【知っとこ!!】まぢで!?この驚愕の美声の正体は?耳を疑う男性ボーカルユニット゛C&K゛のまとめ

きみきみこ
男性は、カラオケで歌いたくても出ない人が多数・・・女性も、かなりきついですwww←体験談

神曲!!

紅白出て欲しい!!

arayuru-houhou.com/kouhaku.html

ここへアクセス!
みんなで紅白いきましょ(´・_・`)

目指せ紅白!
みんなの力を合わせて紅白へ!!

RT超〜拡散希望! pic.twitter.com/m2wjvNDeQc

スギちゃんも好きなんだぜぇ~~ww

スギちゃん@wild_sugichan

謎が解けたぜぇ^_^勇気を出して聞いてみたら昔から音楽をやってる方でC&Kのジェニファー何度もあなたに恋をするを聞いた途端に、こんな凄いミュージシャンが出てきたらもぉ俺は音楽をやってちゃいけないと思いやめたという方でしたぜぇ
紳助さんがダウンタウンさんを見た時にそう思ったのと一緒

スギちゃん@wild_sugichan

今、代理店さんの車で移動中
C&KのCD流れてるぜぇ^_^
運転してる方が好きなのかな^_^でも王様ゲームとかノリノリのうるさめの曲を飛ばすぅ^_^俺がC&K好きなの知らないんだろうなぁ^_^確かにうるさめの曲は最初聞く人にとったらなんや?って思うもんなぁ^_^

C&Kってこんな人!!

C&K (シーアンドケー)はCLIEVY(クリビー)(スーパーハイトーンボイス、栃木県出身)とKEEN(キーン)(シルキーボイス、鹿児島県出身)からなる日本の男性二人組ボーカルユニット。

ディスコ、ファンク、ソウル、レゲエなどのブラックミュージックから、フォークや80年代の歌謡曲まで幅広いジャンルを二人の感性でミクスチャーにした「JAM」(ジャム)と呼ぶ音楽スタイルを確立中である。

また自らをあらゆるカルチャー(音楽、ファッション、お笑い、他)のジャンルの垣根をぶち壊す「ジャンルバスターズ」とネーミングしている。

※この歌を聴く時、ぜひ目を閉じて聞いてみて下さい!

この曲は、愛する人と遠く離れた場所で暮らす思いをつづったバラードだ。おそらく多くの人がこの曲を聞いて「女性も歌っているのでは?」と思ったはず。しかし実際は男性二人が歌っている。

歌っている「C&K」はCLIEVY(クリビー)とKEEN(キーン)の二人からなる男性ボーカルユニット。女性のような美しい高音を出すのがCLIEVY。そしてシルキーボイスで観客を魅了するのがKEEN。高い歌唱力、そして心の琴線に触れるような繊細な歌詞、さらにキャッチーな楽曲が評価を受けてじわじわと支持を集めている。

◆表現力がありすぎ!!こころをわし掴みにされる!!

◆C&Kが祖父母への愛を唄った新曲「愛を浴びて、僕がいる」

◆ぼくとあなたの終わらないラブ・ストーリーを歌ったプロポーズ・ソング♪結婚を控えている方はもちろん、恋愛中の方の胸にも優しく温かく響きます。

◆親から子への愛情・親子の絆を描いた「家族愛ソング 」!

なんと!C&Kは鹿児島でこんな活動を!!!

C&K、KEENの地元である鹿児島でアイドル全面プロデュース | Musicman-NET

C&KがメンバーのKEENの地元である鹿児島で、アイドルグループを全面プロデュースする。

こちらは、KTS「見っどナイト」の番組内にて立ち上がった企画であり、鹿児島で絶大な人気を誇るC&Kが楽曲のみならず衣装、ダンスなど全面プロデュース。

C&Kが直接面接や合宿オーディションをするなど選考を重ね選ばれた、学生から2児の母まで、13歳から34歳のバラエティに富んだ20人組女性アイドルグループとなっている。

◆C&Kの名前の由来

CLIEVYはレゲエのジミー・クリフとバーリントン・リビーという、レゲエアーティストが好きで、2人の名前をくっつけました。

KEENキーンは、鋭いという意味があって。目が鋭いことと、歌詞で鋭いことを突いて行くぞという意味で。

◆CLIEVYさんの歌声のなぞ・・・・

子どもの頃からこういう声で、声でいろんな表情を見せたいと思っていて。毎回「これは誰の声だろう?」と思ってもらいたいんです。バラードではこういう感じですが、ほかの曲ではもっとさまざまな表情を見せている。

◆KEENさんのシルキーボイスのなぞ・・・

「アイアイのうた~僕とキミと僕等の日々~」は、特に低めに聴こえるかも。でも、中低音がしっかり歌えるシンガーになりたいというのは昔から思っていて。あと、声色でどれだけ感情を表現できるかは、毎回すごく考えています。

【画像】

CLIEVY☆ 誕生日:1984/8月31日 A型 出身地:栃木

KEEN☆ 誕生日:1982/9月6日 O型 出身地:鹿児島

横浜・湘南を拠点に活動。

九州男やハジーともコラボしています!!今後注目のアーティストかもしれないですね!!!

https://matome.naver.jp/odai/2141588648015425501
2017年10月26日