之、播戸竜二、辻本茂輝、手島和希、本山雅志らに代表される主に1979年度生まれの選手たちを指す。小野や稲本以外にも中田浩二、遠藤保仁、加地亮、坪井慶介、小笠原満男など、その後のA代表に定着した選手も含む。

中でも、小野、稲本、高原の三人は、この世代を代表する選手であり、海外でも成功を収めた数少ないプレーヤーである。

フォーメーション

3-5-2

GK    ●
————————-
DF●   ●   ●
————————-
●   ●
MF
●   ●   ●
————————-
FW  ●   ●

ベストイレブン(超攻撃型)

GK:南雄太
DF:加地亮(右)
DF:坪井慶介(中)
DF:中田浩二(左)
MF:遠藤保仁(ボランチ)
MF:稲本潤一(ボランチ)
MF:小笠原満男(右)
MF:小野伸二(トップ下)
MF:本山雅志(左)
FW:高原直泰
FW:播戸竜二

関連まとめ

https://matome.naver.jp/odai/2141736315485439601
2017年12月11日