[仕事]こうして上げる!仕事のモチベーション

micapace
仕事辞めてぇぇぇぇぇぇぇぇ・・・・・憂鬱気分が、半端ないあなたへ。

あぁ。仕事辞めたい。でも辞めれない。

「モチベーション」とは、あなたを動かす原動力です。
あなたが仕事のやりがいを感じるためには、
仕事に対するモチベーションがどこにあるかを知ることが大切!

もし、「今の仕事にやりがいが感じられない……」と思ったら、
あなたのモチベーションがどこにあるかを知り、
今後の仕事の取り組み方に役立ててみてはいかがでしょうか?

10問の質問に答え、モチベーションをあげる方法が性格別に診断できるサイト

http://woman.mynavi.jp/shindan/motivation/

実際に、診断してみました。

あなたのモチベーションは……
「好きなことをすること」!!
あなたは現在、「好きな仕事ではないので、今の仕事がつまらない」と思っていませんか? “好きなことをする” ことが、あなたのモチベーションのようです。
今の部署では、希望する仕事ができないならば部署変更を希望してみてはいかがでしょうか? しかし、好きな仕事がしたいからと言って必要不可欠なスキルが足りないようではあなたの希望は通りません。今から必要なスキルを磨き、現在の部署で与えられた仕事を責任もって取り組み、“仕事に対する姿勢や能力”を上司にアピールしましょう。あなたの仕事ぶりを認めてもらうことが大切です。
もし、今の会社ではあなたの希望する仕事ができないようなら「転職」も一つの方法と言えます。必要なスキルや資格の習得をしておき、あなたの希望する仕事ができる転職先を探しましょう。
また、希望の仕事が未経験からの挑戦であったり、転職したばかりで給与が低かったりと今までもらっていた給与をしばらくは維持できない場合も出てくるかもしれません。スキルや資格を習得すると共に、今から貯蓄もしておくと安心でしょう。好きなことに安心して打ち込める環境を用意して、希望の仕事にチャレンジしてみましょう。

なぜ、仕事で悩むのか?

あなたの日頃の迷いに対して、考え方の筋道をわかりやすく説く。
http://president.jp/articles/-/11783

いつも心身が疲れている・・・運を呼ぶ5つの、新法則。

エネルギー充電を怠ると、良好なコンディションを維持できず、やがて燃え尽きてしまう。心身のバランスを取り戻す、5つの充電ポイントとは。
http://president.jp/articles/-/11683

時間軸を長くする。

普通の人間なら「泥のように働け」と言われても「そんなに働いていいことがあるの?」と思ってしまうが、成功する人は違う。その思考とは。
http://president.jp/articles/-/11807

仕事のやる気を失っているときの処方箋。

ジャーナリストである吉田典史さんの秘訣を引用してみました。
主に経営・社会分野で記事や本を書く。著書に「封印された震災死」(世界文化社)、「震災死」「あの日、負け組社員になった…」(ダイヤモンド社)、「非正社員から正社員になる!」(光文社)など、多数。

本当にやる気を失っている??

十数年前、人事労務の分野で「モチベーション」という言葉が広く使われるようになった。そして、その頃から「モチベーションは常に上げていなければならない」という考えを持つ人が増えてきた。成果主義が普及した影響もあるのだろう。しかし、その人たちを観察していると、本当に“やる気”を失っているとは思えないことがある。むしろ“やる気”があるからこそ、「モチベーションを上げよう」とするのではないだろうか。

もし、この時期、心身が疲れているのなら、まずはそこを考えることをすすめたい。本当に自分は“やる気”を失って、モチベーションが下がっているのだろうか、と。特に、周囲の同世代の社員と比べてみてほしい。“やる気”を失っていたとしても、あくまでそれは短い期間のもので、数年間にわたるものではないだろう。このくらい、現状を広い視点で捉えるべきだ。すると、冷静に考えられるようになり、相対的に自身のことを捉えることができるはずだ。
http://dime.jp/genre/141837/

仕事がないときは、なぁーんにもしない!

職場では当然、仕事をしなければいけないが、帰宅してからは、可能な限り、何もすることなく、時間を過ごすようにしたい。仕事のことを考えることも、できるだけ避けよう。ひたすら寝るのもいい。それで、体の具合が悪くなってしまうようなら、ブレーキをかけたいところだが、大切なことは“考えることをしない”こと。“やる気”を失っている時は、得てして頭や心が疲れている場合が多い。この機会に、少しでも休ませる時間を作るように心がけよう。

「モチベーションが下がっている」と嘆く人は、人よりすべての人と良好な関係を作ろうとしたり、多くの人からよく思われたいと考える傾向がある。いつも完璧であろうとするより、疲れている時はむしろ、交際範囲を狭くすることをおすすめしたい。本当に心から信頼できる友人と、納得がいくまで話し合ってみたりするほうがいい。そして、この人は嫌だなと感じた時は、できるだけその人と深く関わらないようにしたほうがいい。

信頼できる人に頼り、不快になる人は避けよ

「モチベーションが下がっている」と嘆く人は、人よりすべての人と良好な関係を作ろうとしたり、多くの人からよく思われたいと考える傾向がある。いつも完璧であろうとするより、疲れている時はむしろ、交際範囲を狭くすることをおすすめしたい。本当に心から信頼できる友人と、納得がいくまで話し合ってみたりするほうがいい。そして、この人は嫌だなと感じた時は、できるだけその人と深く関わらないようにしたほうがいい。

対人関係でのストレスなら、正しくこれには共感できる!

