【 甘城ブリリアントパーク 】 モッフル 壁紙画像まとめ 「お菓子(暴力)の妖精」

supercells
【 甘城ブリリアントパーク 】 のモッフルの画像まとめです。セクシー系はできるだけ避けてます。画像は随時追加予定です。

モッフル
声 – 川澄綾子
アトラクション「モッフルのお菓子ハウス」のマスコットであるお菓子の妖精。甘ブリのキャストの中ではトップクラスの人気があり、アトラクションが立地するパーク内エリア「ソーサラーズ・ヒル」のキャストリーダーも務め、幹部の多数を占めるリアルキャストの中でもリーダー的存在である。西也に対して、当初は良い印象を持っておらず事あるごとに衝突していたが、パーク閉園の危機に関しての奮闘や自らが汚れ役を務めることも辞さない姿勢を見るなどしたこともあり、ストーリーが進むにつれ西也に対する姿勢は好意的なものへと変化してきている。
甘城ブリリアントパーク – Wikipedia

子供嫌いかつ、血の気は多めで、ゲストとの間も含め度重なる暴力沙汰を起こしている問題キャストではあるが、甘ブリキャストの間での人望は高い。人手不足でありつつも、キャストとしての仕事やアトラクションの整備などの業務は堅実にこなしており、実際、西也が支配人代行就任直後に指示した「全キャストによる園内整備実施」の際にも、モッフルのお菓子ハウスは既に整備がされていることからその指示は免除されている。
ラティファとは叔父・姪の関係(モッフルの姉が王妃)にあるが、公式の場では両者ともその関係を表には出さない。ただしそのことはリアルキャスト内では周知の事実となっている。四半世紀以上姉に恋焦がれていたが、王様に寝取られてしまい悶え苦しんだトラウマがある。
甘城ブリリアントパーク – Wikipedia

軍人貴族の家系の出であり、メープルランドの軍においては特殊部隊などに属していた。自身の能力のみならず王家との関係もあったことから最終的には将軍にまで昇進していたが、ラティファの件もあったことから軍を辞している。
モッフルの造作は『フルメタル・パニック!』に登場する「ボン太くん」にそっくりである[注 2]が、両作品にストーリー的な繋がりは無い。
お菓子の妖精という設定だが、甘い物は好きでは無く、あたりめやサラミ、コロッケなど酒のつまみになる物が好物で、差し入れのタイアップドーナツを嫌々食べている。
魔法のアプリを使った際の人間の姿は『ロード・オブ・ザ・リング』出演時のヴィゴ・モーテンセンに似ている。
甘城ブリリアントパーク – Wikipedia

https://matome.naver.jp/odai/2141569059778899201
2014年11月23日