「せどり」についてのまとめ

FPはた坊
「せどり」についてあちこちのサイトやブログを見て、参考になりそうなとこだけまとめてみました。

●「せどり」とは

せどり(競取り、糶取り、背取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を転売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。

現代に於いては、ブックオフ等のリサイクルショップから仕入れてネット(Amazonやオークション)上でより高額で転売することを指すことが多い。この場合、より良い状態に見せかけるために研磨や傷隠しなどが行われているため注意が必要である。
せどり – Wikipedia

●せどりのメリット

せどりは即金性が高いです。

アフィリエイトの場合、商品が売れて報酬が発生しても、
それが実際にあなたの口座に振り込まれるのは1~2カ月後です。

成果確定が遅いものだと3ヶ月くらいかかることもあります。

ところが、せどりの場合は、ヤフオクで出品すれば売れた直後にお金が振り込まれます。

Amazonでも売上金の振込を請求すれば、1週間前後で振り込まれます。

つまり資金を回転させやすいのです。
せどり入門

休日、仕事帰り、お昼休み、買い物ついでなど、
古本屋があいている時間ならあなたの都合のよいときに
好きな時間だけ仕入れに行くことができます。

商品の発送も2,3日に一度、都合のよいときにおこなえばOKです。

アルバイトのように時間に拘束されることはありません。
せどり入門

●せどりのデメリット

せどりは間違ってもアフィリエイトのようにほったらかしにはできません。

仕入れを辞めれば物凄い勢いで収入が減っていきます。

売るものがなくなってしまえばそれまでですからね。

常に仕入れと発送を続ける必要があります。
せどり入門

せどりは肉体労働ですので、時間的・肉体的限界に制限されます。

収入を伸ばしていくためには、より多くの時間と労力を費やしていく必要があります。

もちろん仕入れスピードをあげたり、
作業を効率化することである程度時間は短縮できるのですが、
それにも限界があります。

いくら慣れたところで、月20万などを超えてくると、
だんだん副業では厳しくなってくると思います。
せどり入門

●せどりの種類

せどりには、店舗をまわって商品を仕入れる「実店舗せどり」と、
ネットショップやヤフオク、アマゾンなどネット上で仕入れる「電脳せどり」があり、
さらに新品商品を扱う「新品せどり」と、中古品を扱う「中古せどり」に分かれるようです。

【実店舗せどり】(※中古前提で)

●メリット
・ネットショップよりも安く仕入れができる。
・配送料がかからないので、仕入れ値が抑えられる。
・店舗によって値付けが違うので、
同系列の他店舗に行けば同じ商品でも安く仕入れられることがある。

●デメリット
・外へ仕入れに出かける時間を取る必要がある。
・近場に実店舗がなければ、交通費がかかる。
・近場に大型せどらーが住んでいれば、周辺の店舗は食い荒らされる。
・ブックオフがせどり禁止になりつつある。

【電脳せどり】

●メリット
・外出せず自宅で完結できるので、副業として取り組みやすい。
・ネットショップ仕入れなので、実店舗よりも仕入先が多い。

●デメリット
・実店舗よりも仕入れ値が少し高い。
・配送料を加味して仕入れ値を計算する必要がある。
・通販になるので、商品が届くまで時間がかかる。
・競合が多いので、人気商品は在庫切れのケースが多い。
せどり・転売で稼ぐ元ブックオフ店員のブログ


https://matome.naver.jp/odai/2141549754692171601/2141557938063242303

【新品せどり】

●メリット
・実店舗での仕入れが簡単・1つ売れる商品が見つかったらコンスタンスに仕入れられる

●デメリット
・1品あたりの利益が中古せどりよりも低い

【中古せどり】

●メリット
・1品あたりの利益が新品せどりよりも高い。・ライバル出品者が新品せどりよりも少ない。

●デメリット
・1つの商品を継続的に仕入れるのが難しい。・古物商許可証を取得しなければならない。

新品せどりは基本的に安定して仕入れができるので、
初心者でも取り組みやすいと言えます。
また、発売直後の人気商品はAmazon在庫がなくなるケースが多々あります。
こういったトレンド商品はかなり大きな利益を見込めるでしょう。

中古せどりは、オーソドックスな転売スタイルなのですが、
実は商品の仕入れは新品せどりより少しシビアです。

中古品は一期一会でして、特定の商品を何度も売っていくのは難しいので、
売れる見込みの高い商品を1つ1つ捌いていくことになります。
せどり・転売で稼ぐ元ブックオフ店員のブログ

●せどりの流れ(アマゾン利用)

アマゾンで売る場合。

①販売商品の仕入れ

~ブックオフやネットショップで商品を購入

②Amazonに出品

~Amazonマーケットプレイスのマイページ「セラーセントラル」で出品手続き

③出品商品の価格改定

~Amazon上の他の出品者の値動きに合わせて出品価格を調整

④受注フォロー

~商品が売れたら、購入者に案内メールを送るなどして顧客満足度を上げる

⑤売上集計

~商品の仕入れ値・Amazon手数料を計算して利益を管理
せどり・転売で稼ぐ元ブックオフ店員のブログ

●せどりをするなら知っておきたいサービス「FBA」

FBAの説明や登録は↑で。

FBAはフルフィルメント by Amazonの略であり、Amazonが提供しているサービスです。

自分が出品したい商品をAmazonが運営している倉庫に送付、納品しておくことで、
本来であれば出品者である自分が行う受注の管理や商品の発送、出荷後のアフターフォローを
Amazonが代行してくれるというもので、自分が出品する商品でありながら、
購入者目線だとAmazon.co.jpが出品する商品と同じような扱いになるのです。

通常、Amazonで出品した商品が売れた際にはその売上から
「販売手数料」「カテゴリー成約料(本・CD・DVD・おもちゃの場合)」等が引かれますが、
FBAとして出品している商品が売れた際にはそれらにプラスして「FBA手数料」がかかります。

1つの商品についてFBAを使う場合、商品を倉庫に送ってから日数が立つごとに
数円~数十円の在庫保管手数料がかさむこと、
大体の追加費用としては150円~300円+Amazon倉庫への送料くらいだということ
を覚えておいて下さい。
(大型商品の場合はもう少し高くなります)
Amazonせどりの必須知識「FBA」を解説!

http://www.youtube.com/watch?v=ddHo_d4OK_Y

—————————————————————————-

●モノレート(旧Amashow)

アマゾンでの最安値や人気などが分かるサイト。
バーコード下に書いてある13桁のJANコードを入力する。

—————————————————————————-

●仕入れ関連の動画

http://www.youtube.com/watch?v=TkSK49ATzmQ
http://www.youtube.com/watch?v=6AR42S21Pdk
http://www.youtube.com/watch?v=LORTFGhgteM

●出品する準備に関する動画

●出品関連の動画

http://www.youtube.com/watch?v=YMYmAUgPFlg
http://www.youtube.com/watch?v=qpOMKF9blPQ
http://www.youtube.com/watch?v=wIdWQ6j7UL0

—————————————————————————-

http://www.youtube.com/watch?v=82yyKsMhpWw

—————————————————————————-

●電脳せどり向きのサイト

Amazon.co.jp

DVD-outlet

ハードオフネットモール

駿河屋

プレミアムバンダイ

あみあみ

—————————————————————————-

https://matome.naver.jp/odai/2141549754692171601
2015年09月02日