【認知症の原因?!】アミロイドベータ

naon223
アミロイドβとはアルツハイマー型認知症の原因物質です。アミロイドβが蓄積することで脳萎縮をきたしアルツハイマー型認知症を発症します。このたび、アルツハイマーの治療に対する新しい発見が日本でされました。

アミロイドβってなに?

アルツハイマー病の主要な病理変化には老人斑と神経原線維変化があるが、この老人斑は発症の早期から認められ、その主要構成成分がAβである
アミロイドベータ蛋白 (amyloid beta protein)

Aβの産生および蓄積の異常がアルツハイマー病の発症に深く関係している
アミロイドβタンパク質 – 脳科学辞典

これまでの認知症検査

脳脊髄液中のAβの減少、リン酸化タウ蛋白質の増加を調べる検査が挙げられますが、これらの検査は侵襲的であり、健診には不向き
アミロイドイメージング(認知症) | PET研究について | HIMC 阪和インテリジェント医療センター

現在使われているアミロイドベータの蓄積量の検査方法は、脊髄に針を刺し、採取された髄液を分析するため、患者への負担が多いのが課題となっています。また、高額な費用がかかるPETと呼ばれる画像診断装置が必要であったりと、いずれも簡単に検査ができるものではありません。
愛知県などのチームがアルツハイマー検査の新技術を発表 | Credo

現在使われているアミロイドベータの蓄積量の検査方法は、脊髄に針を刺し、採取された髄液を分析するため、患者への負担が多いのが課題となっています。また、高額な費用がかかるPETと呼ばれる画像診断装置が必要であったりと、いずれも簡単に検査ができるものではありません。
愛知県などのチームがアルツハイマー検査の新技術を発表 | Credo

という状況でした。

しかしこの度

数滴の血液で発症前に「アルツハイマー」判定が可能に!
数滴の血液で発症前に「アルツハイマー」判定が可能に! – IRORIO(イロリオ)

原因たんぱく、発症前に判定=アルツハイマー、血液から―長寿研
原因たんぱく、発症前に判定=アルツハイマー、血液から―長寿研

この原因たんぱくというのがアミロイドβです。

アルツハイマー病の早期発見や「治らない」といわれていたアルツハイマー型認知症の治療法の発見
アルツハイマー病の症状が出る前での早期治療につながる発展を期待します。

https://matome.naver.jp/odai/2141576730552843901
2014年11月15日