これは、かなり有力だと思う。。。。
不快になる人との会話がストレスの要因だと感じる!
自分は不快に感じている人=相手も不快に感じていることは、
少なからず有り得る。なのでなるだけ接触は避け、モチベーションをあげましょう♡

心が穏やかになるようにする!

プライベートでは可能な限り、本当にしたいこと(好きなこと)をするようにしよう。大切なのは、「こんなことをしていいのかな」といった迷いを捨てて、「これは嫌だな」と不快な印象を受けるものをできるだけ遠ざけること。好きなものに囲まれて、心が穏やかになる生活を続けると、次第に元のペースを取り戻すことができる。常に心がワクワクし、楽しくなるような環境に身を置くようにしよう。机の上に好きなものを置いたり、服装もカバン、靴など本当に好きなものを身につけるようにするだけで、気分が変わってくるはずだ。
http://dime.jp/genre/141837/2/

「形」を見つめ直して、問題を見えるようにする

やる気を失っている時は、「形」が乱れていることが多いからだ。例えば、電話をする際やメールを書く上でも、最低限のマナーがあるように、きちんとできているか、見つめ直してみよう。取引先や顧客への接し方にも、必ず「形」があるはずだ。基本を疎かにしていないか、初心に戻ることで気づかされることもきっとあるはずだ。それがモチベーションにつながることもある。

やる気を失って、モチベーションが下がり、仕事がスランプに陥ると、焦って結果を求めようとする。「もっと稼がなければ……」とか「こんなに成績が悪いとまずい」と自分を追い詰め、悪循環になる場合がある。それよりも、結果に至るプロセス、つまり、仕事の形を検証することが大切だ。

例えば、営業の仕事なら、クライアントへのアプローチや商談の進め方などがある。それぞれを作業ごとに細かく分け、1つずつ、丁寧に振り返ってみよう。具体的な事実を書き出していくことで、問題点をあぶり出していくと、意外と答えが見つかりやすい。

モチベーションアップ集!という記事。まとめました

下がる≂今までが頑張ってきたという証拠。

自分自身が仕事で最近やる気が出ないと思うからこそ、モチベーション低下に悩むのです。
仕事をしていてどうしてもやる気がでないときは、
以下のような事を考えてみてください。
http://mtv-up.com/%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%97%e3%81%a6%e3%82%82%e3%82%84%e3%82%8b%e6%b0%97%e3%81%8c%e5%87%ba%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a8%e3%81%8d%e3%81%af/

やる気再発まで、待つ。

淡々と約束した仕事をこなすが、頑張りすぎない。
自分を見つめなおす時間をつくる。

いままでの原点に立ち戻ってみる

自分がやる気のあった時代を思い出し、
なぜその時はやる気があったかを思い出す。
そのころにお世話になった人や、先輩方と
食事などに行って話をするのも良いでしょう。

自分はどうなりたいか、どう生きたいかを模索する

人と会ったり、興味のあったセミナーや勉強会に参加する、
それもつかれるのであれば、自己啓発の本を読んでみるなど、
今後自分はどうなっていきたいのか考える。
思わぬ突破口が開けるかもしれない

モチベーション下がる = 視野は広がる!!

逆にいえば、モチベーションが下がっているときだからこそ、
普段と違う事(人と会ったり、本を読んだり)することで
ひらめき、目の前に開いた突破口にチャンスに
飛び込んでいけるときもあります!
http://mtv-up.com/%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%97%e3%81%a6%e3%82%82%e3%82%84%e3%82%8b%e6%b0%97%e3%81%8c%e5%87%ba%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a8%e3%81%8d%e3%81%af/

言葉に勇気づけられましょう♡

理屈もありだけど、励ましてくれ!!!!
そんなアナタにエールを送ります。

ヘレン・ケラー

「偉大で崇高な仕事を成し遂げることを私は心から望んでいる。
けれども、私の一番の務めは、ささいな仕事をあたかも偉大で崇高であるかのごとく成し遂げることだ。」

ガンジー

「自分が行動したことすべては取るに足らないことかもしれない。しかし、行動したというそのことが重要なのである。」

岡本太郎

「私は、人生の岐路に立った時、いつも困難なほうの道を選んできた。」

ジョージ・バーナード・ショー

「有能な者は行動するが、無能な者は講釈ばかりする。」

ダンテ

「お前の道を進め、人には勝手なことを言わせておけ。」

リンカーン

「意志あるところに道は開ける。」

井上靖

「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。」

イチロー

満足の基準は、少なくとも、誰かに勝ったときではありません。自分が定めたものを達成したときに、出てくるものです

誰のために仕事をしているのかを考えてみましょう。仕事に不安は付きものですが、不安があるということは、マイナス面ばかりを見ているからそう感じるのです。プラス面はどうでしょうか? 会社に出勤して仕事をすることで誰のために仕事をしていますか? もちろん時には自分のために仕事をすることもありますが、それでもOKです。あなたはその努力に値する価値を持っているのです。
仕事のモチベーションを保つには、誰のために仕事をしているのかを意識する – ライブドアニュース

https://matome.naver.jp/odai/2141705519626555401
2014年12月07日