ウガンダを斬る!ウガンダの文化紹介① 食べ物編

kemikemi
ウガンダの暮らしを紹介します。今回は食べ物についてです。

ウガンダの記事参照リンク

◇ウガンダってそもそもどこ?

ウガンダ共和国、通称ウガンダは、アフリカ東部に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。東にケニア、南にタンザニア、南西にルワンダ、西にコンゴ民主共和国、北に南スーダンとの国境に囲まれた内陸国である。首都はカンパラ。
ウガンダ – Wikipedia

◇首都カンパラ以外にもジンジャ、ムバレ、リラなどは大きな都市なので覚えておくと良いだろう。
ウガンダの都市の一覧 – Wikipedia

◇ウガンダの食事

ウガンダの料理は、メインの食べ物とスープを選ぶようになっています。日本だと米か麺類ですが、ウガンダでは選択肢がいくつかあります。どのレストランに行っても大体同じですが、マトケ(バナナ)、ポショ(トウモロコシ)、キャッサバ(芋の一種)、じゃが芋といったもの、それからインゲン、アボガドもたまに見ることがあります。
ウガンダの食事 -Ugandan Meal- – Ichimasa

◇それではこれらの食べ物を一つずつ見ていきましょう!

▼マトケ

マトケ
料理用バナナを蒸してその後マッシュしている。ちなみにこのマトケの消費量がウガンダでは他国と比べて圧倒的に多い。そのためマトケの材料である調理用バナナ(プランテーン)も世界1位の生産量を誇る(2014年調査結果に基づく)

AABの異質三倍体のゲノム構成をもつ品種はプランテーン(プランティンとも)と呼ばれ、バナナとは異なる果物(野菜[6])に分類される場合もある。生食されることはなく、加熱調理して食される。世界生産量の2割弱を占める。
バナナ – Wikipedia

このマトケで使われているバナナはプランテーンと呼ばれるもの(以下説明)

▼マトケのレシピはこちら↓

▼ポショ

ポショ
この白い塊がポショです。けっこうぱさぱさしていて食べると口の中に水が欲しくなったりします。
ちなみにこの写真だとポショ(主食)に豆(副食)をあえて食べます。

このポショは空腹を満たし、必要なカロリーを摂取するのに適していることからNPO法人TFTという団体が継続的にウガンダにポショを食べる給食費を送っている。その概要がこちら↓

支援先地域では、お昼の給食で「ポショ」というトウモロコシの粉をお湯で練って作ったお餅のような主食に、豆や野菜の入った煮込みスープをかけて食べます。スープをかけるのは、たんぱく質とビタミンを添加するためです。 一杯で1,000-1,500kcalのエネルギーを摂取出来ます。

東工大TFT@tfttitech

【私たちTFTが届ける給食】TFTメニュー1食ごとに20円の寄付金が支援先の学校給食になります。その学校給食を”ポショ”といいます。トウモロコシの粉をお湯で練って作ったお餅のような主食に、豆や野菜の入った煮込みスープをかけて食べます。

▼キャッサバ

キャッサバ
キャッサバはよく露天でキャッサバフライとして売られている

▼キャッサバとは何か?日本人にとって馴染みが深いタピオカの原料

キャッサバ
芋はタピオカの原料であり、世界中の熱帯にて栽培される。葉は5~10小葉からなり、茎は垂直に立ち上がる。茎の根元にはゆるい同心円を描いて数本の芋(根)が付く。芋は両端が尖った細長い形状である。
タピオカ
日本で大ヒットを記録したタピオカ。よく喫茶店などでミルクティーなどに入っている

▼パイナップル

パイナップル
ウガンダのパイナップルはとにかく甘い。芯まで食べれることが特徴である。ちなみに値段は田舎にいけば1個50円で買える(但し都会は高い)

▼チャパティー

チャパティー
ウガンダの屋台ではこれといってよくする一品。1枚500シリングなので日本円に換算すると25円位

直径12cm程の円形で、薄いクレープのような形状をしている。アーター(Atta、ヒンディー語:आटा)と呼ばれる全粒粉と水を捏ねて生地を作り、発酵させずに薄い円形にのばして焼いたものである。
チャパティ – Wikipedia

▼サモサ

サモサ
ウガンダの屋台はよく売られている。店主からはビーフか豆か聞かれることが多い

ゆでてつぶしたジャガイモとグリーンピースなどの具をクミンやコリアンダーシード、ターメリックなど各種の香辛料で味付けし、小麦粉と食塩と水で作った薄い皮で三角形(三角錐が多い)に包み、食用油でさっくりと揚げたもの。チャツネをつけたりスープをかけて食べることもある。具には挽き肉が加えられる場合もある。

サモサの起源は中央アジアまたはペルシアだと考えられる。現在でもアフガニスタンとイランにはサンボーサ(Sambōsa)、中央アジアにはサムサ(Samsa)、東地中海地方にはサンブーサク(Sambūsak)、ペルシャ湾岸地方にはサンブーサ(Sambūsa)が存在する。
サモサ – Wikipedia

https://matome.naver.jp/odai/2141494627660546401
2018年08月23日