生きている姿が初めて確認された「クロアンコウ」のラスボス感がヤバい

musinone
別名は「ブラック・シーデビル」。顔も名前もとんでもない迫力です。

クロアンコウの姿をカメラが捉えた

別名は「ブラック・シーデビル」
顔も名前も迫力がすごい。

深海に生息する雌のクロアンコウの姿を初めてカメラでとらえたと発表した
CNN.co.jp : 珍しいアンコウの姿を初めて撮影 米水族館

遠隔操作の潜水ロボットを使って海中のさまざまな深さにすむ生物を調べる探査の中で、水深 580 meters(1,900 feet)でクロアンコウに遭遇したそうです
深海に潜むクロアンコウ、黒い悪魔(Black seadevil) » Nobuyuki Kokai Blog

black sea devilの名の通り怖い顔ですが、体長は9センチほど
顔こわっ 深海魚「ブラックシーデビル」がカナダで撮影される – ねとらぼ

未だ、謎多きアンコウ

水族館の報道担当者は、20年余りに及ぶ探査の歴史上でも特に大きな発見になったと話している
CNN.co.jp : 珍しいアンコウの姿を初めて撮影 米水族館

「クロアンコウが深海で生息する姿をとらえたのは初めてと確信している」としています
顔こわっ 深海魚「ブラックシーデビル」がカナダで撮影される – ねとらぼ

動画で見る

映像からは、その突起が怪しく光る様子を確かに確認できる
【深海の謎】恐すぎる!! 「ブラック・シーデビル」の泳ぐ姿が初めて激写される|TOCANA

潜水ロボットを用いて撮影されたその姿は、大きな口や鋭いきばが印象的
深海での撮影に成功「黒い海の悪魔」 – 動画 – Yahoo!映像トピックス

モントレー湾水族館研究所は深海生物生態のエキスパート

今回の撮影に成功した研究所
水族館も超かっこいい!!

水族館の中央にある 3 階分の高さがある水槽には、背の高い海藻の森が広がっています
モントレー ベイ水族館 / モントレー (および周辺地域)|エクスペディア

他に類を見ない画期的な水族館ですが、設立したのは、アメリカの有名なIT企業の創設者、デービッド・パッカード氏
水族館裏探訪 世界で最も人気のある水族館・モントレー湾水族館 – ダイビング情報ポータルサイト ダイブネット

頭が透けた深海魚「デメニギス」も発見

1939年以降、デメニギスの存在は確認されていたが、引き揚げられる途中で魚網に絡んで傷だらけになってしまうのが常だった
透明な頭をもつ深海魚デメニギス(モントレー湾水族館研究所発見) – Love Carmelがご紹介するモントレー半島 | @DIARY(あっとダイアリー) 無料レンタル日記サービス

https://matome.naver.jp/odai/2141709543683333301
2014年11月27日