処刑方法【皮剥ぎの刑】とは

win-win
皮剥ぎの刑(かわはぎのけい)とは、罪人の全身の皮膚を刃物などを使って剥ぎ取る処刑法。古代よりオリエント、地中海世界、中国など世界各地で行われていた。

皮剥ぎの刑

皮剥ぎの刑(かわはぎのけい)とは、罪人の全身の皮膚を刃物などを使って剥ぎ取る処刑法。古代よりオリエント、地中海世界、中国など世界各地で行われていた。全身の皮膚を失った罪人は、長時間苦しんだ後に死に至る。執行から死に至る長時間の苦痛はもとより、皮をはがされた人体は正視に堪えるものではない。そのため、見せしめとしての意味合いも大きい。 拷問として、体の一部分の皮のみを剥ぐ場合もあった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%AE%E5%89%A5%E3%81%8E%E3%81%AE%E5%88%91

オリエント・ヨーロッパ世界

■ギリシャ神話に登場する光と音楽の神アポロンは、サテュロスのマルシュアースと音楽の勝負をした。他の神を買収して勝利を得たアポロンは、「勝者は相手に何をしてもいい」との約束のもと、マルシュアースの全身の皮を剥いで殺した。

■ヘロドトスの「歴史」によれば、アケメネス朝ペルシアの王カンビュセス2世は、職務を汚したと見なした判事を皮剥ぎの刑に処し、その皮で後任者が座る椅子を飾った。父親が皮剥ぎに処された場合、後を継いだ息子はこの椅子に座らなくてはならなかった。

■ローマ皇帝のウァレリアヌスはサーサーン朝ペルシャとの戦に破れ、ペルシャ領内で皮剥ぎの刑に処された。ペルシャ王シャープール1世はその皮を赤く染め、神殿に掲げた。

■キリスト教の聖人バルトロマイは皮剥ぎで殉教した。後の宗教画では、ナイフと自身の皮を持った姿で書き表される場合が多い。

■276年、マニ教の創始者マニは皮剥ぎの刑に処された。

■415年、アレキサンドリアの女流哲学者ヒュパティアは、激昂したキリスト教徒の暴徒に取り囲まれ、異端者として蛎殻で皮と肉を抉り取られて殺された。

■991年、イングランドを襲撃したバイキングは、住人を皮剥ぎに処した。

■1199年、リチャード獅子心王は城攻めの最中、敵方の弓兵にクロスボウで射られ、その傷が元で崩じた。彼は死のまぎわ、自身を射た弓兵ピエール・バジルの勇気を讃え、罪を許した。しかし、王の死後にピエールは皮剥ぎで処刑された。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%AE%E5%89%A5%E3%81%8E%E3%81%AE%E5%88%91

処刑方法【皮剥ぎの刑】とは
「最後の審判」に描かれたバルトロマイ。剥がされた自身の皮を持っている。皮に描かれた顔は、ミケランジェロの自画像である。(伝承ではバルトロマイの皮は短冊状に細く切り分けられており、絵のような一枚皮ではない)
皮を剥がされるマルシュアース
処刑方法【皮剥ぎの刑】とは

中国

剥皮の最初の記録は、「漢書」にあるもので、「漢の景帝の時向川王劉去が、生の人を割剥した」とある。

有名なものでは、三国時代の呉の最後の皇帝孫皓が、人の顔の皮を剥いだというものである。孫皓が晉に降った後のある日の事、晉の武帝司馬炎と侍中の王済が碁を打っていた。王済は傍らにいた孫皓に、「そなたは呉を治めていた時に、人の顔の皮を剥いだと聞くが本当かな?」と尋ねた。孫皓は、「臣であるのに君に非礼をはたらいた者があったので、この刑を科したのです」と答えた。すると王済は、司馬炎の足元に投げ出していた足をたちどころに引っ込めたという。

明代は、この剥皮がもっとも多く行われた時代であり、いろいろな方法があったらしい。永楽年間、両広提督の韓観は、人の皮を完璧に剥ぎ、耳・目・口・鼻、更には頭髪に至るまで整ったものを、座布団としていた。嘉靖年間、倭寇討伐将軍として名を馳せた湯克寛は、沿岸を荒らしていた倭寇の首領の皮を剥ぎ、その皮を張った太鼓を作って「人皮鼓」と呼んでいた。天啓年間、宦官の魏忠賢は溶けた松脂を全身に塗りつけ、固まった所をノミで打って剥ぎ取って人の皮殻を作った。民末の反乱軍の頭領張献忠は、首の後方から肛門まで真っ直ぐに切り下ろし、その後、皮膚を両側に引っ張って剥がし、その背中と腕が繋がった様はまるで蝙蝠のようだったとか。

このように明代には、皮剥ぎの刑が多用されたが、清代に入ると皮剥ぎが行われたという記述は無い。正史・野史・小説の中にも全く見つからない。

しかしその後、大日本帝国が中国を侵略した時、反抗した中国人は皮を剥がれたという。

http://www.geocities.jp/aydahn42df5/keibatsu.html

アメリカ大陸

■かつてメキシコの地に栄えたアステカ帝国では、神々に人身御供を捧げていた。穀物の神・シペ・トテックを祀る儀式の際は、石器のナイフを用いて生贄の全身の皮を剥がし取り、剥がされた皮を神官が身に纏って踊った。後にスペイン人のエルナン・コルテスがアステカの都テノチティトランに攻め込んだ際、捕虜にされたスペイン人も生贄として皮を剥がされたという。また現在でも、マフィアによる私刑によって頭部や全身の皮を剥ぎ取られる場合があり、死体または人体の一部の画像がインターネット上にて閲覧可能である。

■北米大陸のインディアンのうち、西部大平原に居住する部族には、倒した敵の頭の皮を剥ぎ取り、戦利品として持ち帰る風習があった。しかしこれはインディアン独自の風習ではなく、白人との抗争の中で新たに生まれたものらしい。頭皮剥ぎの際に相手を殺す必要は無いため、頭に傷を残したまま生きながらえる者も多かったが、頭に残った傷は大変な恥辱だった。

http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E7%9A%AE%E5%89%A5%E3%81%8E%E3%81%AE%E5%88%91

シペ・トテック神の姿。肘の部分からは、身にまとう生贄の皮の手首が垂れ下がっている。
処刑方法【皮剥ぎの刑】とは
https://matome.naver.jp/odai/2141662963507536701
2014年11月25日