【年収130億円!?】米歌手のビヨンセ(Beyonce)、女性の長者番付で堂々1位

エアロスミス0322
米歌手ビヨンセの素顔に迫る。今年の米雑誌『フォーブス』の女性長者番付はビヨンセさん

2014年音楽界の女性長者番付

ビヨンセ・ジゼル・ノウルズ、通称名ビヨンセ

アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のシンガーソングライター、ダンサー、音楽プロデューサー、女優。デスティニーズ・チャイルド初期からのメンバーで、グループではリードボーカル、プロデューサーも兼ねた。愛称は“B(ビー)”、“Queen Bey”。身長170cm。マイケル・ジャクソンを敬愛している。婚姻後の本名は、夫・ジェイ・Zの苗字「カーター」 (Carter) になっている。

ビヨンセさんは2013年6月~14年6月に前年の5300万ドル(約60億円)の2倍以上に当たる1億1500万ドル(約130億円)を稼いだという。
Yahoo!ニュース – ビヨンセが年収130億円で首位、2014年音楽界の女性長者番付 (AFP=時事)

ビヨンセさんは昨年、自身の名を冠したアルバム「ビヨンセ」を米アップル(Apple)の「iTunes(アイチューンズ)」で先行リリースし、デジタル版と実媒体の同時発売という慣習を破り、大手小売店からの反発を招いてもいる。
Yahoo!ニュース – ビヨンセが年収130億円で首位、2014年音楽界の女性長者番付 (AFP=時事)

番付の2位はテイラー・スウィフト(Taylor Swift)さんの6400万ドル(約72億円)。番付の対象期間には入っていないが、先週リリースしたアルバム「1989」は今年最高の売上げを記録するアルバムになると予想されている。
Yahoo!ニュース – ビヨンセが年収130億円で首位、2014年音楽界の女性長者番付 (AFP=時事)

ビヨンセの持つ収入と資産

2009年4月、雑誌『パレード』が「セレブの年収」を発表し、8,000万ドル(日本円で約80億円)を稼いだことがわかった。夫のジェイ・Zの収入も8,200万ドル(日本円で約82億円)あり、夫妻の世帯年収は160億円を超えていることになった。

2010年7月、経済誌『フォーブス誌』が2009年6月1日から2010年6月1日までの1年間で「最も稼いだ30歳未満のセレブリティ12人」を発表し、ビヨンセは8700万ドル(日本円で約78億3,000万円)を稼いで2年連続1位にランクインした。ビヨンセは音楽業を中心にコマーシャルや洋服のデザイナー業の収入があったという。2010年12月には「エンターテインメント業界で最も稼いだ人物」のランキングで、8,700万ドル(日本円で約71億3,400万円)を稼いで9位となった。

2011年4月、雑誌『ピープル』によると、ビヨンセ&ジェイ・Z夫妻がフランス・パリ中心部にある5つ星ホテルの「Le Meurice」の一泊2万ドル(日本円で約170万円)のスイートルームに音楽機材を持ち込んで新アルバムのレコーディングをしたという。プライベートジェットでパリに到着したビヨンセとジェイ・Zはホテル内のスイートルームを宿泊用とビヨンセの新曲のレコーディング用に2部屋を借りて1部屋を即席のスタジオに変えたという。スイートルームにはプライベートキッチン、ダイニングルーム、そして広大なオープンテラスまで付いているという。

2011年6月、雑誌『フォーブス』が「最も稼いでいる30歳未満のセレブ」を発表し、昨年からの1年間で3,500万ドル(日本円で約28億円)を稼ぎ、8位にランクインした。

2011年8月には、「世界で最もリッチなセレブのカップル」のランキングで、2010年のビヨンセの年収が3,400万ドル(日本円で約25億8,400万円)でJay-Zの年収が3,600万ドル(日本円で約27億3,600万円)となり、2位になった

今年の米経済『フォーブス(Forbes)』 「2014年最も影響力のあるセレブ100人」トップ10

1位 ビヨンセ-推定年収1億1500万ドル(約117億円)

2位 レブロン・ジェームズ-7,200万ドル(約74億円)

3位 ドクター・ドレー-6億2000万ドル(約633億円)

4位 オプラ・ウィンフリー-8,200万ドル(約84億円)

5位 エレン・デジェネレス-7,000万ドル(約71億円)

6位 ジェイ・Z-6,000万ドル(約61億円)

7位 フロイド・メイウェザー-1億500万ドル(約153億円)

8位 リアーナ-4,800万ドル(約49億円)

9位 ケイティ・ペリー-4,000万ドル(約41億円)

10位 ロバート・ダウニー・Jr-7,500万ドル(約76億円)

ビヨンセの持つ様々な記録

1、アメリカ・イギリスで同時にアルバム・シングルともに1位を記録した、初の女性アーティスト。

2、ダイアン・ウォーレンに続く2人目のアフリカ系アメリカ人女性として、ASCAP ポップ・ソングライター賞を受賞。

3、2003年に最もセールスを記録した女性R&Bアーティスト。

4、2005年にアカデミー賞のベスト・オリジナル・ソング賞にノミネートされた5曲のうち、3曲をビヨンセが授賞式で歌った。

5、ソロで5つのグラミー賞を獲得し、たった1年でアリシア・キーズ、ノラ・ジョーンズ、ローリン・ヒルを超える記録を打ち立てた。

6、5つのグラミー賞、4つのMTVビデオ・ミュージック・アウォーズ、Brit AwardsでBest International Solo Artist など、30以上の賞を受賞した。

