11月17日深夜はしし座&おうし座の”ダブル流星群”! 気になる楽しみ方とコツ

DSPEC
2014年も残りわずか!クライマックスに近い天文イベント”ダブル流星群”をまとめました。

11月17日深夜から18日明け方まではしし座流星群のピーク

しし座流星群のピークは18日(火)の午前7時頃で、17日(月)夜23時頃から18日(火)午前5時頃が観測にもっとも適した時間帯だという。
おうし座&しし座流星群、観測ピークは11/17…太平洋側で好条件 | リセマム

しし座流星群とはなにか?

数ある流星群の中でも11月に見られるしし座流星群は、
過去に流星が大出現したことでも知られる有名な流星群。
流星の速度が速いことから明るいものが多く、見応えのある流星群です。
しし座流星群 2014はいつ?方角やピークの時間は? | 豆知識Press

しし座流星群は,1833年に大出現を見せ,2001年に日本を含むアジアで1時間あたり2,000個の大出現を見せました.火球が多くとても見応えのある流星群です.この流星群が出現する度に,流星天文学が飛躍的に進化し,流星群と彗星の関係性や出現予測の理論など大きな影響を与えました.
しし座流星群(11月)

大出現は約33年ごとの周期で、1799年、1833年、1866年、1966年にも大量の流星が観測されています。
Yahoo!ニュース – 「しし座流星群」17日夜にピーク 今年はどれくらい見える? (THE PAGE)

さらにおうし座流星群も出現 しし座とおうし座”ダブル流星群”観測のチャンス

10月上旬から11月終わりにかけて,約2ヶ月間おうし座付近から流星が飛びます。おうし座流星群自体は,北群と南群で構成され,南群が5日頃,北群は12日頃に極大を迎えます。流星自体はゆっくりしたものが多く,火球が多く見られます。
おうし座流星群(11月)

“おうし座流星群”には目立ったピークはなく、11月下旬にかけて緩やかな出現が続きます。
”おうし座&しし座流星群”まであと10日!全国的に観測のチャンス/2014.11.07

そのため17日には、一夜にしておうし座流星群としし座流星群を観測できる可能性が出てきている。
17日は“おうし座&しし座”のダブル流星群が見られるチャンス!

今年は月明かりが少なく、天気も良好の予報で絶好の観測チャンスに

今年は月明かりがなくコンディションは良好です
獅子座流星群とは (2014 観察ガイド)

17日(月)は冬型の気圧配置となり、太平洋側を中心に全国的に晴れて、観測に好条件の夜空となります。
”おうし座&しし座流星群”まであと10日!全国的に観測のチャンス/2014.11.07

日本海側や沖縄では雲が多くなりますが、雲に隙間が出来る可能性があるので、流星を見られるチャンスはありそうです。
”おうし座&しし座流星群”まであと10日!全国的に観測のチャンス/2014.11.07

観測に適した方角は…?

東の空を昇る獅子座方向を中心に空全体を幅広くながめてみてください。流星が飛び出す獅子座は、深夜0時頃に東の地平から昇ってきて時間と共に東から南に移動します。
獅子座流星群とは (2014 観察ガイド)

流星が発光する位置は様々なので、しし座流星群も他の流星群と同じように基本的にはどの方向を見ても構いません。
しし座流星群 2014はいつ?方角やピークの時間は? | 豆知識Press

迷った時には、「その場所で一番見晴らしのいい方角」を向きます。○○座の位置に関係なく、流れ星は空のどこかに勝手に出ます。
星の子館・流星群を見みよう

観測のポイント

■暗闇、月明かりにしっかりと目を慣らしてから観測

観察前に約30分ほど、夜空に目をならしてから観察されてください。
獅子座流星群とは (2014 観察ガイド)

ただし月が視界に入ると流星が見えにくくなるので、できるだけ月に背を向け、明かりの多い市街地ではない方向を向いて観察するのがよいでしょう。
しし座流星群 2014はいつ?方角やピークの時間は? | 豆知識Press

この日は夜半過ぎに月が昇るので月明かりの影響を受けないよう、眺める方向や場所を変えて観察すると良いでしょう。
しし座流星群 2014はいつ?方角やピークの時間は? | 豆知識Press

■広く空を眺めることが重要なポイント

「○○座流星群」とは、「○○座に流れる」ではなくて、「流星が○○座の方向から流れる」という意味です! とにかく「○○座の方角」にこだわらずに、広く空を見渡してください。
星の子館・流星群を見みよう

またどうしても広い場所を確保できない場合は、明かりを避けるために木陰や軒下を利用するのも良いでしょう。月明かりを避けるためには暗い色の傘を広げるのも良いそうですよ。
しし座流星群 2014はいつ?方角やピークの時間は? | 豆知識Press

冬の星座観測の鉄則 しっかりと防寒対策を!

当日は寒気が流れ込んでおり、全国的に北風が冷たく、夜は冷え込みますので、防寒対策をしっかりとして天体ショーをお楽しみ下さい。
”おうし座&しし座流星群”まであと10日!全国的に観測のチャンス/2014.11.07

焚き火は厳禁です。危ないのと同時に、暗闇に慣れた目が焚き火の光りで逆に夜空を見えにくくします。
獅子座流星群とは (2014 観察ガイド)

外に出れない場合はネットで観測を見ることもできます

24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、17日22時より事前番組、23時より25時まで流星中継番組を放送する。全国7か所から流星を生中継し、流星の映像と観測スタッフのコメントをリアルタイムに伝える。
おうし座&しし座流星群、観測ピークは11/17…太平洋側で好条件 | リセマム

https://matome.naver.jp/odai/2141541051021602401
2014年11月08日