【動画】実は歌手!やしきたかじんの神曲たち【関西の視聴率王】

ice0123
殉愛で死後も世間をにぎわすやしきたかじん。百田氏がどうの、さくらさんがどうのっていうより、たかじんは名歌手なんです。

関西の視聴率王やしきたかじん、彼の本業は歌手である

だが、関西人は、だいたい彼のことを、「司会者」として認識している。
歌手だって知っているけど…でも、冠番組あんなに持ってたら、本業は司会者にしか見えない…

さいきんまた世間を賑わせているけど…

騒動より、たかじんの歌を聞いて欲しい…

そんなたかじんのコンサートはもはやトークライブ

コンサートでも、歌よりもトークを重視しているかのごとく喋りまくるたかじん。これも彼のサービス精神のひとつ。

歌の間に3回から4回ほど2、30分程度(大ネタになれば4、50分)のトークがある。トークでオチをつけないと次の曲の演奏が始まらないことも特徴である
やしきたかじん – Wikipedia

客も客やで

聴衆からも「曲はレコード、CDで聞くからそれよりも話をして」と言われるという。
やしきたかじん – Wikipedia

関西では「スズムシの声を持ったゴキブリ」と呼ばれていた。
やしきたかじん – Wikipedia

女性の曲も歌いこなす

たかじんの曲は切ない女性目線が多い

これも名曲です

松山千春と一緒に。神がかっている。

https://matome.naver.jp/odai/2141648362340825601
2014年11月22日