7、ビルボードシングルチャート「Crazy In Love」8週連続1位、「Baby Boy」9週連続1位、「Irreplaceable」10週連続1位

8、ビルボードシングルチャート「Single Ladies」4週連続1位。「If I Were A Boy」最高3位。「Halo」最高5位。「Sweet Dreams」最高6位。

9、2010年のグラミー賞では女性アーティストとして最多タイ記録となる10部門でノミネートされ、主要部門とされる最優秀楽曲賞(「Single Ladies」)を初め6部門で受賞となった。これで自身の女性アーティスト最多の5部門受賞(2003年)の記録を塗り替え、6部門受賞という快挙を成し遂げた。

10、2004年MuchMusicが実施した「最もセクシーな女性20人」では1位になった。2005年は20位だった。

11、2007年のAskMen com.が実施した「最も魅力的な女性99人」という企画で、男性850万人の票を集め「理想の恋人1位」となった。

ビヨンセの立ち上げブランド

2005年11月に、ファッション・ブランド「ハウス・オブ・デレオン」(House of Deréon) を、母親・ティナと共に立ち上げた。「デレオン」は裁縫士だったビヨンセの祖母・アグネスの名からちなんでいる[2]。「ハウス・オブ・デレオン」が掲げる3つのテーマは、「クチュール」「ソウル」「エキサイトメント」[2]。設立に先駆け、デスティニーズ・チャイルドのワールドツアー中の9月9日、ファッション・ロックス・コンサートで実際に服を何着か着て披露した。このファッションは、メイシーズ(アメリカ)などの有名百貨店で入手可能。また、日本のジュエリーメーカーサマンサ・タバサと契約し、バッグやジュエリーのプロデュースに参加したり、ビヨンセ自身が製造過程に関わっているフレグランスのブランド「Beyoncé」から、「HEAT」「PULSE」「HEAT RUSH」「MIDNIGHT HEAT」「RISE」などの香水も発売している。

ビヨンセの人物像

ヘアスタイルやヘアカラーを頻繁に変え、ロレアルのヘアカラーリング商品でテレビコマーシャルにも出演したが、本人の地毛は黒人特有の黒いアフリカンのカーリーヘアであり、CM出演時も含めウィッグを愛用し、ブロンドがかったウェーブの髪型にしていることが多い。

ビヨンセがマイケル・ジャクソンを目標にしていることは有名だが、デスティニー・チャイルド時代のライブで、マイケル・ジャクソンが自分たちの舞台のそでに立って見ているのを発見した時には、興奮のあまりその場で倒れそうになって歌詞をすっかり忘れてしまい、他の二人が穴埋めしたというエピソードがある
ビヨンセ – Wikipedia

ステージでのパフォーマンスのイメージと実際のビヨンセは大きくかけ離れ、そのギャップに驚く人々が多いという。ビヨンセ自身も、ステージ上での挑発的でグラマラスな人格を「サーシャ・フィアース」(もう一人の自分。サーシャという名は従姉妹のアンジーが名付けた)と呼び、現実の世界の自分はもっと傷つきやすい人間だと再三語っている
ビヨンセ – Wikipedia

好きな花については、香りだったらクチナシが好きだが、美しさに関しては蘭が一番好きだと言い、自身の結婚式には10万本のデンドロビウムを用意した
ビヨンセ – Wikipedia

ビヨンセの様々なエピソード

ステージに乱入してきたファンにも「I love you too」と返せる広い心の持ち主
ビヨンセ【ダイエット・ライブ神対応・処女】エピソードまとめ|エンタメ情報まとめサイト『minp!』

美しいボディは厳しい体調管理の証
「何もしなくてもスリムな状態でいられるタイプではないの。プロポーションを保つために努力は欠かせないのよ。」
「みんな、姿形は違って当然なの。だからとにかく健康になって、自分の体調をしっかりと管理しなければね。自分自身に満足しなくちゃ。」
と語るビヨンセ。
妊娠中に26キロ太ったビヨンセ、「産後ダイエットは超過酷だった、もうゴメンだわ」と告白。 – エキサイトニュース

アメリカ国歌斉唱の口パク謝罪会見での神対応
会見の途中、騒動のあいだ浮上していた「もう歌えなくなったのでは?」という疑念を払拭するように、会場に集まった記者全員を起立させたうえでアメリカ国家をアカペラで熱唱したのだ。そして圧倒的ともいえる歌唱力に、会場からは歓声と拍手が巻き起こり、歌い終わったビヨンセは、「Any questions?」(編集部訳:何か質問はある?)と言い放った。まさに、歌で黙らせたという展開に、アメリカ国内での批判や疑惑の声が収まった
東野幸治も絶賛 ビヨンセの神対応 | web R25

ビヨンセのライブ動画等

https://matome.naver.jp/odai/2141517090563826901
2014年11月05日